★義勇組織関連特集
【組織総論】
 GDW世界観銀河社会には様々な組織がある。
 星間連合や共同体などの政治的な組織だけでも、優に万を超える数が存在し、
 銀河連合と呼ばれるほどの列強は銀河1つに数組織に過ぎないが、
 大型銀河ともなると、実に多様性に満ちた様々な組織が存在しているのだ。

 この特集では、特定の銀河共同体に属さない組織のうち、
 有事解決などのためにメンバーの能力を活用する、義勇隊系統の組織を紹介している。
 彼らの多くは正義感に満ちており、その正義の行使対象に差はあるものの、
 銀河社会を危機にさらす武装勢力などの敵意や悪意に対する、橋頭保として存在することが多い。

 GDW世界観は原則として「非戦国世界観」ではあるが、多様性の代償として攻撃的な組織もまた存在するため、
 こうした組織に対抗する組織もまた、意義を持って存在しているのだ。

 コラム:守護者の称号とホワイトリスト

 ◆主な義勇組織(特定の星間共同体を守護する軍事組織などは含まない)

 アクエリアス(惑星社会内組織)
 アトラス傭兵団
 アリオナイツ
 アルティネスロード(組織名としても、種族名としても使う)
 アルティラ銀河警備隊
 アンチ・タイランタ・ユニオン(ATU/反連邦同盟)
 エルドヴァリウス(超広域犯罪捜査機関)
 オーディアン(投稿)
 オビリック会(投稿)※未来史
 オルヴェイン※未来史
 カスモ・ラグーン(投稿)
 クラゴメーア水神党(投稿)※星間連合兼任。
 ケルバニア獣旅団(投稿)
 サイティマン・ディフェンダーズ(アトラス・ディフェンダーリーグ)
 神隠の審判者(投稿)
 スピリオーディア龍士団
 ディガス
 デュディック(アトラス・テクトラクタ内組織)
 デル・ヴォス
 トビルセイド(投稿)
 人間界守護術士団(人間界の守護者達)(惑星社会内組織)
 ファルポ・ラ・エルジェ(投稿)
 ブリガンディゲード(投稿)
 プレディック法術士団
 メロディッヒ退魔会(投稿)
 ライディエル騎士団※過去史を含む
 リーヴァス・セイヴァネスロード
 レホルリン神獣騎団(投稿)

 公的組織に属する精鋭部隊などはこちら。
 

 
★アトラス傭兵団
カテゴリ 義勇組織
拠点活動銀河系 アトラス銀河系
同盟組織 アトラス捜査局
アンチ・タイランタ・ユニオン
エルドヴァリウス
ディガス
【組織概要】
 アトラス傭兵団は、アトラス・テクトラクタ(AT)を拠点とする民兵団の1つである。
 冷静なラヴァスタンのベテラン戦士レマック・ゼインを団長とする基準年時代の組織。
 傭兵団と名乗るが義勇兵団に近く、復讐や暗殺などの依頼は原則として請け負わない。
 100名前後の少数グループだが精鋭揃いで、単体でも優秀な戦士が多く所属する。

 因みに未来史においても存続しているが、1,000年後より後はメンバーが入れ替わっているため注意。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
アリーナ・フィクシィ
エディアシス アトラス傭兵団紅一点、豊富な知識を持つ技術者
 ただ自作の改良品の性能は充てにならない。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
アルベル・キュロディオン ティロネイド アトラス傭兵団の寡黙な参謀
ウォーガー
カリオロイド・ヴェルマディ 腕が2つに割れるクールな傭兵。
 冷酷な戦士ブラディとは因縁の関係を持つ。
オーズ・ラルティ プルガスタン アトラス傭兵団に所属するスナイパー
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ケイザル・ネルファス ロイゲール 好戦的な性格でアトラス傭兵団メンバー。
ゴルヴァン
ヴォーディアン アトラス傭兵団の優秀な戦士、ゾネアと組む。
 巨大両刃槍ギガンロード・マグネーザーの使い手。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
サイロス・ヴァリアンティ
ベルディック アトラス傭兵団ナンバー2で機動性に優れた戦士。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ザギ ブロイデアン
ゼグ ブロイデアン
ゾネア
ゾイゲル アトラス傭兵団の戦士、ゴルヴァンと組む。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ラガン フォルネック
レマック・ゼイン
ラヴァスタン アトラス傭兵団リーダーでベテランの戦士。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ロド・シェヴリネ セリオネアン アトラス傭兵団の女戦士でロド・エイドラス
◆保有装備等
装備名 装備分類 概 要 等
エレオノート 武装宇宙船
エンディロード 武装宇宙船
ギガンロード・マグネーザー 個人用武器
空間シールド
スパイヴァー 個人用武器
タキオンニードル・ライフル 個人用武器
バスターブレイド 個人用武器
波動フレア
マルチセイバー 個人用武器
【設定背景】
 2004年にイメージした組織で、特にモチーフはない。
 ディガスとは異なる民間の義勇組織を作ろうと考えてできた戦士集団である。
 

