★特異変種個体キャラクター特集
 

 GDW世界観では、種族の枠組みを超えたミュータント特殊個体が発生するケースがある。
 こうした個体群は数こそ少ないが、銀河社会無視できない影響力をもたらす場合もある。
 ここではそうした、例外的な特殊個体について紹介する。
 ただし特異な変異過程を持っていても、種族として解釈できる個体群は除外する。

 (ぶっちゃけてしまえば、種族の枠組みでくくれない特殊な個体キャラクターのためのページである^^;)

 
特異変種個体キャラリスト
個 体 名 原種 クラス 性別 個 体 概 要 備考等
オメガ
アルティラン EX 闇の大巨人の異名を持つ異端の革命家
 元アルティランでエル・ドレイン深い因縁を持つ。
カミデラ・ミコト(神寺命)
 ※旧OW派生キャラ
アークス
(人類)

(元
OCD世界出身の少年青葉加奈の同級生。
 闇に溺れ、特殊ミュータント化する数奇な運命を背負う。
シェルザード アグノミネア
オルディーン
EX シェナムフォルザムス合体して生まれる巨神竜
 スピリオーディア龍士団のメンバーで蒼炎龍の異名を持つ。
ヤオ(ヤヌス・パドル)
ラトリアン ヤヌス・パドルが異世界で変異した“少女形態”
 童顔だが背は高く、足技が得意(笑)
 『哀愁の80号』登場キャラ。
ライカ・アルゴ 
 ※メタキャリアモード
レイオシス 元々はアトラス捜査局捜査員
 メドゥアス並行時空影響を調べるためASG世界に来訪、
 瑠唯らと出会い、成り行きでメタキャリア能力も得る。
 『Active Solid Girls』登場キャラ。
 

      

 
オメガ(魔神オメガ)
 主な登場舞台:複数の銀河系を放浪
 主な登場時代:ほとんどあらゆる時代に存在可能
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2014※精神が具現化させた人間体。 GDWポスター(2014 旧作画像集
2008
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 “魔神”または“闇の大巨人”などと呼ばれ恐れられる、暗黒の知性体
 生体変異を誘発・加速させる超因子・オメガ因子の起源体としても知られている。

 元はファヴネドラザニンザイズマクスなど、
 ヴァーツに所属する“魔神位”保持者クラスの高官であったが、
 今はヴァーツと事実上袂を分かち、同志や眷属と共に独自に暗躍している。
 漆黒の魔獣ズィヴァムが、オメガの代表的な眷族として知られている。

 ……もっとも、現在のオメガに肉体はなく、精神が具現化した人間体を取る。
 数百万年前に自ら起こした“オメガ銀河大戦”で神々の勢力に敗退し、
 本体は細かく分解されて銀河の各地に封印されたからだ。

 ――そして、その封印地の1つが、惑星アーク(地球)であった。

 殺戮の超魔神ギュリアが影響を及ぼすゾアクロイドギュリアン高位体だが、
 実はアルティランの異端児“魔神洗礼”を受けた特殊なケース。
 本体は身長123mのアルティラ真装体に似た“巨人体”を形成し、
 自らが制御する闇を取り込むことで更に巨大な“魔獣体”へと変貌を遂げる。

 魔神オメガ闇魔獣体
 闇魔獣体、全長は6kmを超える)

 世代交代を認めない“老獪なる神々の支配”を終わらせる必要があると考えており、
 「宇宙は常に闇と勝者が支配する」という信念の持ち主。
 ただし自ら支配者になることには関心がなく、思想集団“闇の使徒”以外に私兵を持たない。
 魔神だがザイオニック属性を持ち、完全なる撃破や抹消は不可能

 BWO-015(2037年頃)には、アークの並行時空で肉体の復活を目論んだ他、
 何度となく銀河社会に挑戦し、挑発行為や破壊工作を仕掛けたが、
 1万年後に勃発したクロイティス銀河大戦では、意外な行動に出ることになる。
 またディガスの長老、エル・ドレインとは数奇な因縁があると言われている。

 
種   族:

身   長:

身体出力:
精神出力:

属性評価:


主な能力:





