★大災害データベース/近年の世界の主な事故災害(2021年以降)

    

 2021年以降に世界で起きた主な事故災害のリストです(2011〜2020年はこちら

 多数の死不明者、家屋等損壊ないし物的損失を出した大事故などを主に扱っています。
 基準としては死不明50人以上、負傷1,000以上が原則基準です(ただし特筆事件は例外とします)
 暴動やテロ事件なども混じっておりますが、長期にわたる紛争や内戦は含んでいません。
 (長期間に及ぶ紛争などは茶色の枠で特記する場合があります)
 参考資料は各種年鑑報道記事、災害情報サイト『レスキューナウ』などから。

 死・不明者200人以上、負傷者5,000人以上、損壊1万棟以上などの激甚被害や、
 被害総額1兆円(およそ100億ドル)以上は青い枠で表示しております。

 管理人G-maの情報収集の不備などから、1部の情報が不完全であったり、古い場合があります。
 悪しからずご了承ください。

 2001〜2005年(別ページ)
 2006〜2010年(別ページ)
 2011〜2015年(別ページ)
 2016〜2020年(別ページ)
 2021年以降

 【参考コンテンツ】
 近年の世界の主な自然災害(2021年以降)
 近年の日本の主な自然災害(2021年以降)
 世界の主な巨大地震(1990年以降)
 世界の主な被害地震(1990年以降)

 
 