 
★アリオナイツ
カテゴリ 義勇組織
拠点活動銀河系 アリオナス銀河系(銀河外支部多数)
同盟組織 アルティラ銀河警備隊
エルドヴァリウス
ディガス
【組織概要】
 アリオナイツは、アルティオス・テクトラクタ(UT)を拠点とする代表的な義勇兵団である。
 アルティオス同盟軍OBサムネア・ディフェイドが率い、1万年ほど前に誕生した。
 主にアリオナス銀河系出身の戦士が多く所属する。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
イオス ドゥークン フォレストのパートナーでわがままな怪獣娘
ギャロエム ドレンゲロス サーバスのパートナーで好戦的な性格。
グレンド・アーガイル ヴァデリッシュ アリオナイツのメンバーで勇猛な戦士。
ケルゼレス・ラド・ウェイバーナ キリエロイド アリオナイツのメンバーでクールな格闘家
サージ レジェンドギラス ジェロディックのパートナーで誇り高い獣戦士
サーバス・デルタ ザムネス アリオナイツのメンバーで裏工作の達人。
サムネア・ディフェイド ヴォーガン アリオナイツ創始者で元軍人。
ジェロディック ヴォルマグス アリオナイツのメンバーで優れた戦士。
ソルス・ファーレン ジェイミラン アリオナイツのメンバーで冷静な女戦士
フォレスト アルティラン アリオナイツ副団長だが控え目な性格。
レイゴン ヴァーグーン グレンドのパートナーでアリオナイツ最大の戦士。
ワディ・ヴァルカン ソルドゴーム アリオナイツのメンバーで攻撃的な戦士。
【設定背景】
 2011年にイメージした組織で、「ウルトラ宇宙人と怪獣を主戦力とした騎士団」がコンセプト。
 アリオナス銀河系(M33)を拠点とするのでアトラス銀河系(天の川)の出身メンバーは少ないと考えている。
 ウルトラ2次創作元ネタ参考資料はこちら。
 

 
★アルティラ銀河警備隊
カテゴリ 義勇組織
拠点活動銀河系 アリオナス銀河系(銀河外支部多数)
同盟組織 エルドヴァリウス
ディガス
トビルセイド
リーヴァス・セイヴァネスロード
【組織概要】
 アルティラ警備隊は、巨人化能力を持つザイオノイド種族アルティラン義勇兵団である。
 必ずしも“本国”アルティラの防衛軍直属ではなく、様々な銀河で活動している。
 拠点となる宇宙ステーションは“U○○”というナンバーがつけられる。
 例えばアトラス銀河系の支部はU78イグザ銀河系の支部はU31と呼ばれている。
 (ただしU01からU12まではアリオナス銀河系内に置かれているようだ)

 U78スターベース
 (アトラス銀河系の出張基地・U78スターベース

 構成員の多くはアルティランであるが、必ずしも全員ではなく、
 同盟関係にあるザイオノイド種族や、派遣先の銀河の有力種族も属している場合がある。
 GDW世界観におけるウルトラ宇宙警備隊に相当する。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
【U78基地所属】
アストラ(GDW版) アルティラン 惑星ライオーグ出身でレオ
 ネメアッグ危機ヴォルマーグ軍の捕虜になった。
 GDW版アストラ
イージス アルティラン
エース(GDW版) アルティラン U78銀河警備隊のマルチな戦士の1人。
 GDW版ウルトラマンA
エクス アルティラン
キュリア
アルティラン U78銀河警備隊のクールな女戦士でストライク
グレン・ヘイズ ※未来史 パラメスト U78基地で活動する非アルティラン有志の1人。
 まだ若いが、強力なレッド属性のマスター。
 GDW版グレンファイヤー
シエル
アルティラン キュリアに憧れる若き女戦士、やや不器用。
 メヴィウスの同期で「ウルトラの姫」とも呼ばれる。
ジャック(GDW版) アルティラン
 GDW版ウルトラマンジャック
ストライク
アルティラン アトラス銀河警備隊格闘系戦士
セイヴン
アルティラン U78銀河警備隊のベテラン戦士。
 GDW版ウルトラセブン
ゼロ(GDW版) ※未来史 アルティラン
 GDW版ウルトラマンゼロ
ゾフィ
アルティラン アトラス銀河警備隊長ディガス大使
 GDW版ゾフィー
タロウ(GDW版) アルティラン
 GDW版ウルトラマンタロウ
ティティス アケメルロス U78銀河警備隊に引き取られた宇宙の孤児
 見た目以上に強大な潜在能力を秘めている。
ナミ・オージェ パラメスト U78基地で活動する非アルティラン有志の1人。
バベル
アルティラン 巨砲を装備する怪力の後方支援要員。
フェイト アルティラン 先代のアトラス銀河警備隊長でゾフィの師
フェンザム
アルティラン 武士道精神を持つアルティラン戦士。
フォース アルティラン フェイトの補佐を担当するクールな参謀長
ベッカル アルティラン 正義の介入にこだわる武人で、ケイロアス大教授
マーク
アルティラン アトラス銀河警備隊のベテラン戦士。
 クロノス事件以来、惑星アーク重要な縁を持っている。
 GDW版初代ウルトラマン
メヴィウス(GDW版) アルティラン
 GDW版ウルトラマンメビウス
レオ(GDW版) アルティラン 移民系の戦士。
 GDW版ウルトラマンレオ
ローゼ
アルティラン イージスの部下でプライドの高い女戦士
【その他】
クリエイル アルティラン フェイトの同期でU51基地のクールな隊長
フォレスト
アルティラン アリオナイツ副団長だが控え目な性格。
ミュル・シェービッツ トゥルトゥス U87スターベースに勤務する非アルティラン女戦士。
メロス(GDW版) アルティラン
 GDW版アンドロメロス
リジェスティア スペリオス スペリオーグ機動団の戦士でアルティラ警備隊連絡係。
ローサム・ユーカラ アケメルロス
◆保有装備等
装備名 装備分類 概 要 等
アルティレア級高速戦艦 武装宇宙船
グレイバスター 重火器類
スペシウムキャノン 重火器類
【設定背景】
 2004年に草案を作った組織で、GDWにおけるウルトラ宇宙警備隊に相当する。
 本家よりもSF寄りの設定になっており、宇宙ステーションなどを建設しているのが特徴。
 また多様な種族が住む世界観に合わせ、メンバーも“ウルトラ族限定”ではない
 

