★超天体アルティラ(GDW世界観におけるウルトラの星天体概要関連設定リスト設定背景
アルティラ全景(左手前は伴星オメガ)
★天体(惑星)データ他のロケーションや種族等のリストはこちら
所属銀河系 アリオナス銀河系M33銀河/アーティオール腕)
天体分類 第4種準中型主星(直径約78万km)
主要文明体制 アルティラ光聖王国(アルティオス同盟傘下)
主要文明種族 アルティラン(アーティオレア人属/監視者/総人口180億以上)
主要都市 (未定)
アクセスルート (未定)
天体概要
 アルティラ高位開発者種族であったアルティラン原種アーティオレアンによって、
 人為的に主星として“進化”させられた経緯を持つ人工主星である。
 外見は主星(恒星)そっくりだがやや小型で緑っぽく、プラズマの海には特殊な浮遊島が幾つも浮かび、
 その上に現住種族であるアルティラン種結晶状の都市が築かれている。
 (画像の黒点のように見える部分は全て浮遊島)
 事実上、GDW世界における“ウルトラの星”に相当する。

 人工進化する前のアルティラは1種の巨大な遊星脈動遊星)で、
 直径2万kmを超える大型衛星オメガ(全景画像の手前左)を始め、複数の衛星を有していた。
 アルティラが主星化した際、これらの衛星が全て惑星(伴星)となった
 もっともそれは、基準年時代から数百万年以上も過去に遡る出来事であったが。

 アルティラの浮遊島群と都市景観

 アーティオレアン種が母星を進化させたのは、自身の進化を制御する目的もあった。
 それは野心的な試みであったが、結果的にそれは成功を収めた。
 監視者種族への進化を遂げたアルティラン種は、
 任意に応じて様々な属性の能力を駆使する“光の巨人”に変身が可能で、その能力を宇宙文明社会にとって脅威とされる、
 凶暴なザイオロード(超獣族)ゾアクロイドから文明や生態系を守るために使う。

 もっとも、惑星と化した衛星オメガにて、進化の異端児を生むことになったのだが……

 メイン文明となるアルティラ光聖王国は、王国と呼ばれてはいるが制度は大統領制に近く、
 アリオナス銀河系主要な監視者勢力の1つとして知られている。
 その他、宇宙の各所に基地を有し、ディガスなどとも盛んに連携している(参照:アルティラ銀河警備隊

 現在のアルティラにも生態系はあるが、このサイズの天体としてはやや層が薄い。
 環境規模的には500mクラスの巨大種族が生息することも不可能ではないが、
 現住野生動物の最大種は150mに満たないドゥークンである。
 因みに多くの現住種族は1種の神獣族に近く、空間から直接エネルギーを吸収する能力があるため、
 必ずしも他種を直接捕食する必要がないという特徴がある。
 (全く何も食わないわけではないが、捕食場面に遭遇する頻度は少ない)

 ただし、保護のため持ち込まれた他環境のザイオロード系巨獣の中には、
 200mを超える巨体を有するものもいるようだ。
 こうした保護ザイオロードは、結界処理が施された専用の浮遊大陸で管理されているらしい。
 アルティラの波動による保護種の突然変異を防ぎ、アルティラの天然生態系を守るための配慮である。

 
関連設定リスト(主要ロケーション↓/出身種族その他用語
【アルティラ主要ロケーション】
舞台名称 分類 舞台概要 備考等
アルティレア・ヴァレス GDW世界におけるウルトラタワー
アルティレア浮遊大陸
オメガ
U-01スターベース
アルティラ出身種族
種族名称 分類 種族概要 備考等
アルティラン
ザイオノイド
監視者
超天体アルティラ出身のヒューマノイド種族(人属)。
 人為的な進化操作により巨人化能力を得た戦神族
 正義感が強いが、その背景には黒歴史の闇を抱えている。
GDW世界におけるウルトラ人
ドゥークン ザイオロード GDW世界におけるドックン
ラヴィドール ザイオロード GDW世界におけるウルトララビドッグ
アルティラ関連設定/その他用語
用語名称 分類 用語概要 備考等
アルティラ銀河警備隊 組織
アルティラ光聖王国 組織
アルティレア級戦闘艦 メカニック
真装体(アルティラン巨人体) アイテム
DESIGN PROFILE/設定背景
 2004年に設定確立した舞台で、GDW世界観におけるウルトラの星(光の国)に相当する。
 本家では人工太陽の恩恵を受ける惑星のように描かれているが、
 『ウルトラマン物語』では「地球の約60倍」と書かれ(直径78万kmということらしい^^;)ており、
 もはや惑星というよりも小型の恒星というべきサイズ(太陽系最大の惑星・木星の5倍もある)であるため、
 「人工太陽のタワーを建てるより、星自体を太陽化した方がいいんじゃね?」と思ってこういう設定になった(笑)

 ただし人工太陽のタワーがあるという本家設定は受け継いでおり、
 『ウルトラマン物語』ウルトラタワーや、『ウルトラ銀河伝説』プラズマスパークタワーに相当する建物として、
 人工太陽のエナジーモニュメントを頂いたアルティレア・ヴァレスを設定している。
 2006年に描いた全景イラストは「浮遊島を持つ太陽」そのままであったが、
 『ウルトラ銀河伝説』にてウルトラの星が緑色に輝く天体(惑星???)として描かれていたため、
 2011年に色相を弄って「緑色のコロナを持つ恒星」にデザインを変更している。