 
2021年以降の事故災害(テロや暴動など突発的な大規模事件を含む)
発生日 発生地域 災害種類 被 害 等 概 要
2021.01.06 アメリカ東部
(ワシントンD.C.)
暴動・衝突 ワシントン連邦議会占拠事件
 大統領選挙で敗北したドナルド・トランプ氏を支持する市民が議会を襲撃し1時占拠した。
 局部的な銃撃戦などで警官など数名が死亡、世界的な注目を浴びたため特記する。
 アメリカ連邦議会が襲撃されたのは200年以上前の米英戦争以来とされており、
 現在のアメリカ情勢の混沌を象徴する事件とされている。
 (4月にも連邦議会に車が突っ込む襲撃事件が起こり警官が死亡した)
 (2023年1月にはブラジル首都ブラジリアでも選挙結果に不服な暴徒が襲撃事件を起こした)
2021.01- ミャンマー 【参考】ミャンマー動乱(仮/実質的に内戦化
 ※国軍クーデターで政府機能を奪還してから、不安定な情勢が続く。
  2021〜2022年の間に2,000人以上が死亡したとされている他、
  2023年以降に少数民族の武装蜂起が続発し実質的に内戦となる。
  同年末までに動乱の死者は5,000〜6,000人に上ったとの報道もある。
2021.02- エクアドル 暴動・衝突 死70以上、刑務所内のギャング・マフィア派閥の衝突とされる。
2021.03- バングラデシュ東部 火災 ロヒンギャ難民キャンプで火災が発生、数十名が死亡、不明が数百人に上る。
エジプト東部 船舶事故 超巨大コンテナ船「エバーギブン」の座礁によりスエズ運河が1時封鎖状態となる。
 (運河の幅よりエバーギブンの船体が長いため座礁で運河を完全に塞いでしまった)
 目立った死傷者はいないが、シーレーンの麻痺が大きな注目を浴びたため特記する。
2021.04.02 台湾東部 列車事故 死50、傷150、花蓮近郊で転落した作業車と特急電車が衝突しトンネル内で脱線大破
 台湾最大級の列車事故となり、邦人親子も負傷した(後に死49に修正された)
2021.04.24 イラク中部 爆発火災 死80超、バグダッドコロナ対応病院で酸素ボンベの爆発による火災が起きた。
 (7/12にも同じく病院で爆発火災が起き90人以上が死亡した)
2021.05- パレスチナ 軍事衝突 エルサレムでのデモ騒乱を引き金にイスラエル軍ハマスの広範な武力衝突に発展。
 死不200以上2014年の軍事衝突以来の規模とされている。
 (2023年4月にも本格的な衝突が起こっており数十人以上が死亡している)
2021.06.06 パキスタン 列車事故 死60超、急行列車の正面衝突と言われている。
2021.06- ナイジェリア 襲撃テロ 死130〜160、過激派が“異教徒”の村を襲撃した。
2021.06.24 アメリカ南東部
(フロリダ州)
崩壊事故 死不100前後、マイアミの12階建てリゾートマンションが崩壊した。
 基礎の不同沈下などが指摘されているが、詳しい原因は分かっていない。
2021.07- 南アフリカ 暴動 死300以上、前大統領の逮捕に抗議するデモが暴徒化した。
 鎮圧のために警官隊が発砲しており、死傷者を増やす結果になっている。
2021.08- アフガニスタン 政争・騒乱 米軍撤退後のアフガニスタンタリバン電撃掌握(8/15)し世界的に注目される。
 タリバンは穏健統治を表明するが市中ではパニック的な国外退避の動きが加速。
 8/26にはカブールISISによる便乗テロが起き、180人以上の死者を出した。
 今後の情勢次第では、過去の内戦が復活する恐れもある。
 また米軍撤退後の急展開は欧米の対イスラム政策に影響を及ぼすという説もある。
 (その後更にテロや衝突が続発し、合計の死者は250人を越える)
2021.09.29 エクアドル 暴動・衝突 死110以上、傷80以上、刑務所内のギャング・マフィア派閥の衝突とされる。
 (11/12にも再び所内抗争が起き60人以上が死亡した)
2021.11.04 ニジェール 襲撃テロ 死60以上、過激派が“異教徒”の村を襲撃した。
2021.11.05 シエラレオネ 爆発火災 死90以上、タンクローリーの事故と燃料窃盗を試みた群衆による。
2021.11.25 ロシア 爆発火災 死50以上、西シベリアの炭鉱で爆発が起きた。
2021.12.09 メキシコ南部 車両事故 死50以上、不法移民を積んだコンテナトレーラーが横転。
2021.12.13 ハイチ北部 爆発火災 死70以上、タンクローリーの事故と燃料窃盗を試みた群衆による。
2021.12.17 日本・大阪 放火火災 死25以上、大阪・北新地のクリニックが放火され死傷多数。
