★アルティラン(GDW世界観におけるウルトラ人種族内系統個体キャラリスト設定背景
アルティラン(マーク) 出身宙域・天体 アリオナス銀河系特殊主星アルティラ
根源系統分類 人属ザイオス大系統人属
詳細系統分類参照 アーティオレア系統人属
種族スペック 生 態 平均体格 平均出力 平均寿命
雌雄2性型 1.7〜40m Gex=68 70,000年
各種評価参照 能力評価 知力評価 社会評価 総合評価
5〜 1921
【種族概要】
 アリオナス銀河系盟主格に当たる進化したヒューマノイド種族で、GDW世界におけるウルトラ人に相当する。
 標準体の外観はアークスに似ているが、身長40mを超す抽象的なディテールの巨人に変身する能力がある。
 その外観はリーヴァス超銀河系の超人種族スぺリオスに似ているが、スぺリオスと違って人属系種族。

 約300万年前、当時は大型惑星であった出身天体アルティラ主星(恒星)化させ、
 その高次プラズマを浴びて進化する実験が成功し、誕生したのが現在のアルティランである。
 主星化したアルティラ(GDW版ウルトラの星)は、現在もアルティランの出身天体として利用されている。
 “人工進化”する際、獲得能力によって得る“巨人体”の参考としたのがスぺリオスらしい。

 巨人形態はその莫大な精神エネルギーによって、生成した超物質と融合することで半ば瞬間的に実現し、
 こうして形成した巨人形態は“真装体”と呼ばれている(人間大の真装体も理論上は可能)
 この形態になって初めてザイオノイドとしての莫大なエネルギー制御が可能となり、
 超物質含有核物質“スペシウム類”のプラズマ化によって作り出す熱線能力もその成果の1つである。
 可逆的な超越系変身能力を持つという意味では、ザイオロイドの1種ということもできる。

 ただし、真装体を安定して維持するためには、常に超物質を供給できる環境が必要であり、
 ほとんどの宙域ではこれがかなわないことから、長時間の真装体維持は困難
 (真装体変身時のように自ら生成することも可能だが、それだけ消耗も早くなる)
 例外的な環境の1つがアルティラで、高次プラズマに満ちたその地表では真装体維持が可能。

 強い光エネルギーも超物質抽出の触媒として有効で、アルティランが「光にこだわる」理由の1つでもある。
 その1方、集束された重力波極端な冷気、そして闇属性には脆い、という弱点も存在する。
 (例えばこれら全ての特性を持っているズィヴァムなどは最悪の相性と言える)

 正義感に満ちた種族で、様々な文明惑星に平和の使者として介入している(アルティラ銀河警備隊)が、
 「外から来た種族がお節介をしている」と彼らの平和維持活動を批判する声もある。
 実はアルティランが平和維持行動にこれほどまでに積極的なのには、がある。

 それはまさにアルティラン誕生当時までさかのぼる“因縁”であり、その時確かにアルティランは“進化した”が、
 その“人工進化過程”で産み落とされた“闇の巨人”が複数いたことはタブーとなっている。
 そして、この“闇の巨人”の筆頭格とされるのが、かの“魔神”オメガであるとされているのだ。
 アルティランの“平和への執着”は、魔神を産み落とした“因果”への罪滅ぼしかも知れないのである。

