GDW雑記帳/G-ma夢紀行シリーズ(第4集)
第1集はこちら第2集はこちら第3集はこちら



     

 
 

G-ma夢と妄想に浸る人間である(笑)
過去数十年の間に様々な夢を見てきたが、その中には空想性の強い夢も多く、
GDW世界観などの創作にも影響を与えてきた。

考察16において、こうした夢ネタを1度取り上げたことがあるが、
その後もこうした空想的な夢を数多く見ており、
その1部は実際に創作のテーマにもなっているため、
独立したコラムシリーズとして取り上げることにした次第である。

2024年シリーズ
2023年シリーズ
2022年シリーズ

番外:記憶不明瞭シリーズ

関連:G-ma幼少期の世界観

 
 

 
★2022年シリーズ ※新しいものほど上に書いている。
◆夢の無限ループ脱出ゲーム(2022年)

 2022年の10月頃に見た夢。
 当初はバスに乗って旅行ツアーに参加するような雰囲気なのであるが、
 途中で急勾配の地下道に突っ込んで、地下鉄のコンコースみたいな所に突入するなど、
 カオスな展開になった先に、ゲームセンターのような風景が待っていた。

 このゲームセンターが、時々バラエティ番組などでもネタになる“脱出ゲーム”風味で、
 妙にブラックジョーク的というか、ホラーチックな演出で印象に残っている。
 機械仕掛けのイケメンゾンビの胸像みたいなものに向かって銃を撃つゲームがあったり、
 (牙を剥いて襲いかかってくる異様な演出で、顔そのものは整っているのだ)
 ツアー客の1部に委託するクイズ解答がメンバー全員の運命を決め
 溝のような所に吸い込まれると更なる別世界に連れて行かれたりするなど、
 死人が続出するような展開ではないとは言え、まるで『イカゲーム』の世界のようだ。

 選択が良い感じだと、バスツアーをしていた時の風景に戻ってくることも出来るのだが、
 そのバスツアーの行く先がまた脱出ゲームのテーマパークになっており、
 展開が“無限ループ”になっているのも不気味であった。
 休日の長寝で2度寝したのも、似た展開が繰り返した背景だったかも知れない(苦笑)
 2度寝で違う夢になることも多いが、今回は“第2部”があったのだ。
 雰囲気がイヤな夢は“続編”を見ることは余りないのだが。


 因みに今回は3度寝もしており(起きろよ)その際にはやっと違う夢になっている。
 こちらはG-ma創作嗜好の1つであるTSF(性転換フィクション)風味であり、
 女装させられた若い少年が、魔術みたいなもので女性に変えられていく夢だった(笑)
 不気味にリアルだった“脱出ゲームの夢”に対してこちらは全体にマンガ調で、
 ページをめくる代わりにスマホの画面を弄るような効果があったのも印象に残っている。
 スマホのマンガアプリを使ったことなどほとんどないのだが。

 
◆夢の核戦争(2022年)

 2022年の10月頃に見た夢。
 物騒な内容だが、現実世界が物騒な情勢になっている影響で見たものと思われる(汗)
 実はこれまでも“核爆発の夢”自体は何度か見ているのであるが、
 湧き上がるキノコ雲をぼんやり眺めているなど、どこか現実感のないものであったのだが、
 (夢の中で“被爆の覚悟”はある程度あるが、リアルなイメージではなかった)
 今回はリアル情勢の緊迫化を受けてか、これまでとは少々内容が変わっていたのである。

 家族や友人と一緒に、地下室のような場所で息を潜めているシーンがあり、
 入口や窓際近くにいる他の人間に避難を警告するなど、緊迫感が今までと違う雰囲気で、
 「自分は生き残ることが出来るのか」という不安感もずっと強いものであった。
 厳密なことを言うと、すぐ地上に出られるような地下室が核攻撃に耐えられる気もしないが、
 「キノコ雲をのんきに眺めていた」今までとは違う展開だったのは確かである。

 更にその後の展開もあり、妙に飛躍して「自分が60代になった頃」のイメージになっている。
 もちろん既に“核戦争”は終わっており、『北斗の拳』のような廃墟ではないが、
 太平洋戦争終結後の1940年代後半から1950年代当たりの雰囲気に似ていた記憶がある。
 戦前にあったもののほとんどを失って「焼け出された」状況下で、
 「これからどうやって暮らしていこうか」知人と議論しているイメージが記憶に残っている。
 20年後G-ma自身を想像しているわけだが、世界がまだ復興途上にある辺りも、
 時間感覚が曖昧な所為もあるが、「核戦争の復興が難しい」リアリティにも思えるのだ。

