クロイティス銀河大戦特集(クロイティス大戦時代) (設定背景
(画像整備中^^;)
カテゴリ 銀河炎上級戦禍(危機レベル6
発生天体 アトラス・イグザ銀河団(特にアトラス銀河系
発生時代 遠未来史(基準年時代の約1万年後)
発生要因 主にヴァーツの覇権拡大による
【事件概要】

 クロイティス銀河大戦は、基準年時代約1万年後に、主にアトラス銀河系で勃発した大規模な星間戦争である。
 ゾアクロイド勢力ヴァーツ大艦隊を持って侵攻した、本格的な“ヴァーツ危機”の1つである。
 (主戦場こそアトラス銀河系であるが、最終的にヴァーツが狙ったのはアトラス・イグザ銀河団全体であった)

 基準年時代の前後数万年間に起きた星間戦争の中で、GDW世界観全体で最大の規模であり、
 本戦禍に比べれば、基準年時代に起きたオリオン銀河大戦ですら、小さなスケールの戦禍と見なせるほど。
 事実上、未来史におけるGDW世界観最大の戦闘系ハイライトであると言える。
 (ただし数万年前よりも前には、クロイティス大戦をしのぐ大規模戦禍が起きていても、設定上矛盾しない)

 アトラス・イグザ銀河団周辺宙域は、別名イグザ・クロイティスと呼ばれる。
 各銀河団を結ぶ、主要な銀河間超光速回廊重要な“交差点”がこの宙域に存在しており、
 銀河間交易上の要衝としての重要性を象徴して、この別名が充てられているのだ。
 (同じようなニュアンスを持つ名称に、リーヴァス・トレヴァインが存在する)

 裏を返せば、イグザ・クロイティスを支配する者は、リーヴァス超銀河団通商ルートを支配できる。
 その意味で、ヴァーツがこの宙域を掌握することで、銀河社会混迷させる戦略は想定の範囲内であった。
 過去数万年に渡って、この宙域が守られてきたこともまた、それが想定内の事態だったためである。

 もちろんヴァーツもそのことは熟知しており、そのために周到な準備を行った。
 この宙域を掌握するために、1万年以上に渡って銀河列強や義勇戦力の行動や弱点を調べ上げ
 その隙を突くための巧妙な戦術を練り上げてきたのである。

 最終的にヴァーツが採用した戦略は、「陽動作戦を前提とした電撃侵攻」であった。
 これだけ書けば簡単なことのように見えるが、幾つもの銀河列強が同盟関係を持つ中で、
 その全てに対して、相手に気取られず陽動部隊を派遣し、同盟勢力への支援作戦を妨害することは容易ではない。
 またいざという時、こうした列強が足並みを乱すことを期待した、内部工作も数千年に渡って実施していた。
 これらの“努力が実を結んだ”結果が、大戦勃発初期のヴァーツの快進撃に現れている。

 イグザ・クロイティスの重心は、イグザ銀河系寄りにある。
 しかしヴァーツが集中的に狙ったのは、隣のアトラス銀河系であった。
 この銀河系の混迷を利用して掌握することで、隣のイグザ銀河系も不安定化するという狙いのためである。
 文明的に洗練された勢力の多いイグザ銀河系よりも「攻めやすかった」ことも事実である。
 近況の対イグザ戦略であった、エディオル危機ヴェギアス危機成功していなかったことも背景である。

 強大なヴァーツの“終末艦隊”を率いた総司令官は、“戦乱の超魔神”ことヴェルガ
 ゾアクロイド種族エヴィリアン起源体であり、現在のヴァーツの超魔神では最高齢であるが、
 それゆえにヴァーツの中で孤立しかけているという危機感がヴェルガにはあったらしく、
 こうした“内輪の背景”もまた、クロイティス大戦の大きな推進力となっている。

 しかし、初戦こそ出遅れた銀河列強義勇組織側であるが、そのまま辛酸を舐め続けたわけではなかった。
 ヴァーツ艦隊の快進撃は幾つもの宙域や星系で悲劇を現実にすることとなったが、
 列強側・義勇組織側は諦めることなく、粘り強く体勢を立て直し、
 後半戦に大きく巻き返せるような作戦を組み上げ、実行に移したのである。

