★プレアディシス(GDW世界観におけるプレアデス人個体キャラリスト設定背景
プレアディシス(シェルヴィオン・クルーヴェル) 出身宙域・天体 アトラス銀河系/グロリアス腕/惑星プレアディス
根源系統分類 人属ザイオス大系統人属
詳細系統分類参照 オリオン系統人属
種族スペック 生 態 平均体格 平均出力 平均寿命
雌雄2性型 1.8m Gex=6 2,500年
各種評価参照 能力評価 知力評価 社会評価 総合評価
19
【種族概要】
 オリオン系統人類の準筆頭格と言われる、高度に進化したヒューマノイド種族
 外観はアークスの白人種とほとんど変わらないが、わずかに淡いオーラをまとっている。
 知的進化のみならず、科学力の発展水準も非常に高いことで知られ、
 かのアトラス・テクトラクタ(AT)もプレアディシスが中心になって建造されたと言われている。
 アトラス銀河連合科学技術を支える有力な種族として、銀河的にも名高い。
 初期ながら監視者種族であることから、「テクノロジーの神」の異名を持つ。

 出身地である惑星プレアディスは、恒星核テクトラクタとして知られる、
 巨大なプレアディス・リングワールドの1部となっている。
 ただしプレアディシス自体は厳密にはこの惑星で誕生した種族ではなく、広義の移民種族であるが。
 発祥地はオリオン腕にあるエルシアス星団内の惑星であったが、惑星変動で荒廃し、
 移住した星の1つが現在の惑星プレアディスであったのだ。
 それは50万年以上も過去のことであり、当初祖先たちは複数の惑星に移住したが、
 約30万年前に、惑星プレアディスを中心にした星間連合を設立し種族統合した経緯がある。

 そしてこの星間連合こそが、現在のアトラス連合の初期の体制であった。
 アトラス連合自体にはその前から“前史”があり、その起源ははるかな太古までさかのぼるが、
 基準年時代につながる“現行体制”の基礎が築かれたのがこの時代であり、
 その際に中心的な役割を担ったのが、セラムプレアディシスであった。
 因みに姓を前に、名を後につける個体が多いが、逆の付け方をするグループもある。

 
プレアディシス個体キャラリスト
個 体 名 種族内系統 クラス 性別 個 体 概 要 備考等
アリオン・クルーヴェル S- アトラス連合代議員中道派の筆頭格。 宇宙精霊がモチーフ。
アルキオス・トゥエリオン アルキオス・ハゴイル子孫で某校の委員長 レオ氏オリキャラの桃ノ木三四郎がモチーフ。
アルキオス・ハゴイル アトラス連合代議員で筋金入りのヒューマニスト 白銀の賢者氏原案投稿。
ヴィステリオ・ファロン アトラス連合軍の優秀な将校
カパレスフ・カートライト A+ ディガスに憧れる少年、理想を抱くロマンチスト 白銀の賢者氏原案投稿。
 『Fate』衛宮士郎がモチーフ。
シェルヴィオン・クルーヴェル S- アリオン・クルーヴェルの兄で惑星顧問
トゥーカス・アクティオ エリーグル財閥の現総裁ミスティの父親。 白銀の賢者氏原案投稿。
トゥーカス・ミスティ ケイロアス大関係者でエリーグル財閥総裁の娘
 『SOT若き賢者たちの死闘』登場キャラ。
白銀の賢者氏原案投稿。
トゥーカス・レヴィシーヌ ケイロアス大関係者でミスティの妹。 白銀の賢者氏原案投稿。
ヒアル・シッチェ ペチゼトペ開発スタッフの1人で兵器マニア 白銀の賢者氏原案投稿。
 桂枝芽路氏がモチーフ。
ビレット・テペラー AT料理界の権威の1人。 白銀の賢者氏原案投稿。
 『ミスター味っ子』モチーフキャラ。
ミセア・ハルスティン ヴァーティレイディア選手ディバイルセーヴァー所属。 飛石武氏原案投稿。
リティゲイル・マスティロア
 ※過去史登場。
フライヤー大手RI社創業者
DESIGN PROFILE/設定背景
 2002年頃にイメージした宇宙人類で、カルト宇宙神話における宇宙聖人プレアデス人がモチーフ。
 惑星プレアディスはプレアデス星団(昴=M45)とは無関係な座標にある惑星(数千光年以上離れている)であるが、
 2013年に実際のプレアデス星団をモデルにした天体=エルシアス星団を設定し、関連付けた。
 【オフィシャル版設定特集/CS-ATK0010H01】
 