 因みにGDW世界観では、グリーンのオーラタキオン干渉光と呼ばれ、
 超時空と深い関係を持つ「霊的に開発された世界」を表現するものとなっている。
 (霊的・神的な力はGDWでは生命の精神とリンクし、超時空現象やタキオンエネルギーと縁を持つ設定になっているのだ)
 その意味でも、アルティラが「緑色に輝く」設定には十分な意味を持たせることができるのである(笑)

【旧作画像】
2016 2011 2006
 

 
アルティレア大陸&アルティレア・ヴァレス
 アルティレア大陸(中央大陸)は、超天体アルティラ大気圏に浮かぶ浮遊島の1つである。
 巨大遊星が人為的に“恒星化”されたアルティラは、恒星化の際に引き剥がされた地殻が、
 高周波プラズマの大気圏に漂っており、その中でも最大の規模を持つのがアルティレア大陸である。
 遠方からはアルティラの光によって、巨大な黒点のように見える。

 アルティラ光聖王国首都に当たる街が築かれた大陸であり、宇宙港などの主要施設もこの大陸上に存在する。
 中心部には高さ8km近い塔が聳え、アルティレア・ヴァレスと呼ばれる。

 王国の政庁に当たるこの塔は、アルティラ内核の制御装置を兼ね、
 頂上部にはその内核から抽出したエネルギーによる人工太陽が輝いている。
 初めてこの街に来訪した者は、この人工太陽がエネルギーの源だと思いがちだが、
 本当の源は高周波プラズマに包まれたアルティラそのものであり、人工太陽はエナジーモニュメントに過ぎない。

 
 





 

 
★アルティラ/クリーチャー種族特集
超天体アルティラに棲息する主なクリーチャー種族の特集。
 (関連設定参照:GDW種族リスト超時空怪獣ランド


        


【クリーチャー種族リスト】
 ドゥークン(竜属系ザイオロード種族)
 ラヴィドール(麟属系ザイオロード種族)

 
ドゥークン
出身宙域・天体 アリオナス銀河系特殊主星アルティラ
根源系統分類 竜属オーディエル大系統竜属
詳細系統分類参照
種族スペック 生 態 平均体格 平均出力 平均寿命
雌雄2性型 100m Gex=8 1万年以上
各種評価参照 能力評価 知力評価 社会評価 総合評価
2〜4 7〜9
【種族概要】
 アルティラに棲息する竜属で、自然発生種の中ではアルティラ最大種に当たる。
 (アルティラには保護された他宙域出身の宇宙怪獣も棲んでいるのだ)
 身長50〜70m、全長90〜120mほどになり、文明こそないが初期の消費者に近い知性を持ち合わせる。
 数万年を生きるアルティランの出身地に棲む獣類らしく寿命も長く、ある種の神獣族と呼んでいい。

 ラヴィドールのような飛翔能力はないため、アルティラの浮遊大陸間を移動することはできないが、
 ザイオロード種族とみなすに相応しいサイキック能力を秘めているのだ。
 幼体にはふさふさとした毛が生えているが、成長するにつれてトゲのようなウロコになる。
 このウロコには超物質が含まれており、アルティラの高次プラズマと相性が良いらしい。

 
DESIGN PROFILE/設定背景
 2006年にイメージした種族で、『ウルトラマン物語』小型怪獣ドックンを種族としてアレンジしたもの。
 ただしGDWではドックンは幼体であり、別に成体があるという解釈になっており、
 成体のドゥークンはドックンをベースにしつつ、よりシャープに成長したイメージを持っている。
 

 
ラヴィドール
出身宙域・天体 アリオナス銀河系特殊主星アルティラ
根源系統分類 麟属/クルセイヴェン大系統麟族
詳細系統分類参照 アリオドール系統麟属
種族スペック 生 態 平均体格 平均出力 平均寿命
雌雄2性型 60m超 Gex=6.5 1万年以上
各種評価参照 能力評価 知力評価 社会評価 総合評価
2〜4 1〜2 7〜10
【種族概要】
 アルティラに棲息する犬に似た大型獣類で、やや耳が長く、白っぽい羽毛のような毛に覆われている。
 文明はないが初期の消費者に当たる知性を有し、家族単位で群れをなして移動する。
 体毛には超物質が含まれており、エーテルフラップ効果があるため、波動制御能力が非常に高く、
 アルティラのプラズマ海に浮かぶ浮遊大陸の間を、ほとんど飛翔に近い大跳躍で“駆け回る”ことができる。

 寿命も1万年を超えるなど神獣族と言える特性を持ち、ザイオロード種族として認識されている。
 身長は成獣で20m、体長30m余りだが、尾を含めると60mほどになる。
 1部個体がアルティランに調教されており、あたかも番犬のような役割を担っている他、
 高位体は文明種族のサポートなどで宇宙に進出し、活躍するケースもあるらしい。

 
DESIGN PROFILE/設定背景
 2008年にイメージした種族で、『ウルトラマンタロウ』の忠犬ウルトラ・ラビドッグのGDW版に当たる。
 本家はマルチーズのぬいぐるみみたいな造形だったが、こちらはもう少し宇宙生物っぽくしたい(笑)