 
★オーディアン
カテゴリ 義勇組織
所属銀河系 アトラス銀河系
同盟組織 (整備中^^;)
【組織概要】
 オーディアンオートロン義勇兵団で、元々セイヴァートロン2の防衛組織であったが、
 反体制組織ディスヴェリオンの破壊活動が激化してから、展開宙域を広く銀河に拡大している。
 GDW世界観におけるオートボット(サイバトロン)に相当する。
 独自の正義観を持つメンバーが多く、個性豊かだが士気は高い。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
アリシェイル オートロン バイク型フライヤー変形するオーディアンの戦士。
エセリアス・スプライム オートロン 連結宇宙船に変形するオーディアン総司令官
ガンバイン オートロン カーゴフライヤー変形するオーディアン前線隊長
クレアヴォイアス オートロン 偵察用フライヤー変形するオーディアンの戦士。
バリアラッシュ オートロン 重装甲フライヤー変形するオーディアンの戦士。
ハンプトン オートロン カーゴフライヤー変形するオーディアンの戦士。
ヒートシューツ オートロン スポーツフライヤー変形するオーディアンの戦士。
ファルレーン オートロン 小型フライヤー変形するオーディアンの戦士。
フィンラット オートロン 小型フライヤー変形するオーディアンの戦士。
マクスレッジ オートロン 軍用フライヤー変形するオーディアンの戦士。
ラスキューティ オートロン 宇宙救命艇に変形するオーディアンの戦士。
【設定背景】
 2007年頃飛石武氏が投稿した組織で、GDWにおけるオートボット(サイバトロン)に相当する。
 ただし本家トランスフォーマーと直接リンクする設定ではなく、キャラ設定等は酷似しているが、
 本家と同じ名前のキャラクターは原則登場しないので注意が必要である。
 旧OWシリーズと関連が深いが、本設定自体はGDW世界観で独立して適用が可能
 

 
★オビリック会 ※未来史登場組織
カテゴリ 有志団体
所属銀河系 アトラス銀河系
同盟組織 (整備中^^;)
【組織概要】
 基準年時代から数千年後の未来(1万年後に近い)に誕生したグループ。
 厳密には義勇兵団ではないが、歴史的なキャラクターが関わっていたため名が広まっている。
 ユスラビオンジェネティックであるステア・オルヴィエルを中心とした1種の青年団で、
 ザイオノイド種族から標準的なヒューマノイドまで幅広いメンバーを擁する。

 上記の通り、オビリック会自体は若者たちの同好会と言っても良いものであるが、
 グループが誕生してからそう長くない時期に歴史的な激動であるクロイティス銀河大戦が勃発し、
 結果的にではあったが、重要な役割を果たすことになったのである。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
アルヴィクター・デリヴォルド
 ※未来史登場
ヴェイガル オビリック会のメンバーで根性主義の熱血漢
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
アルスール・ラブルック ※未来史登場 リギロクス オビリック会のメンバー。
イリアステ・アルナタシア ※未来史登場 コアトーン オビリック会のメンバーでイタズラ好きな歴史学者
 イリアステ・スノーアの子孫に当たる。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ヴァージスト・アルクェイオス
 ※未来史登場
ジディム(ガディム) オビリック会のメンバー、優れた戦士だが短気
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
オルタナ・フィリギース ※未来史登場 ブイオリノン オビリック会のメンバー、苦労人だが影が薄い。
グラシュエル・ウィンゼル ※未来史登場 セラム オビリック会のメンバー、実力はあるが大人しい
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ケオーウィ ※未来史登場 メルグリア 精神干渉魔人族の数少ない生き残り。
 マクリーンに感化され、その遺志を継ぐ1人になる。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
サルバデス・ガーロス ※未来史登場 ゼプト オビリック会のメンバーでエリート気質の強い性格。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シアス・リグネフィナ ※未来史登場 フュンフェーギ オビリック会のメンバーで警備大手EA社の社長令嬢
 火器の扱いに慣れた女戦士でもある。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シェリオ・クリスタ ※未来史登場 ギャロネック ケイン・クリスタの子孫で博学、人格的には女性。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シェレリアス・クラウディーネ
 ※未来史登場
ユスラビオン オビリック会のメンバーでステア・オルヴィエル先輩
 ケイロアス大元主席でエリート気質が強い。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シュイートゥ ※未来史登場 ポッパー オビリック会のメンバーで優れた菓子職人
ステア・オルヴィエル ※未来史登場 ユスラビオン(強化体) ブリガンディゲード及びオビリック会のメンバー。
 大人しいが進化型ジェネティックで潜在能力は高い。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
チェリア・マルシア ※未来史登場 スピオアレス オビリック会のメンバーで好奇心旺盛な作家
ティオパール・ヴェクトレス
 ※未来史登場
グニパリル混血 イクシアステア・オルヴィエルの友人。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ティニー・ゲーゾル ※未来史登場 ジルカナン オビリック会のメンバー、天然気質なムードメーカー。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ノイン・タッチィ ※未来史登場 サイラム オビリック会のメンバー、実力あるがズレたプレイボーイ
 ケオーウィの魔眼に惹きつけられ「追っかけ」となる。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
パージョン・ハルトリー ※未来史登場 ペイスフィン オビリック会のメンバーでリセルタ選手
パス・イエル ※未来史登場 レイオシス オネルエス図書館司書オビリック会所属。
 雄性期にあるが中性的な容姿
ブルード・アイスティン ※未来史登場 ネヴィリアン オビリック会のメンバーでステア・オルヴィエル先輩
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ブロドーラ・シェリー ※未来史登場 アークス・ネオス オビリック会のメンバーで料理店の勝気な娘
 『CROYTIS』登場キャラ。
ヘルディガーク ※未来史登場 ゾイドノイド オビリック会のメンバー、サルベージされた旧式強化人間
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
へロン・クレイコー ※未来史登場 スピオアレス亜種 オビリック会メンバー、強大な潜在能力を秘める。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ホプフェ ※未来史登場 デスピジェント亜種 深宇宙から飛来したハイブリッド種族の末裔。
 オビリック会メンバーに興味を示し行動を共にする、手癖が悪い。
マローリー・ザイーネ ※未来史登場 サンドリアン オビリック会のメンバー、博識だが近眼で演説好き
ミュレイン・マーキル ※未来史登場 ウィラメール オビリック会のメンバー、ステア・オルヴィエル仰ぎ慕う
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ラシス・アイスティン ※未来史登場 ヴァルキアシス オビリック会のメンバーでブルード種を超えた配偶者
 旧姓ノルウェル、温厚な性格だが芯は太い
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ラナート ※未来史登場 アルティノイド オビリック会のメンバーでルティア後輩
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
リーマー・ルルミール ※未来史登場 トラマラズル オビリック会のメンバー、シウに師事した格闘家でもある。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ロルドーク・シャルベス ※未来史登場 ヤックディラ オビリック会のメンバー、銀河を超えたコネクションを持つ。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
【設定背景】
 2011年頃白銀の賢者氏が投稿した組織で、「遠未来史における少年少女の同好会」というコンセプトの組織。
 設定文にもある通り厳密には義勇組織ではないが、重大な事件に関わるのと、構成員が多いため特集した。
 