 

 
★プレアディシス個体キャラクター特集
 

        

 
アリオン・クルーヴェル
 主な登場舞台:アトラス銀河系アトラス・テクトラクタ
 主な登場時代:基準年時代近未来史
 主な登場作品:
【CHARACTER'S GRAPHICS】
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 プレアディシスの有名なアトラス連合評議会(元老院)議員
 既にベテランの域に達しているが、まだまだ現役で活躍できる気力と能力を維持している。
 タカ派でもハト派でもない“中道主義”の代表格で、「アトラスの天秤」の異名を持つ。
 「銀河の平和のためには常に公平でなければいけない」というのが彼の信念。

 「公平」と口で言うのは簡単だが、実際には微妙かつ繊細なバランス制御が必要な概念である。
 タカ派に見られる「正義の絶対化」でもなければ、ハト派に見られる「平等至上主義」でもないのだ。
 強大な政党が存在しない銀河議会(政党より政治家個人の政策実行力が政治を左右する)において、
 アリオンの“派閥”は大きな影響力を有しており、その貢献度は相当に大きい。
 兄が1人おり、並行時空情報に通じた惑星顧問として活躍している。

 
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
プレアディシス
1.9m
Gex=3.0
Gex=6.0(外力6.6)
(未定)
政治家のスキル
多属性サイキック
精神共鳴
(思念交流含)


不明

【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2002年に初めてイメージしたキャラクター。
 とある宇宙人神話と、1990年代に話題となった“宇宙神霊”がモチーフで、
 インフレめいた本家のイメージを抑制して、銀河連合の議員という地位に置いてみたもの。
 因みに銀河議会が「政党主導」でないのは、「理性を重んじる銀河社会」においては、
 イデオロギーのぶつかり合いはすでに「古い概念」と考えられているためだ。
 【オフィシャル版設定特集/CS-ATK0010H01-N0001】
 

 
アルキオス・トゥエリオン
 主な登場舞台:アトラス銀河系プレアディス・リングワールド
 主な登場時代:基準年時代近未来史
 主な登場作品:
【CHARACTER'S GRAPHICS】
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 プレアディス・リングワールドに住むプレアディシスの少年で、ウィンナーリの同級生。
 “テクノロジーの化身”プレアディシスには珍しく、神秘的なものにロマンを馳せる“夢男君”で、
 (学校の内外で「前世はサーズニックだったんじゃないか」と噂されているほどだ)
 クラスの委員長を務める優等生だが、本心は冒険心に溢れ、非日常な“外の世界”に憧れている。

 実はアトラス銀河連合の高名な代議士、アルキオス・ハゴイルに当たる。
 夢見がちな性格も、人道・理想主義者の祖父に影響を受けていると思われる。
 そのためにやや無防備なところがあるが、意外にも身体能力は高く、打たれ強い側面がある。

 
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:




装 備 等:
プレアディシス
1.8m
Gex=3.0
Gex=5.5(外力5.7)
(未定)
多属性サイキック
精神共鳴
(思念交流含)


不明

【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2010年に初めてイメージしたキャラクター。
 レオ氏のオリジナル小説『ホーリーメイデンズ』に登場する少年、桃ノ木三四郎がモチーフ。
 本家は優等生だが噂好きでアヤカシに免疫を持ち、冬雪らメイデンズの良き理解者。
 他方、抜けているところもあってしばしばネタキャラ扱いされる(笑)
 同作を(勝手に)リスペクトした、PRW少年少女チームのメンバーである。
 