 実際に太平洋戦争(大東亜戦争)が終わって20年後と言えば1965年(昭和40年)であるが、
 当時は既に戦後復興が終わって高度成長期にあり、オリンピックも開催されていた。
 しかし“核戦争後”の復興が同じスピードで進むという確証は、目下どこにもないのである。
 永遠に『マッドマックス』のような無法世界が続くとは限らないものの、
 20年やそこらでは十分に復興出来ず、混沌とした情勢が続いていることは考えられる。
 『1984』『リベリオン』のような厳格な管理社会になっていることもあり得るだろう。

 まぁ実際に核戦争が起きれば、本当は悠長に議論などしている場合ではないかも知れないが、
 「経験する前」にそれをリアルに想像することも、簡単なことではないだろう。
 『北斗の拳』『マッドマックス』で描かれたような世紀末的な風景があり得る1方で、
 恐らくはケンシロウのような頼もしい“救世主”は現実にはいないはずなのである。
 太平洋戦争終結後がそうであったように、混沌の中でサバイバルを強いられるはずなのだ。
 何年で復興するかは予想が付かないが、その道が険しいことだけは間違いない。
 復興を遂げることが出来ても、数世紀ほど世界秩序が後退することもあり得ると思う。

 ただその1方で、全てを焼き尽くして人類が地上から消滅するイメージも意外とないのだ。
 『ターミネーター』のような「人類自体に敵対する」AIの反乱でも起きない限り、
 全世界を焼き尽くす“全面核戦争”を選択するバカもまずいないという希望がどこかにある。
 同じ人間である限り「全人類を滅ぼす」暴挙はちょっと考えにくいのだ。
 現実世界で“核恫喝”を繰り返すロシア北朝鮮にしたって、突き詰めれば自己保身であり、
 神話の悪魔そのもののような選択をするほど「考えなし」ではないと信じたいものだ。
 攻撃を受けた戦災被災者は認めないかも知れないが、彼らもいちおうは“人間”なのである。

 いきなり侵略を受け、知人や家族が殺されれば、加害者を悪魔のように憎むのは当然だが、
 それでもG-ma「加害者も人間である」という考えを捨てたくはない。
 例え綺麗事と嗤われても、自分の身内が殺されても、である……その1線は越えたくない。
 それを越えるのは「平和を否定する」のと同じだと考えているからだ。
 例え加害者が悪意や狂気の塊であっても、自分がそれに染まれば「知性の退化」となろう。
 憎悪や分断を越えていかなければ、世界平和は永遠に達成出来ないはずなのだ。

 実際問題、そういう「割り切り」が出来ず、憎悪を募らせる人間の方がたぶん多いので、
 それが「人間という種族の現時点での段階」なのだろう、という達観もどこかにある。
 ホモ・サピエンスという“文明種族”の究極的な限界だとは思いたくないが、
 確証は持てない……「次の進化」をしないと、このジレンマは越えられないかも知れない。
 これは終末思想ではない……進化はしばしば「絶滅の危機」が触発しているからだ。
 “核戦争の夢”は、そういった“文明への危機感”もあった気がする。
 このテーマ=“人類の限界説”も、最近のG-maを不安にさせている問題だからだ。

 人類が近い未来に暗黒面のジレンマを克服し、世界平和を実現出来れば御の字であるし、
 考察86などでも書いているように、G-ma自身も人類がそうなることに期待しているのだが、
 「必ずそうなる」とは誰にも断定できない……進化のきっかけに“激変”があるように、
 人類もまた「絶滅の危機」にさらされて初めて「次の段階」が見える可能性もある。
 そういう意味では、現在のジレンマ「ホモ・サピエンスの限界」と見ることも可能なのだ。
 自ら人類の可能性に悲観する、傲慢な視点とも言えるので好きではないが、
 そんな“悲観論”がふと頭をもたげるほどに、今の世界情勢は「危うい」のである。

 
◆夢の異世界大火災(2022年)

 2022年の8月頃に見た夢。
 当初は「異世界の自宅近傍で大火災が起きる」というディザスター的な空気から始まるが、
 夢の後半は自宅近傍とは全く無関係な別世界になっていたりする(爆)

 過去にも何度か書いているが、夢で登場する自宅は実際よりも大規模なマンションであり、
 迷路のような階段室がある1方で、エレベータは意外なほど小さかったりする(笑)
 防災的に考えると、色々と欠陥を抱えてそうな設計なのだ(苦笑)
 火災は当初、近傍の住宅地や団地から始まったイメージがあり、
 この火災が自宅マンションに延焼する寸前、という緊迫感を覚えている。
 そして他の住人にも呼びかけて、集団で脱出するという流れになるわけである。
 この辺までは「火災そのもの」はほとんどイメージに現れず、緊迫感だけがあるのだ。