 
★オルヴェイン ※未来史登場組織
カテゴリ 民間防災組織
所属銀河系 漂流(ガムス・ナーガ内組織)
同盟組織 (整備中^^;)
【組織概要】
 ガムス・ナーガ第3の都市核クレゼンティを拠点とする民間防災団の1つ。
 事故や災害、窃盗事件や暴力沙汰など幅広い事件に対処する民間人たちのチームであり、
 自警団のようなものとも言えるが、スポンサーがあり補助金を受けるなど企業的な側面もある。
 本格的な軍事知識を持つ者もいるが、有事が一定の線を越えれば自治区専属の防衛団に権限を移譲する。

 オルヴェインはクルヴェインオルハーグ・ライネガー基準年時代約1500年後に創始したもので、
 その歴史はこの街の防災団としてはまだまだ浅い方だが、人材の層が厚いことで知られている。
 メンバーの多くが格闘術の1種・ライネガー流無手の使い手。
 約2000年後に起きたクレゼンティ事件で活躍したグループの1つ。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
アルレン・セフミット ※未来史登場 ゼレフ 運送業者で銃撃の名手。
ヴェリコ・ウィンディア
 ※未来史登場
マノティクト キャネルの養子でオルヴェインのメンバー。
エレンディル・ライネガー
 ※未来史登場
クルヴェイン オルヴェインのメンバーで体育教師
オルハーグ・ライネガー ※未来史登場 クルヴェイン オルヴェインの創始者でエレンディルの父。
 ライネガー流無手(武術)の開祖でもある。
キャネル・ウィンディア ※未来史登場 ザヴァラン 輸送業を営むオルヴェインの女団長
サロム・レックセット ※未来史登場 テラクス クレゼンティに住むフリーのエンジニア
ワットソー・アーボン ※未来史登場 セブネクス オルヴェインムードメーカーで身軽な戦士。
◆保有装備等
装備名 装備分類 概 要 等
オルヴェイン式リパルーツ
ライネガー流無手
【設定背景】
 2010年にイメージした組織で、複数の版権作品に影響を受けているが、直接のモチーフはない。
 ガムス・ナーガという星間宇宙を漂流する都市で活躍するチームというコンセプトで作ったもの。
 

 
★スピリオーディア龍士団
カテゴリ ザイオロード連合
所属銀河系 (複数の銀河系にまたがる)
同盟組織 (整備中^^;)
【組織概要】
 ギャラクシーモスラドミニオーグが、数十万年前に創始した義勇戦士団
 神獣族など知的なザイオロード種族主戦力とし、原則として武器を使わないことを信条とする。
 (ただしアルティラン真装体のように、ボディに組み込まれた追加戦力は例外として除外する)

 主な拠点はクリティアス銀河系の宇宙都市クリティエル・テクトラクタであるが、
 これは文明種族との連絡拠点として機能させるためであり、基地としての意味合いはない。
 「自身の素体能力のみで戦う戦士団」である彼らに、武器庫としての基地など必要ないからだ。
 因みに龍士とは守護者の称号の1つであり、竜属とは直接関係しない。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
ヴァーナス ザフェロード ザフェロード竜族の知的で勇猛な獣戦士。
 スピリオーディア龍士団に属しドミニオーグの弟子。
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ガルフェン・ティタノーム レネヴァン アルマザルの弟子で若きレネヴァンの戦士
サザドラグーン フォロビアー 乱暴者の高位体だったが後に伝説の獣士となる。
シェルザード(蒼炎龍) (ザイオロイド型神獣) シェナムフォルザムス合体して生まれる巨神竜
 スピリオーディア龍士団のメンバーで蒼炎龍の異名を持つ。
ゼネドラス ギドラ変種 知的なギドラ変種ドミニオーグの弟子。
ドミニオーグ モスラ亜種
(ギャラクシーモスラ)
ギャラクシーモスラの1体で戦神獣
 スピリオーディア龍士団リーダーでもある。
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
【設定背景】
 2011年にイメージした組織で、複数の版権作品に影響を受けているが、直接のモチーフはない。
 文明秩序を持たないが知能があるという神獣族のカテゴリで、防衛組織のようなものを作りたかっただけである(爆)
 