 
種族内系統
 アルティラン真装体(巨人体)には、様々なカラーリングがあることが知られている。
 これは概ね能力特性の差を意味し、ほぼそのまま亜種系統として分類することが可能だ。
アルティラン・アナキス アルティラン原種とも言える系統。
 シルバーベースのボディに赤や青のマーブル模様が浮かぶ。
 ただし2色以上が同時に出ることは基本的にない
 基本的にシルバー部位の面積の方が広い。
アルティラン・クレオス アルティラン亜種の1つで、青い体色を持つのが大きな特徴。
 クールな特性を持つため、戦士よりも学者や政治家に向く。
 ただし同系色でもシルバー部位が多い場合はアナキスになる。
アルティラン・レドム アルティラン亜種の1つで、赤い体色を持つのが大きな特徴。
 情熱的な気質を持ち、アクティブな戦士に多い。
 ただし同系色でもシルバー部位が多い場合はアナキスになる。
アルティラン・ネオス アルティラン亜種の1つで、「新世代」と言われることもある。
 2色以上のカラーリングが同時に出る(大抵は赤と青)
 波動制御に優れ、マルチな能力特性を持つ場合が多い。
アルティラン・コルティス アルティラン亜種の1つで、ゴールドのラインを持つのが大きな特徴。
 アナキスから派生しているため全体的にはアナキスに似るが、
 ゴールド部位が光触媒になるためエネルギー消耗率が低い
 個体数は少ないが、戦士向けの系統と言える。
アルティラン・エメロス アルティラン亜種の1つで、緑の体色を持つのが大きな特徴。
 極めて高い波動制御能力を有し、ネオス並みにマルチだが、
 個体数は極めて少なく、「奇跡の系統」と言われることもある。
アルティラン・プロティス アルティラン亜種の1つで、紫の体色を持つのが大きな特徴。
 エネルギー制御よりも精神干渉系の能力特性を持つ。
 エメロス並みに個体数が少なく、達観系の系統。
 魔神オメガもこの系統から闇の巨人に転向した。
アルティラン・ダーガス
 (通称・闇の巨人
アルティラン亜種の1つで、黒い体色を持つのが大きな特徴。
 先天的にダーガスであることは稀で、他の系統が変異する。
 アルティランでは例外的に闇属性への親和性が高く、
 反正義的な気質を持つため、主流派から危険視されている。
 かつて魔神オメガが率いた闇の巨人軍団もこのグループ。
 

 
アルティラン個体キャラリスト
個 体 名 種族内系統 クラス 性別 個 体 概 要 備考等
アイガス プロティス? 奇怪な劇団ホレディール座座長
 しかし彼の真の種族を知る者は少ない。
白銀の賢者氏原案投稿。
 ダークザギがモチーフ(非悪役)
アストラ(GDW版) レドム S+ 惑星ライオーグ出身でレオ
 ネメアッグ危機ヴォルマーグ軍の捕虜になった。
U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおけるアストラ
イージス アナキス SS
ウリエル 白銀騎士団に所属する戦士の1人。
 元はイグザ系U31銀河警備隊員だった。
レオ氏原案投稿。
 アンドロメロスがモチーフ。
エース(GDW版) アナキス 中? U78銀河警備隊のマルチな戦士の1人。 U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおけるウルトラマンエース
エクス コルティス レオ氏原案投稿。
オメガ
ダーガス
(元プロティス)
EX 闇の大巨人の異名を持つ異端の革命家
 元アルティランエル・ドレイン深い因縁を持つ。
 『帝国の遺産』・『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
キュリア
アナキス SS U78銀河警備隊のクールな女戦士でストライク
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
クリエイル クレオス SS フェイトの同期でU51基地のクールな隊長
ジーク
コルティス SS ブリガンディゲードのメンバー。 飛石武氏原案投稿。
シエル
アナキス SS キュリアに憧れる若き女戦士、やや不器用。
 メヴィウスの同期で「ウルトラの姫」とも呼ばれる。
ジャック(GDW版) アナキス U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおける帰ってきたウルトラマン
ストライク
レドム SS アトラス銀河警備隊格闘系戦士
 『帝国の遺産』登場キャラ。
セイヴン
レドム SS U78銀河警備隊のベテラン戦士。
 『帝国の遺産』・『PA黙示計画』登場キャラ。
GDWにおけるウルトラセブン
ゼロ(GDW版) ネオス 劉哲也氏原案投稿。
 GDWにおけるウルトラマンゼロ
ゾフィ
アナキス EX アトラス銀河警備隊長ディガス大使 GDWにおけるゾフィー
タロウ(GDW版) レドム EX U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおけるウルトラマンタロウ
バベル
レドム SS 巨砲を装備する怪力の後方支援要員。
 『帝国の遺産』登場キャラ。
白銀の賢者氏原案投稿。
 (ただしG-maとの合作
フェイト
ネオス EX 先代のアトラス銀河警備隊長でゾフィの師
フェンザム
クレオス SS 武士道精神を持つアルティラン戦士。
フォース
クレオス SS フェイトの補佐を担当するクールな参謀長
フォレスト
エメロス SS アリオナイツ副団長だが控え目な性格。
ベリアル(GDW版) ダーガス
(元アナキス)
EX GDWにおけるウルトラマンべリアル
マーク
アナキス SS アトラス銀河警備隊のベテラン戦士。
 クロノス事件以来、惑星アーク重要な縁を持っている。
 『帝国の遺産』・『PA黙示計画』登場キャラ。
GDWにおける初代ウルトラマン
メヴィウス ネオス GDWにおけるウルトラマンメビウス
ライトニング ネオス EX 超光速の格闘術を持つベテラン戦士。
レオ(GDW版) レドム SS 移民系の戦士。 U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおけるウルトラマンレオ
ローゼ
レドム SS イージスの部下でプライドの高い女戦士
DESIGN PROFILE/設定背景
 GDW世界におけるウルトラマンに相当する、高度に進化した種族であるが、
 「人為的に進化を制御した過去」を業とみなし、オメガなどの闇にリンクした種族にアレンジしている。
 またGDW版=アルティランは、巨人体(真装体)ではなく、人間体の方がデフォルト形態になっている。
 2000年頃にはすでに統合イメージがあったのだが、確立したのは旧OW企画などが活性化した2006年頃
 ウルトラシリーズには独自の解釈群があるのでこちらも参照
 