装 備 等:
ギュリアン洗礼体
(元アルティラン)
2〜123m(巨人体)
1〜6km(魔獣体)
Gex=9.9(巨人体)
Gex=13.5(巨人体)
(魔獣体時18超
ザイオニック
クロノオーヴ
ジェノレイズ
念動波・闇炎
ダグロニクス制御
精神共鳴
(思念交流含)


不明




























【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 1994年に初めてイメージしたキャラクター。
 ただし当時は現在とは全く違う設定を持つ魔獣としてデザインしていた。
 (オメガ因子の初期的な設定は現在もほぼそのまま受け継ぐ)

 現在のような設定を導入したのは2000年の頃だが、1998年頃にイメージした別の魔人キャラも設定起源の1つ。
 GDW編入以降、旧OWボスキャラとして“再登場”し、インフレ防止策“ザイオニック”導入のきっかけとなった。
 その後「闇の考察」を重ねることで、求道者的な属性がより強調されている。

 GDW版ウルトラマンと設定的な関連性があるが、ウルトラマンベリアルとは何の関係もない(笑)
 設定画2008年に作成2014年リメイク/闇魔獣体は2009年の作)
 

 
シェルザード(蒼炎龍)
 主な登場舞台:オーディエル銀河系及び、複数の銀河系に登場可能
 主な登場時代:古代史から未来史にかけて存在可能
CHARACTER'S GRAPHICS
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 オルディーンフォルザムスアグノミネアシェナム存在場共鳴して誕生するザイオロイド神獣
 巨大な翼を持つオルディーンのシルエットを維持しながら、半透明超物質生命体になっており、
 このボディを青白い超高温のコロナ状オーラが覆っているのが特徴。
 アグノミネアが持つ強大な熱エネルギー制御能力をオルディーンに“降ろした”形で、
 空属であるアグノミネアの“存在場への脆弱性”をオルディーンベースの超物質ボディで補っている。
 因みにフォルザムスシェナムの意識は、シェルザード形態においては統合されている。

 コロナ状オーラを含めた全景は、ちょうど竜属起源神のオーディエルをコンパクトにしたように見えるため、
 シェルザード能力獲得の経緯にオーディエル何らかの形で関わったと見る者もいる。
 解放可能な出力はGex18に達し、しかも繊細な制御が可能なため、
 この形態に限って言えば、スピリオーディア龍士団のリーダーであるドミニオーグを凌ぐ。

 1万年後に勃発するクロイティス銀河大戦で、スピリオーディア龍士団切り札として出陣し、
 白色矮星のようなコロナ放射ヴァーツ艦隊を翻弄したと言われている。
 さすがにシェルザード1体でヴァーツ艦隊を負かすことは出来なかったものの、
 魔神の壁を超える強大かつ巨大な神獣(サイズ・戦闘力共に銀河列強の大型宇宙戦艦に匹敵する)のため、
 100隻を超すヴァーツ艦艇を引き付け、多大な貢献をしたと見られている。

 
種   族:
全   長:

身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
神獣融合体
約1マイル
(コロナ7km)
Gex=12
Gex=18
不明
超光速移動
コロナ放射
精神共鳴
(思念交流含)


神獣のため装備なし




 
【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2012年に初めてイメージしたキャラクター設定。
 「強大な神獣に炎の精霊を憑依させた」コンセプトで考証した宇宙生命体のイメージで、
 ファンタジーなどで、魔術師などが精霊を「降ろす」術式にヒントを得たもの。
 ただしこちらは強大なザイオロード同士の“合体”であるため、かなりチートである(笑)

 Gex18と言えばオメガの闇魔獣体にも匹敵するスペックであるが、
 シェルザードの「コロナ体」を含めたサイズも実際にオメガ闇魔獣体に匹敵するし、
 銀河列強の大型宇宙戦艦の火力も実はこれに近いなど、一応バランスは取れているのだ。
 

 
ヤオ(ヤヌス・パドル少女形態)
 主な登場舞台:アトラス銀河系/惑星アーク並行時空
 主な登場時代:基準年時代オメガ危機時代
 主な登場作品:ハンターシリーズ哀愁の80号
CHARACTER'S GRAPHICS
設定画(2008 旧作画像集
2007
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 ディガス大使ヤヌス・パドルが、とある並行世界(異次元)で変異した姿。
 とある空間変質現象の調査のために訪れた世界で、
 自らその変質現象に巻き込まれ、童顔の金髪女性と化してしまう。
 現地では“ヤオ”の名で呼ばれたが、人格はパドルのままで変わっていない。