 
シェルヴィオン・クルーヴェル
 主な登場舞台:アトラス銀河系アトラス・テクトラクタ
 主な登場時代:基準年時代近未来史
 主な登場作品:
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2014
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 アトラス銀河連合惑星顧問並行時空事案部署1等顧問
 元々アトラス連合外交局に勤める大使であり、実は今も兼任状態にある。
 “技術神族”と名高いプレアディシスの男性で、すらりとした長身にサイバーグラスをかけている。
 アトラス元老院の中道議員筆頭格で有名な、アリオン・クルーヴェルに当たる。

 ビジネスライクとも取れるクールなリアクションを取ることが多いが、
 どこか官僚的な「上から目線」とも取れる態度を見せることがある。
 ただ別に野心や下心があるわけではなく、惑星顧問としての任務に忠実な外交官であり調査員なのだ。
 官僚的な態度も「癖」だと思えば、付き合いに際して何の支障もない紳士である。

 並行時空から飛来し、また異世界の調査を主な活動目的とする組織“UNION”に相対する、
 GDW世界観における“担当者”であり、世界を変質させる可能性を持つ謎の物質の調査で、
 UNIONがGDW世界観を訪れる際、基本的には彼がいつも情報提供・助言を行っている。
 異次元事案を数百年担当してきただけあって、かなりの博識でもある。

 
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
プレアディシス
1.9m
Gex=3.0
Gex=6.0(外力6.3)
(未定)
惑星顧問のスキル
多属性サイキック
精神共鳴
(思念交流含)


不明












【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2014年に初めてイメージしたキャラクター。
 pixiv内グループ企画GDW世界観をカメオ出演させる際の「案内人」として作ったキャラであり、
 既存のGDWキャラと関わらせるためにアリオンの兄として作っている。
 【オフィシャル版設定特集/CS-ATK0010H01-N0101】
 

 
ヒアル・シッチェ
 主な登場舞台:アトラス銀河系アトラス・テクトラクタ、他
 主な登場時代:基準年時代オリオン大戦時代
 主な登場作品:
【CHARACTER'S GRAPHICS】
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 基準年時代の前後に生きたプレアディシスの男性。
 銀河社会シミュレーションゲームペチゼトペの主力開発スタッフの1人であり、
 コルサディル銀河系をモデルとした舞台のフェイズの責任者である。

 軍事評論家顔負けの宇宙兵器に関する膨大な知識を持つマニアでも知る人ぞ知る人物であり、
 宇宙技術に通じたプレアディシスならではのマニアックな兵器アレンジに定評がある。
 リアル戦術にも通じる発想を盛り込むため、本職の将校が関心を示したという伝説もあるほど。
 舞台開発でも“本場”コルサディル銀河系までリサーチしに行ったほど情報収集に熱心である。
 (ただしこの取材のために5年以上を費やすことになっている)

 軍事兵器に対する膨大な知識で知られるため、その専門コンセプターと見られがちであるが、
 非軍事のメカニックに関するデザインも多数行っており、
 ヒアル自身、舞台充実のためにそうした分野の拡大実装を目標にしているようだ。

 
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:




装 備 等:
プレアディシス
1.7m
Gex=3.0
Gex=5.5
(未定)
技術者のスキル
精神共鳴
(思念交流含)


不明


【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2015年白銀の賢者氏が投稿したキャラクターで、なんと桂枝芽路氏がモチーフ。
 第2次大戦時の艦船や陸戦兵器に造詣が深く、ヤマトシリーズスタートレックの大ファンであり、
 GDWではコルサディル銀河系に創作投稿を大量に集中させていることから、
 ペチゼトペスタッフ考証でもそうした経緯を反映させている。