 
★デル・ヴォス
カテゴリ ゾアクロイド連合(穏健派)
所属銀河系 (複数の銀河系にまたがる)
同盟組織 ディガス
【組織概要】
 穏健派ゾアクロイドたちによる、文明秩序を重視する異色の魔族組織
 筆頭格はザルギアンの長老ザルガ・ギラだが、組織はそれ以前からあったらしい。
 「ゾアクロイドの能力を秩序のために使う」ポリシーのため、破壊活動は基本行わず、
 逆にディガスなどと連携して武装勢力に対峙するため、ヴァーツ等からは異端視されている。
 ただし必ずしも反ヴァーツで行動するわけでもないようである。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
ガイム
ゾルディアン デル・ヴォスに所属する小柄な魔人。
 元ヴァーツ将校でザニンの部下だった。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ガデル ギュリアン デル・ヴォス出身のブリガンディゲード要員。
ゴルマ ゾルギアン デル・ヴォス所属の魔戦士。
ザーギル ギルズ強化変種 ヴァーツ強化魔人、現デル・ヴォス所属。
ザルガ・ギラ
ザルギアン デル・ヴォス総統、強大で思慮深い老魔戦士
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ジェドラム セグロード デル・ヴォスのニヒルな魔戦士
ジルク
ハーディシアン デル・ヴォスに所属する元ヴァーツの小柄な魔戦士
 『CROYTIS』登場キャラ。
ログ・ヴェイラ ザルギアン デル・ヴォスナンバー2だが単独行動を好む。
 『CROYTIS』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
【設定背景】
 1990年頃にイメージした古典組織で、当初はヴァーツの前身に当たる悪役組織であったが、
 ライバルが味方になって共闘する少年漫画の王道的妄想(核爆)を経て、主役援護側に付いた経緯がある。
 

 
★トビルセイド
カテゴリ 騎士団(強硬派)
所属銀河系 主にリーヴァス・アヴィエラ銀河団
同盟組織 アルティラ銀河警備隊
エルドヴァリウス
ディガス
リーヴァス・セイヴァネスロード
【組織概要】
 リーヴァス超銀河系を拠点とする、監視者たちの義勇組織
 ディガスセイヴァネスロードなどと同様、ゾアクロイド戦力として名高い“騎士団”であるが、
 実はその裏に、先鋭的なテロ組織としての闇を秘めている。

 というのも、トビルセイドの構成員たちは「神々の使命」頑ななまでに忠実であるがために、
 ゾアクロイドという“宇宙魔族”に強い敵意を向け、彼らの存在意義にも否定的だからだ。
 GDW世界観に置いて、ゾアクロイド危険性を有する種族群だが、決して「滅ぼすべき絶対悪」ではない。
 しかしながらトビルセイドは、ゾアクロイドの殲滅こそ正義であり、崇高なる使命と疑わないのだ。
 (この背景には、アナクゾーディを始めとしたゾアクロイド系武装組織に手を焼いているため、との指摘もある)

 トビルセイドのこうした“融通のなさ”は、実際に銀河のあちこちで火種を作っている。
 ゾアクロイド系武装勢力への攻撃に対してはしばしば、恐れ知らずで頼もしい騎士団となるが、
 「破壊行為に関心のないゾアクロイド系住人」にも、粛清と称してしばしば攻撃を仕掛けるために、
 トビルセイドへの評価は“功罪相半ば”と言われることが多いのである。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
ウィルティック・カルキネス ベルクリット トビルセイド所属の青年戦士。
セフェジー・ヒャランプラ ヘルゼスト リーヴァス銀河連合議員だったが、
 反ゾアクロイド思想が高じてトビルセイドに身を投じた。
ソルネ・ヒャランプラ ヘルゼスト セフェジートビルセイド所属。
 ゾアクロイド擁護派の神族に憎悪に近い反感を持つ。
ノルヴィール“ジャジネシス”レイザー
ジェディヴァント トビルセイド総統で巨大な老戦士
 必殺の熱線は1撃で大型の宇宙戦艦すら破壊する。
 『CROYTIS』登場キャラ。
バクオウル ベルセディス トビルセイドの勇猛な戦士で“四天王”の1人。
ヒュダスペス・グリミオン ベルクリット トビルセイドの勇猛な戦士で通称「首切り判事」
 リブゼラジル両親の暗殺事件に関与した。
ファイグスト・ディクステリア リヴレイズ トビルセイドの勇猛な戦士で“四天王”の1人。
マドグリー・リモワリス ゼクティアン トビルセイドの女戦士で先鋭な強硬派
【設定背景】
 2011年頃白銀の賢者氏が投稿した組織。
 「戦神族たちによる保守的で強硬な騎士団」のイメージで作られている。
 その強硬ぶりから悪役フラグが立ちまくっている(苦笑)が、ポジション的に「悪」ではないのである。
 

 
★人間界守護術士団(人間界の守護者達) ※通称・暫定名(汗)
カテゴリ 術士団(秘密結社)
所属銀河系 アトラス銀河系(ただし惑星アーク内限定組織)
同盟組織 アクエリアス
【組織概要】
 惑星アーク(地球)裏社会に存在する秘密結社の1つ。
 実質的な魔術師(法術師を含む)の集団であり、「魔物の脅威から人間界を守る」ため行動する。
 枢機卿会などが支援する“教会の使者”たちとは別組織だが、共闘することも多い。
 宗教的宗派を超越しているため、宗派に依存した術式に支配されていないのが特徴の1つ。
 アクエリアス同盟組織の1つでもあり、とりわけ魔界大戦時に活躍した。

 基本的には魔術的・霊的な意味での「防衛戦線」として振舞うが、
 大義と関係なく自身のスキル向上と宣伝のために、魔物を狩って回る“ハンター”も少なくない。
 組織内に「魔物は原則全て駆逐すべき」と考える“対魔強硬派”と、
 「人間に味方するなら共闘も選択肢のうち」と考える“対魔穏健派”が存在する。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
阿倍慎二 アークス(人類) 阿倍慎一双子の兄魔物ハンター
 闇を秘める冷酷な裏社会の戦士
 『CRYSIS』登場キャラ。
【設定背景】
 2016年に初めてイメージした組織だが、草案は1990年代からあった。
 「現代や近未来に活躍する魔術師や法術師の同盟」であり、
 ファンタジーでよくある魔術師チームと違って、宗派の枠を超えているのが特徴の1つ。
 そのため必ずしも「特定の宗教に影響された術式」に依存していない。
 (十字架などに代表される、特定の宗教イメージにG-ma自身が囚われたくなかったためだ)
 害獣駆除で駆り出される猟友会の、魔術師バージョンとも言える組織である。