 クロイティス大戦は18年間続いたと言われている(奇しくもオリオン大戦とほぼ同じ長さである)
 この間、ヴァーツの電撃的な進撃は最初の2〜3年ほどであり、
 実際のところ、“戦時期間”の半分ほどは、アトラス銀河系に浸透したヴァーツのゲリラ部隊と、
 抵抗する銀河列強軍や義勇部隊との“小競り合い”の時代であった。
 銀河に浸透し、長期戦によって銀河社会を衰弱させる狙いも、ヴェルガにはあったとされている。
 この作戦はほぼ狙い通りとなり、「銀河炎上」とも形容される戦国時代によって銀河社会は疲弊した。

 しかし後半戦に入り、銀河外からの援軍を含めて抵抗運動が活発化すると、
 様々な宙域でヴァーツ部隊を押し返す動きが顕在化するようになる。
 最終的にヴァーツがアトラス銀河系の制圧を諦め、撤退する過程には幾つかの“奇跡”があったというが、
 ヴァーツが銀河制圧のために時間をかけて作戦を模索したように、
 銀河列強側にもこの予期される戦禍に向け、息の長い対策構想があったことも事実である。
 そうした戦略や戦術が、正面からぶつかったのが、クロイティス大戦であったとも言えるだろう。

 
●主な大戦ハイライト(勃発年をAWX-001として、時代枠基準年に置いている)
直前:前兆(ハイライト整備中^^;)
AWX-001:勃発
AWX-002:侵攻
AWX-003:妨害
AWX-004:浸透
AWX-005(ハイライト整備中^^;)
AWX-006(ハイライト整備中^^;)
AWX-007(ハイライト整備中^^;)
AWX-008(ハイライト整備中^^;)
AWX-009(ハイライト整備中^^;)
AWX-010(ハイライト整備中^^;)
AWX-011(ハイライト整備中^^;)
AWX-012:反撃
AWX-013(ハイライト整備中^^;)
AWX-014(ハイライト整備中^^;)
AWX-015(ハイライト整備中^^;)
AWX-016(ハイライト整備中^^;)
AWX-017:決戦
AWX-018:撤退
 


 
直前:前兆
 

 (整備中^^;)

 
AWX-001:勃発
 

 (整備中^^;)

 
AWX-002:侵攻
 

 (整備中^^;)

 
AWX-003:妨害
 

 (整備中^^;)

 
AWX-004:浸透
 

 (整備中^^;)

 
設定背景
 2008年に設定した戦闘イベント。
 それまで、未来史における大きなハイライトアトラス危機であり、
 世界観の中心的な戦闘ハイライトは、オリオン大戦オメガ危機であったが、
 「チート戦士が活躍できる環境」を整備する意味合いも兼ねて、
 1万年後という未来史に「世界観最大のバトルイベント」を用意したことがきっかけ。
 単なる戦闘イベントとしての役割だけでなく、このクライマックスを目標として、
 「未来史の1万年間をデザインする」目的も同時に盛り込んでいる。

 また、元々1990年代に、ハルマゲドンをモチーフとした最終決戦の妄想があり、
 そのイメージをGDWに取り込んでいる部分もある。
 何度も書いているが、GDW世界観自体は戦国化を奨励していない。
 あくまでも基本は「多様な宇宙人たちの平和的な交流」が主な目的である。
 しかしながら「強い戦士」への憧れは、創作界での普遍的なまでの潮流であり、
 (戦闘系アクションを主軸としたゲームやアニメが圧倒的に多い事実からも明らか)
 こうした要請に応える必要もあると、考えたことも設定の背景となっている。

 因みに、2014年現在においてもなお、戦闘イベントの詳細の大部分は未定であり、
 「1万年後までの未来史」がそうであるように、
 世界観のクライマックスとして、時間をかけてじっくりと作り込んで行きたい。