 ただし体質的にもラトリアンではなく、アークスに限りなく近いものに変質したため、
 GDW的分類では、異世界におけるエヴァンス系統種の変種個体に分類される。
 またこの結果、ラトリアンとしての特殊能力の大部分も失われた。

 後に元の世界に帰還した際、パドルとして復元されたが、
 その“ヤオ変異因子”は、そのままパドルの存在場に刻み込まれたようである。
 以後この“少女形態”は、パドルの新たな擬態バリエーションとなったのだ。

 因みにラトリアンは元々体質操作が可能だが、体形まで大きく変化させることはできず、
 パドルの場合は異世界経験が影響した数少ない例外と言える。

 (SD版)
種   族:

身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:




装 備 等:
エヴァンス変種?
(元ラトリアン)
180cm
Gex=1.8→2.1
Gex=3.0→3.6
(不明)
透視・念動(限定的)
精神共鳴
(思念交流含)


タイタンヒール
(凶器ハイヒール)












【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2006年に初めてイメージしたキャラクター。
 真城悠氏の創作から派生したスピンオフ小説『ハンターシリーズ』に参加した際のパドル性転換モード(爆)
 (ラトリアンには厳密には性別と言えるものがないが、外観がマッチョ男性なのでそこは適当に補完でw)

 同シリーズでの形態で留め置くのも勿体無いため、そのままパドルのオプションにした(核爆)
 設定画2008年に作成したもので、真城氏の投稿サイトでも表情編集版が採用されている。
 1束大きく強調された触角状の髪が外観の重要な個性になっている(因みにライカより背は高いが胸は小さいw)
 

 
ライカ・アルゴ(地球人擬態/メタキャリア形態)
 主な登場舞台:アトラス銀河系惑星アーク(地球)ASG世界
 主な登場時代:基準年時代/アーク大変動期(ただし主に異次元)
 主な登場作品:Active Solid Girls
CHARACTER'S GRAPHICS
アークス擬態(2008 メタロイド形態2008
【CHARACTER'S SPEC】 【CHARACTER'S PROFILE】
 監視者種族レイオシス雌性期体で、アトラス連合捜査局捜査員オリジナル版)。
 このアークASG世界には、ディガス大使ヤヌス・パドルの協力者として来訪する。
 調査対象だった地下組織メドゥアスが、宇宙犯罪の隠れ蓑となっていた可能性があったからだ。

 ASG世界内ではアークスの女性に擬態して行動するが、
 そのためレイオシス本来の能力が、限定的にしか解放できない。
 この制約が災いし、朝陽中央駅でセラフィが起こした無差別破壊テロの際、
 その髪触手に捕らわれて金属化変異することになる。
 ただし数時間後に復元され、結果的にメタキャリアとしての能力を得るのだが。

 ベースが高度に進化した宇宙種族のため、変異当初は発声能力を失っていたが、
 メタキャリアとして“メタロイド変身”した暁には、発声能力を発現させた。
 変身時はプラチナ属性のボディとなるため、強度はメタロードに匹敵する。
 またメタロイド変身時においても、レイオシスとしての能力は限定される。

 なお、オメガ危機当時にゼルガ・ローヴを追ってアークOCD世界に介入した際も、
 このアークス擬態モード(右の左の絵)で関係者と接触している。

 
種   族:

身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
レイオシス変種?
(メタキャリア)
177cm
Gex=2.1〜3.0
Gex=3.9〜4.5
(不明)
捜査官のスキル
メタロイド変身
精神共鳴
(思念交流含)


不明










【DESIGN PROFILE/脳内妄想の軌跡】
 2007年に初めてイメージしたキャラクター。
 元々は当時とあるチャットでの交流から派生したライカのバリエーション形態だったが、
 そのネタを流用する形でASGでメタキャリア形態を復活させたもの。
 (ただしチャットネタ当時はユウによく似たアメジスト系変異だったので、デザインは変わっている)
 設定画2008年に作成したもの。