 容疑者も重篤(後に死亡)で、2019年京都アニメーション火災を模倣した疑いがある。
 (リスト基準に満たないが、日本では珍しい事件であり、大きく注目されたため特筆)
2022.01- カザフスタン 暴動 死200以上、燃料コスト値上げに抗議するデモが暴徒化した。
 鎮圧のために警官隊や軍隊が発砲しており、死傷者を増やす結果になっている。
 ロシア軍も介入しており、暴徒化の背景に“工作員”の暗躍が疑われている)
2022.01.21- シリア北部 襲撃テロ 死200以上ISISが刑務所を襲撃した。
 数日間に渡って激しい銃撃戦となった模様で、双方に死傷者が出ている。
2022.02.24- ロシア・ウクライナ
(戦火はウクライナ国内に集中)
【参考】ウクライナ戦争(「ロシア・ウクライナ戦争」とも)
 ※2014年危機の延長にあるが、今回はロシア軍全面的な侵攻を行った。
  ウクライナの親NATO政権を軍事力で潰し、属国化する意図があると批判されている。
  「第2次大戦以来の危機」との評価もあり、国際社会の激しい非難を招いている。
  また侵攻を受けたウクライナで1,000万人を越す難民(国内避難含)が発生している。
  ウクライナ産小麦の輸出などが停滞し、大規模な食糧難も引き起こされている。
  9月末にロシアはウクライナ東部占領地の併合を強行、対立に更に拍車がかかった。
  開戦1年までに両国の軍及び民間人に8〜12万人以上の死者が出たと見られる。
 (開戦2年後以降には更に多くの犠牲者が出たと見られている)
2022.03.04 パキスタン北部 爆弾テロ 死50以上、ペシャワルのモスクで自爆テロ、ISISが声明を出している。
2022.03.22 中国南部 旅客機事故 死不120以上(乗員乗客全員)、着陸前に急降下し山腹に激突、パイロット拡大自殺説も。
2022.04.29 中国中南部 ビル崩壊 死不50以上、湖南省・長沙の6階建ての雑居ビルが崩壊。
2022.07.08 日本・奈良 要人襲撃 安倍晋三元首相が参院選応援演説中に銃撃され死亡。
 首相経験者の“暗殺”は戦後初で、国内のみならず世界的に注目された。
 警察の護衛に重大な不備があったことで批判も大きかった。
 (リスト基準に満たないが、歴史的な重大性を持つ事件と言えるため特筆)
 また9月末に安倍氏の国葬日本武道館で実施された。
 (2023年4月には和歌山で岸田首相にパイプ爆弾を投げつける襲撃未遂事件も起きた)
2022.09- イラン 暴動・衝突 死200以上ヒジャブ着用を巡る死亡事態から全国に拡大した。
 イラン革命以来最大級の反体制運動だという指摘もある。
 政府は騒乱煽動容疑者などを死刑に処して圧力をかけるが長期化している。
2022.10.01 インドネシア中南部 暴動・衝突 死130以上、傷300以上、サッカー試合で観客が暴動を起こし群衆雪崩が起きた模様。
 治安部隊が催涙弾を打ちパニックが起きたようで、その選択も批判されている。
 スポーツ試合に絡んで起きた暴動では最大級の事件。
2022.10.07 ナイジェリア 船舶事故 死不70以上、フェリーが転覆。
2022.10.29 ソマリア南部 爆弾テロ 死100以上、傷300以上、首都モガディシオで車爆弾が連続爆発
 2017年10月にも同じ場所で大規模な爆弾テロが起きており、関連性が疑われている。
韓国北部 群衆事故 死150以上、傷150以上、ソウル繁華街・梨泰院ハロウィン客など多数が群衆雪崩
 日本人留学生2人を含む外国人20人以上も犠牲に、大半が若者だった。
 韓国で死者100人を超える事故は2014年セウォル号沈没事故以来。
 事態を軽視した警察の対応遅れも批判されている。
2022.10.30 インド西部 橋梁事故 死不130以上、グジャラート州で補修したばかりの古い吊橋が崩壊した。
 補修工事の不完全さに加えて、耐久性を超える客が集中したとされている。
2023.01.15 ネパール 旅客機事故 死不70以上(乗員乗客全員)、着陸前に急旋回し渓谷に落下。
2023.01.29 パキスタン北部 船舶事故 死不50以上、渡し船が転覆。
2023.01.30 パキスタン北部 爆弾テロ 死100以上、傷200以上、ペシャワルのモスクで自爆テロ、ISISなどが犯行声明。
 パキスタンで起きた爆弾テロでは近年最大級とされる。
2023.02.17 シリア中部 襲撃テロ 死50以上、ISISの襲撃による。
2023.02- イタリア南部 船舶事故 死不60以上、難民船が沈没。