 対魔組織であるために、基本は魔界出身者は「敵」と見なされることから、
 GDW銀河社会における、トビルセイドに似たポジションも持っている。
 本文の通り、現在カタカナ名称は未定(誰か中2脳くすぐる名前考えてください^^;)
 

 
★ライディエル騎士団
カテゴリ 騎士団
所属銀河系 コルサディル銀河系
同盟組織 エルドヴァリウス(再興後)
ディガス(再興後)
【組織概要】
 9万年ほど前にコルサディル銀河系に誕生した騎士団で、霊力を使う剣士の組織。
 暗黒教団ダグゼルとは天敵同士とも言うべき因縁の関係を持つ。
 始祖ラミアンディガス大使と言われており、コルサディア共和国と協調していたが傘下ではない。
 8万年前のユリス・コルサディル大戦壊滅的な打撃を受けたが、
 その後数万年かけて復興をとげ、再び銀河の守護騎士団に返り咲いた。

 旧共和国時代には銀河外組織との密接な関係はなかったが、
 新共和国(ネアロコルサディア)時代になって以降、ディガスを含む複数の銀河外組織と同盟関係を結んでいる。
 旧共和国時代と新共和国時代で組織構造に多少の差があり、それぞれを別組織とする見方もあるが、
 何万年という長い時間の間には変貌して当然であるのも事実と言える。

 
◆主要メンバー
メンバー名 種族名 概 要 等
ヴォーフェル・ザウロン ※過去史登場 ジェネリオス ユリス・コルサディル大戦で活躍したライディエル騎士
 片腕がなく独自の剣術をマスターしている。
エレン・オルトパイル ※過去史登場 コルサディアン
サキューレ・アールネヴュラ ※過去史登場 トゥヴィレクス 復興したライディエル騎士団のメンバー。
 コルサディル・アリエル危機で活躍した。
セルディライ・ラミアン ※過去史登場 ジェディヴァント ライディエル騎士団始祖とされる巨大な賢者
ソルメール・ラクスヴェイ ※過去史登場 サイラム 2刀流で伝説となったサイラムライディエル・マスター
ネイル・ドゥインロード ※過去史登場 コルサディアン 復興したライディエル騎士団のメンバー。
 コルサディル・アリエル危機で活躍した。
レイク・オルトパイル ※過去史登場 コルサディアン
レグゼル・ギューオン ※過去史登場 アミティアン 暗黒教団ダグゼルに寝返ったライディエル・マスター
 暗黒戦士名ダグジル・ギュルザン
レシェール・ブランツェン コルサディアン ブリガンディゲードのメンバーでライディエル騎士
【設定背景】
 2013年に設定した義勇組織で、『スターウォーズ』ジェダイ騎士団がモチーフ。
 元々旧OW企画にてリンクさせた、ある異世界創作設定を関連させていたが、企画打ち切りに伴って独立させた経緯がある。
 コスチュームも和装ファンタジー風のジェダイ騎士よりも、西洋の騎士をSF風味にしたイメージを考えている。
 因みにディガスにもジェダイ騎士団のソースがあるが、ディガスそのものはジェダイをモチーフとした組織ではない。
 (ディガス自体はジェダイを知る前からあった組織であり、ジェダイの影響があるとすれば設定後に受けたと言える)
 





 

 
★コラム:守護者の称号とホワイトリスト龍師関連リストホワイトリスト設定背景
守護者の称号とは、GDW世界観において、1種特別な肩書であり、その存在の格に影響を及ぼすものである。
 銀河社会に存在する多くの国家や組織が似たような肩書きを作っているが、
 GDW世界観の汎宇宙的な概念上での守護者の称号とは、これら国家や組織が決める格とは一線を画すものであり、
 文字通り「銀河レベルで伝説になるに値する存在」であることを意味すると考えて差し支えない。

 守護者の称号認定・付与する権限を持つのは、リーヴァス超銀河団宙域においては、
 リーヴァス宇宙連合グラントラクシア会議2大監視者共同体にほぼ限られる。
 これらはGDW世界観が認識可能な、最高知性の集合体であり、
 これらの組織に「認定される」ことはある意味、銀河社会への奉仕者として最高かつ至上の名誉だと言えよう。

 守護者の称号には複数の種類があるが、有名なものは龍士・龍師・龍神将守護戦士階級であろう。
 “守護者”といっても必ずしも戦士やそれに準じる能力者ばかりではないのだが、
 やはりこうした使命や職務を持つ者が目立ち、花形として認識されやすいためであろう。
 龍とあるが竜属とは関係なく、高い適応力を持ち神獣族も多い竜属にあやかったものであり、
 龍士や龍師に認定される守護戦士は必ずしも竜属系統ばかりではない。

 龍士(オージェント)はその優れた能力を持って、宇宙秩序の維持と発展に積極的に貢献する守護戦士を意味し、
 銀河社会において相応の実績や影響力を持っていれば、その能力の大小は問われない。
 因みに申請して得られる称号ではなく、あくまでも厳格な評価によって認定されることが前提である。

 龍師(アナクオージェント)龍士の中でも守護神とも呼ぶべき高い能力と実績を持つ者を指し、
 能力水準の下限が規定されているわけではないが、認定者の多くが俗に言う“EX級(Gex10超)の能力者である。
 種族の壁に書いてあるように、このスペックを有する者は「惑星秩序の手に負えない」レベルであり、
 それほどの能力を「暴走することなく状況に応じて使いこなすことができる」ことは大きな意味を持つ。
 この能力レベルは核兵器などの超国家水準の戦略軍事兵器に匹敵する影響力を持つため、
 それを「宇宙秩序と銀河社会のために使いこなす」意義は文字通り、神話的な重みを持っているのである。