 
★アルティラン・アナキス個体キャラクター特集アルティラン原種/亜種はこちら
 

        

 
キュリア
 主な登場舞台:アトラス銀河系
 主な登場時代:基準年時代オメガ危機時代、他
 主な登場作品:GUARDIANS-EX、他
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2007 人間体(2008
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 U78スターベースを拠点とするアルティラン女性戦士
 波動制御に優れたブルー系統の能力を持つが、血統的には原種アナキスに属する。
 同基地の警備主任を担当するストライクで、クールな性格。

 人間体時には紫の髪のヒューマノイドとなる。
 基準年時代にはレイオシスライカ・アルゴや、
 エルティアンエレム・アーヴィンなどアトラス連合の有志と多くの縁を持つ。

 寿命の長い種族であることから未来史においても様々な活躍をすることとなり、
 1万年後に起きるクロイティス銀河大戦キーパーソンの1人にもなるのだ。
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装   備:
アルティラン・アナキス
1.7〜45m
Gex=2.4〜7.0
Gex=4.5〜9.0
(未定)
高速飛翔
多属性サイキック
精神共鳴
(思念交流含)


(未定)












【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2006年に初めてイメージしたキャラクターで、設定画2007年作成(人間体のみ2008年に追加)
 見ての通り『ウルトラマン』の2次創作ヴァリエーション・キャラクターである。
 当初は本家に少ない女性ウルトラ戦士のデザインを考えただけのキャラクターだったが、
 種族スペックの高さから、重要なキーパーソンに発展した。
 

 
シエル
 主な登場舞台:アトラス銀河系
 主な登場時代:基準年時代オメガ危機時代、他
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2011
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 U78スターベースに勤務するアルティラン女性戦士
 優秀な若手教官であるタロウに当たり、メヴィウスほぼ同期という準新人メンバー。
 (いわゆる“ウルトラの母”の家系の子孫に相当するのだ)

 メヴィウスにも劣らない優れた資質を秘めるが、やや不器用で失敗が目立つ嫌いがある。
 腕に手甲をはめているが、これはスペシウムエネルギーを制御するのが得意でないためで、
 トレーニングセンターで暴発させて、派手なボヤ騒ぎを起こしたこともあるらしい。

 ただ性格的には至ってマイペースで、成長が伸び悩んでいる自身へのコンプレックスはない。
 アルティラ女戦士の象徴キュリアに憧れ、研修中の新人戦士エクスを弟のように可愛がっている。
 その独特の能天気なキャラから、基地では「ウルトラの姫」の異名が付いている(爆)
 トラブルメイカーの側面はあるが、見方を変えれば脱力的癒し系キャラとも言えるのだ(笑)
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:







装   備:
アルティラン・アナキス
1.5〜40m
Gex=2.2〜6.9
Gex=4.0〜8.7
(未定)
高速飛翔
多属性サイキック
聖波動熱線
(スペシウム光線)
精神共鳴
(思念交流含)


(未定)











【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2011年に初めてイメージしたキャラクターで、設定画も同年作成。
 見ての通り『ウルトラマン』の2次創作キャラクターで、ウルトラの母が広義(デザイン)のモチーフ。
 現在、人間体バージョンを構想中。
 