2023.02.28 ギリシア 列車事故 死55以上、貨物列車と特急列車の正面衝突により、大破した車両が炎上した。
2023.04- スーダン 【参考】第2次スーダン内戦(“第1次”は南スーダンが独立した時の戦禍を指す)
 ※国軍と国軍を支援する即応組織の権力闘争から起きた軍事衝突だが、
  スーダン全土に広がる武力闘争となり、多くの被害や人道危機をもたらした。
  開戦1年の2024年春にも収束しておらず、1万人以上の死者を数える。
 (※8月にはニジェールガボンでも立て続けに軍のクーデターが起きた)
2023.06.02 インド東部 列車事故 死不280以上、傷1,000以上、特急列車・貨物列車3編成が複雑に衝突・脱線。
 近年のインドで最悪の事故の1つとなった。
2023.06- ウクライナ南部 ダム決壊 死不100以上、へルソン州ノバカホフカダムの決壊による広範な水害。
 ウクライナ戦争の中で起きており、人為的に破壊された疑いが持たれている。
 (ただしロシアとウクライナのどちらが直接関与したかは国際社会では断定されておらず、
 戦火の中で損傷したダムが不可抗力で崩壊した可能性も指摘されている)
 広範な環境破壊が起きたとされており、“エコサイド”という言葉も注目された。
2023.06.12 ナイジェリア 船舶事故 死不100〜200、ニジェール川の渡河船が転覆。
2023.06.14 ギリシア沖 船舶事故 死不80〜数百、難民船が沈没。
 100人以上が救助されたが、400〜700人乗っていたという報道がある。
2023.07.30 パキスタン北西部 爆弾テロ 死50以上、傷100以上、ISISの犯行か。
2023.08.31 南アフリカ ビル火災 死不70以上、傷多数、ヨハネスブルクホームレスの溜まり場だったビルがほぼ全焼。
2023.09- アゼルバイジャン 軍事衝突 死不200以上ナゴルノカラバフ地区アルメニア系武装組織と衝突。
 アゼルバイジャン側が事態を収拾したようで、数十年来の紛争に決着が付いたが、
 そのために数万〜10万人規模の難民が発生している。
爆発火災 死不160以上、ナゴルノカラバフ地区ガソリンスタンドが爆発した。
2023.09.27 イラク北部 爆発火災 死100以上、傷150以上、結婚式場で花火がきっかけで施設の1部が損壊
2023.09.29 パキスタン南西部 爆弾テロ 死50以上、傷100以上。
2023.10.07- イスラエル
(戦火はガザ地区に集中)
【参考】ガザ戦争(「イスラエル・ガザ戦争」とも)
 ※10/7ハマスによる大規模なイスラエル奇襲攻撃から勃発した。
  イスラエル側で1,300人を超す死者1973年第4次中東戦争以来のこと。
  イスラエルはハマスに宣戦布告して戦時体制となり、ガザ地区に大規模な空爆。
  地上侵攻も実施され、パレスチナ側も開戦半年で3万人以上が死亡した。
  ヒズボラなどの武装勢力の本格参戦も懸念されている。
 (11月以降、ヨルダン川西岸などでも衝突が増えている模様)
  2024/4にはシリアのイラン大使館爆撃を機に、更なる情勢の悪化も危惧されている。
2024.01.02 日本・東京 旅客機事故 羽田空港の滑走路で海上保安庁の輸送機と日本航空の旅客機が衝突。
 海保側で5人が死亡、日航機側では17人の負傷者を出し両機が炎上した。
 (リスト基準に満たないが、珍しい重大事故で大きく注目されたため特記)
2024.01- ハイチ 政争・騒乱 ハイチ動乱(仮)
 死1,500以上、傷数千、首都ポルトープランスなどで衝突や襲撃が相次ぐ。
 ギャングの刑務所襲撃を皮切りに半ば無法地帯と化した状態にあり、
 3月に入ってもなお、軍や警察も事態を収拾出来ていないと言われている。
 政府も混乱状態にあり、首都機能が実質的にマヒ状態にある。
 (※ただし2023年にもギャング抗争などで数千人が犠牲になっている)
2024.01.03 イラン東部 爆弾テロ ケルマーンで死90以上、傷200以上、ISISが犯行声明。
2024.01.19 マリ南部 鉱山事故 死70以上、金鉱山が崩壊した模様。
2024.03.22 ロシア西部 襲撃テロ 死不200以上、傷数百、モスクワ郊外の公営コンサートホールで大規模な銃乱射と放火。
 ISISが犯行声明を出しているが、ロシア政府はウクライナの関与を主張している。
 テロのリスク情報の処理に幾つも疑惑がある模様。
2024.04.07 モザンビーク 船舶事故 死不120、疫病から脱出を試みた避難民運搬船が転覆。
2024.06- ソマリア・イエメン沖 船舶事故 死不200以上、難民船が転覆。