 龍神将(オルディロード)龍士龍師の上に立つ究極の守護戦士マスターであり、
 リーヴァス超銀河団宙域内においては7人という“定員”を持つのが特徴の1つである。
 龍師認定の守護戦士の中でもひときわ強大でかつ指揮官として有能な者を指し、
 やはりスペックの下限規定はないものの、事実上過去に認定された全員が魔神の壁(Gex15)を超えている。
 龍神将はヴァーツ超魔神クラスと1対1で対峙することのできるほぼ唯一の守護戦力であり、
 同時に銀河列強防衛軍の総指揮官に任命可能な資質と作戦能力を併せ持つ。

 1方、ヴァーツを始め、銀河社会に否定的・挑戦的な勢力はこうした守護戦士を強く警戒しており、
 要警戒対象として監視し、またあわよくば暗殺や謀殺を狙っている場合も少なくない。
 こうした反社会組織が、守護者たちを警戒するために作成するデータベースを、ホワイトリストと呼ぶことがある。
 正式名称ではないが、“危険人物”の名簿をブラックリストなどと呼ぶため、対義語として生まれたものだ。
 中でもヴァーツは銀河団を超えるスケールでこうしたリストを整備しており、
 龍師以上の守護戦士や銀河列強指導者などを列記したリストを“ピュアホワイト”などと呼ぶこともあるらしい。