 
ゾフィ(GDW版)
 主な登場舞台:アトラス銀河系
 主な登場時代:基準年時代オメガ危機時代、他
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2010
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 U78スターベースアルティラ銀河警備隊アトラス銀河系本部)に勤務するアルティラン
 BWO-083(1969年頃)までは副隊長、以降は隊長の任にある“ウルトラ幹部戦士”である。
 マークセイヴンの先輩格で、先代隊長フェイトは、彼の師匠に当たる。
 ディガス大使の職も兼任しており、BWO-051(2001)高位大使に昇格したばかり。
 またBWO-039〜015(2013〜2037)オメガ危機など、幹部クラスでは惑星アーク(地球)との縁も多い。
 (魔神オメガ暗躍の調査は、昇格後初の重要な任務の1つだった)

 真装体(巨人体)シルバーベースにレッドのラインが入り、ほぼマルチな属性を持つ。
 (基本保有属性はレッド系であるが、他の属性にもかなりの適応力がある)
 系統としては原種アナキスなのだが、訓練を重ねて洗練度を高めているようだ。
 恩師フェイトから受け継いだM87光線(タキオン・スペシウム光線)や、
 ウルトラ水流の派生術ウルトラアイスレイなど、様々な戦闘術を会得している。

 経験も相応に豊富だが、実は非常にプライドが高く、そのため功を焦って機を外すのが玉に瑕。
 実際BWO-086(1966年頃)には惑星ケロニアゴーディスが放った怪獣軍団に追い詰められ、
 BWO-079(1973年頃)には惑星アークの異位相世界古代変異怪鳥バードンに敗退するなど、
 何度も屈辱的な立場を味わわされた苦い過去がある。
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:







装   備:
アルティラン・アナキス
1.8〜45m
Gex=3.0〜8.0
Gex=4.8〜10
(未定)
高速飛翔
多属性サイキック
超空間熱線
(M87光線)
精神共鳴
(思念交流含)


(未定)






【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2005年に初めてイメージしたキャラクター。
 『ウルトラマン』に登場した宇宙警備隊長ゾフィーのGDW版に相当する。
 本家の昇進設定(1966年当時は隊長ではなかった)や劇中の敗北経験などから、
 先代隊長フェイトや勇み足キャラなどの設定が生まれた。

 因みにM87光線のGDW版設定は、世界観の法則を反映した独自のもの。
 (熱量よりもタキオン因子効果で空間干渉・貫通力を高めていると設定)
 設定画2010年に作成、本家とは少々ラインが異なる。
 

 
マーク
 主な登場舞台:アトラス銀河系
 主な登場時代:基準年時代オメガ危機時代、他
 主な登場作品:PA黙示計画
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2014 旧作画像集
2008 2007
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 U78スターベースを拠点とするアルティランの中堅戦士。
 高熱制御や身体能力に優れたレッド系統の能力を持つが、血統的には原種アナキスに属する。
 ゾフィストライク後輩に当たり、セイヴンイージスとほぼ同期
 前線での対ザイオロード(怪獣)任務経験が多く、キャリア以上の経験値を有する。
 ゾフィ同様、ディガス大使としての肩書(兼業の正大使もある。

 人間体時には中肉中背のヒューマノイドとなる。
 惑星アークの異位相時空(UDE世界)最初に干渉したアルティランの1人。
 (ただし記録に残らない非公式来訪としては、近世に飛来したフェンザムなどの前例がある)
 BWO-086(1966年頃)に起きた宇宙怪獣ベムラーの追跡から、この世界に関わることになった。

 ベムラー逃亡は宇宙マフィア・ゴーディス襲撃事件が引き起こしたものだったが、
 結果的にマークは、惑星アークとアルティランとの間の数奇な縁を、
 文字通り最前線で体験することになったのである。
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:







装   備:
アルティラン・アナキス
1.7〜40m
Gex=2.7〜8.0
Gex=4.5〜9.5
(未定)
高速飛翔
多属性サイキック
聖波動熱線
(スペシウム光線)
精神共鳴
(思念交流含)


(未定)








【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2007年に初めてイメージしたキャラクターで、GDW世界観における初代ウルトラマンに相当する。
 設定画2008年に作成2014年にリメイク)しているが、本家とは少々ラインが異なる。
 本家では初代ウルトラマンに相当する個体名がない(総称に近い「ウルトラマン」を個体名と兼用している)が、
 GDWでは個人を現さない文化でない限り、原則的にあらゆる文明種に個体名があるため、
 『ウルトラマン』主題歌の歌詞にヒントを得て、マークという個体名を用意している。
 現在、人間体バージョンを構想中。