 
龍師関連リスト龍神将を含む、龍士は数が膨大なため省略)
個 体 名 種 族 クラス 性別 個 体 概 要 備考等
【龍師】
アヴィガル
ネオシス EX 法神の異名を持つ大賢者ディガス幹部。
 戦士としても伝説的な能力を秘めている。
 オリオン大戦に艦隊を率いて介入した。
アテーン・ミネルクヴァ
ベルクリット EX ローグリエル大帥軍指揮を執る戦場の女神。
 「リーヴァス最強の女戦士」の異名を持つ。
 スティンゲルの出生に深く関わっている。
白銀の賢者氏原案投稿。
 戦女神アテナがモチーフ。
アルフェイゼン スペリオス EX スペリオーグ機動団幹部級将校の1人。
ヴァーナス
ザフェロード EX ザフェロード竜族の知的で勇猛な獣戦士。
 スピリオーディア龍士団に属しドミニオーグの弟子。
ヴァグナ・ドラン ラトリアン SS 腕と目に傷を持つベテランのディガス大使
ヴィガ・ヴェギアム
ヴェイガル SS ヴェギアス国王で優秀なディガス大使
 盲目だったが義眼を埋め疑似視覚を再現。
ヴェルゼッグ・アドライグス ウィラメール EX ブリガンディゲードのメンバーで元ディガス大使長 飛石武氏原案投稿。
ウォーラノス・ディオゴーニア リヴレイズ EX ブリガンディゲード副団長 飛石武氏原案投稿。
ヴォルス・カムラン ゼプト EX 武者修行として遠方銀河に旅をした血気盛んな戦士。
 数千年後アトラスディガス大使長となる。
『西遊記』孫悟空がモチーフ。
エターナレイヌ モスラ EX ギャラクシーモスラの1体で光の使徒
オルジェ
べルセディス EX ディガスアヴィエラ銀河系大使長
オルドール・イングリッドム レネヴァン SS ブリガンディゲードのメンバー。 飛石武氏原案投稿。
カムエス・カーネル
エリジェルオン EX レホルリン神獣騎団筆頭格ディガス高位大使 白銀の賢者氏原案投稿。
カロン・ライズ ヴァジュロック EX 惑星ヴァドピーク出身の格闘家フェイロンの弟子。 『DB』孫悟空がモチーフ。
グレアス・ウィシア
ウィラメール SS グレアス・ガンドディガス大使
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
白銀の賢者氏原案投稿。
グレアス・ガンド ウィラメール EX ウィラメールの国王に当たり、同種最強の戦士 白銀の賢者氏原案投稿。
コピエン・クーセギ ホルヴィスト EX 光弓の達人にしてローグリエル高官。 白銀の賢者氏原案投稿。
 月神アルテミスがモチーフ。
サナディール・エルザール
セラム SS 羽を消す能力を持つセラムのディガス大使
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ザルガ・ギラ
ザルギアン EX デル・ヴォス総統、強大で思慮深い老魔戦士
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ジーク
アルティラン SS ブリガンディゲードのメンバー。 飛石武氏原案投稿。
シャムギル・インディルナ
アスレイジュ EX ずば抜けた戦闘力を持つディガス高位大使 白銀の賢者氏原案投稿。
シルヴァ アルティラン SS ブリガンディゲードのメンバー。 飛石武氏原案投稿。
スティル・アイオン
ラトリアン EX 銀髪のディガス高位大使、アウトローな戦士。
 『ガロヌ・狂わされた世界』『GUARDIANSU』登場キャラ。
スフラルヴィス アーヴィオン EX オメガ大戦生き証人の1体。
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
白銀の賢者氏原案投稿
セイリス マルケイオス EX レホルリン神獣騎団筆頭格の竜神騎士カムエス相棒。 白銀の賢者氏原案投稿
セティエル
スペリオス EX 強大な能力を持つディガス高位大使、生真面目な性格。
 闇戦士ヴァクセンとは因縁がある。
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ゼネドラス ギドラ EX 知的なギドラ変種ドミニオーグの弟子。
ゾフィ
アルティラン EX アトラス銀河警備隊長ディガス大使 GDWにおけるゾフィー
タロウ(GDW版) アルティラン EX U一ノ介氏原案投稿。
 GDWにおけるウルトラマンタロウ
ディヴァリアス ネオシス EX ブリガンディゲード創始者ディガス高位大使 飛石武氏原案投稿。
ディナクメトゥス メルジャイン EX 寡黙だが行動的ディガス高位大使
ドミニオーグ モスラ EX ギャラクシーモスラの1体で戦神獣
 スピリオーディア団リーダーでもある。
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
トルネリーク ヤクシャーマル SS エネルギー制御に優れた巨大なローグリエル軍高官。 白銀の賢者氏原案投稿
ノルヴィール・レイザー
ジェディヴァント EX トビルセイド総統で巨大な老戦士
 必殺の熱線は1撃で大型の宇宙戦艦すら破壊する。
パエラチャリ ガルドルフィス EX ポロテラスのパートナーで強大な光の神鳥 白銀の賢者氏原案投稿。
 アポロンの馬車がモチーフ。
パゴラ・カーン ホルヴィスト EX 放浪癖のある勇猛なディガス大使
バベル
アルティラン SS 巨砲を装備する怪力の後方支援要員。 白銀の賢者氏原案投稿。
 (ただしG-maとの合作
パラドゥン・セティ・エルシアム オルヴェラン EX 巨体を持つクールな監視者系ディガス高位大使
ハルシム・カーヴェイト
アイレイズ SS 6つの光刃を使うディガスの剣士。
バルディウス・エンドラム
ゼノディクト EX コルヴィアス銀河系ディガス大使長
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
ポロテラス・ドラーイェン リヴレイズ
【龍神将】
エル・ドレイン
ラトリアン EX 数万年を生きるディガス大使深い因縁の持ち主。
 クロイティス大戦でその因縁を清算する宿命を持つ。
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シュゼナス・ヴァリエント
リヴレイズ EX スペリオーグ機動団総司令官
 龍神将の格を持つ強大な巨人の老兵
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
ドラゴン・ガーダー
ラトリアン EX 若くて強大なアトラス銀河系ディガス大使長
 龍神将の格を持ち、後にイグザ銀河系の大使長も任じた。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ホワイトリスト(主にヴァーツによる要警戒守護者のリスト/ピュアホワイト※守護戦士に限らず宇宙的に影響力が強いキャラクターを指す。
個 体 名 種族内系統 クラス 性別 個 体 概 要 備考等
アヴィガル
ネオシス EX 法神の異名を持つ大賢者ディガス幹部。
 戦士としても伝説的な能力を秘めている。
 オリオン大戦に艦隊を率いて介入した。
アテーン・ミネルクヴァ
ベルクリット EX ローグリエル大帥軍指揮を執る戦場の女神。
 「リーヴァス最強の女戦士」の異名を持つ。
 スティンゲルの出生に深く関わっている。
白銀の賢者氏原案投稿。
 戦女神アテナがモチーフ。
エターナレイヌ モスラ EX ギャラクシーモスラの1体で光の使徒
エル・ドレイン
ラトリアン EX 数万年を生きるディガス大使深い因縁の持ち主。
 クロイティス大戦でその因縁を清算する宿命を持つ。
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
オルジェ
べルセディス EX ディガスアヴィエラ銀河系大使長
グレアス・ガンド ウィラメール EX ウィラメールの国王に当たり、同種最強の戦士
 国王退位後はアトラス連合議員となる。
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
白銀の賢者氏原案投稿。
ザルガ・ギラ
ザルギアン EX デル・ヴォス総統、強大で思慮深い老魔戦士
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
シャムギル・インディルナ
アスレイジュ EX ずば抜けた戦闘力を持つディガス高位大使 白銀の賢者氏原案投稿。
シュゼナス・ヴァリエント
リヴレイズ EX スペリオーグ機動団総司令官
 龍神将の格を持つ強大な巨人の老兵
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
セティエル
スペリオス EX 強大な能力を持つディガス高位大使、生真面目な性格。
 闇戦士ヴァクセンとは因縁がある。
 『クロイティスへの道程』『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ソラリエル・レヴィエム
セラム 連合の正義を重視するアトラス連合元老院議長
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ドミニオーグ モスラ EX ギャラクシーモスラの1体で戦神獣
 スピリオーディア団リーダーでもある。
 『GUARDIANS-EX』登場キャラ。
ドラゴン・ガーダー
ラトリアン EX 若くて強大なアトラス銀河系ディガス大使長
 龍神将の格を持ち、後にイグザ銀河系の大使長も任じた。
 『GUARDIANS』登場キャラ。
ノルヴィール・レイザー
ジェディヴァント EX トビルセイド総統で巨大な老戦士
 必殺の熱線は1撃で大型の宇宙戦艦すら破壊する。
バルディウス・エンドラム
ゼノディクト EX コルヴィアス銀河系ディガス大使長
 『クロイティスへの道程』登場キャラ。
マサムロン・ジョーシ アーカトラス 白銀の賢者氏原案投稿。
設定背景
 1995年頃、G-maがまだインフレ戦士設定の大好きだった頃(笑)に作った設定が守護戦士階級である。
 龍士・龍師・龍神将の呼称は当時からだが、カタカナ用語はGDW整備後に追加した。
 当時は文字通り「創造主に選ばれた究極の戦士」であったが、GDWが非戦国世界観を標榜するため、
 「究極の戦士」である属性は残っているが、その認定基準は以前よりも厳しくなっている(爆)
 ディガス大使などにも言えることだが、「ただ強いだけ」では守護戦士足り得ないと考えるためだ。

 1方ホワイトリストの概念は2009年頃に生まれたもので、「悪党が勇者を警戒するリストがあったっていい」と思って作ったものである(笑)
 因みにホワイトリスト上位名簿“ピュアホワイト”の原案は白銀の賢者氏による。

 また本文にも書いているが、守護者の称号戦士キャラに限定したものではないため、現時点では未設定であるが、
 今後「賢者属性特化型」の守護者の称号も作ろうと考えている。