 そして這々の体でマンションの外に脱出し、改めてマンションを見返すと、
 既に複数階に火災が延焼しており、さながら『タワーリング・インフェルノ』なのである。
 この辺りから、被災者としてよりも客観的な視点になった所為なのか、
 何十階もありそうな、聳え立つタワーマンションが林立するような風景に変わっており、
 何故か火災では出来そうにない、ミサイルでも食らったような、穴が開いたビルも見えた。
 恐らくこの辺りは、ウクライナ戦争などのイメージが混ざったのだと思う。

 そして夢から覚める直前には、何故かそこがニューヨークだとイメージしていたのである。
 ニューヨークに家を持ったことなど、生まれてこの方1度もないはずだが(爆)
 もちろんニューヨークといっても「異世界のニューヨーク」であり、
 現実でよく知られている建物はほぼない代わりに、何故か恐竜を模したビルがあったり、
 日系資本の高層ビルが何故か突然爆発するようなシーンがあったりするのだ(汗)

 “恐竜を模したビル”は、この直前に見た恐竜映画のまとめ動画に影響を受けたのだろう。
 もっとも恐竜といっても古典的なデザインで、ゴジラのような直立体形であり、
 その中に何十というフロアがあり、夢の中では既に“全焼”していたのだ。
 そして夢の中で、G-ma「2022年は本当にとんでもない年になったな」と思ったりした。
 逆に言えば、まさにそういう“特別感”が夢に出た可能性もあるだろう。
 ウクライナ戦争に始まり、記録的な猛暑がメディアを賑わせ、コロナ禍の“第7波”では、
 G-ma自身が発熱にやられたことも、恐らくは影響していたように思う。

 
◆夢のローカルウルトラワールド(&まとめつき)(2022年)

 2022年の8月頃に見た夢。
 G-ma構想・作成中“2次創作ウルトラワールド”と関連付けられそうな夢であり、
 人間社会と共存するウルトラ族や、怪獣から派生したようなクリーチャーが複数登場する。
 もっとも細部はかなりカオスであり、そこはまさに夢である(爆)

 実の所、夢の最初の方は「自作特撮動画を作る計画」みたいなイメージから始まっており、
 怪獣(?)の特殊メイクをしたおじさん(爆)みたいなキャラも登場したりするのだが、
 それがいつしか科特隊のような特殊部隊の若者が普通に登場したり、
 人間サイズの怪獣キャラのような生き物が、動物園で飼育されてるような風景になるのだ。
 実際作成中の2次創作も、「宇宙人や怪獣との共存」がテーマになっている。
 付け加えれば、こうした「異種族が日常に存在する世界」GDW世界観の基礎でもある。

 G-ma“怪獣ファン”でもあるため、夢に怪獣が登場する頻度もそれなりにある。
 ただ全体的に、ゴジラに代表される“東宝怪獣”が登場する夢が多く、
 ウルトラ怪獣ウルトラマンは意外と出てこなかったりする……どっちも同等に好きだが、
 「夢に出るようなリアリティ」は確かに東宝怪獣の方が“上手”なのかも知れない。
 まぁ『マタンゴ』のようなホラー仕立てでもない限り、東宝怪獣も言うほど怖くはないが、
 ヒーローに依存しない分、緊迫感を感じさせる作りが多いのは確かだろう。

 夢の中で「ゴジラに追われた」ことも実は数回あったりする(爆)
 特殊効果のリアリティに個人的なこだわりがあるため、
 特撮スタッフが自慢げに語るほど「リアルに見えない」不満がしばしばあったりするが、
 夢の中でそれを補完するような場面を経験するということかも知れない。
 ……もっとも夢から覚めると、夢の中身も“五十歩百歩”だったりするが(爆砕)

 
◆夢のカオス大遠足(2022年)

 2022年の8月頃に見た夢。
 時々見る「旅の夢」で、目的地に着かないまま終わる展開は同じパターンだが、
 途中の展開がコロコロ変わり、ある意味でバリエーションに富んでいるものであった。
 休日であったため、2度寝3度寝したのも原因かと思う(爆)

 何度も展開が変わっているため、最初の頃の内容はほとんど覚えていないのだが、
 奥まった山道を彷徨い歩いていたような記憶は漠然と残っている。
 またペンションのような施設に立ち寄ったことも覚えている。
 移動手段も、徒歩だったり自動車だったり、シーンによってバラバラなのである(笑)
 鳥の目線だった記憶もあるが、飛行機に乗っていた覚えはない(汗)

 5月の南九州旅行の影響も受けているのかな、という印象はある。
 途中で「作りかけの九州新幹線」横目に過ぎていくシーンがあるからだ。
 旅行をした時点で既に完成していた(実際それに乗った)ので矛盾した展開なのだが、
 夢の中は異世界なのである、よくあることだ(爆砕)
 しかも途中のルートも本来の九州新幹線とは違い、海をまたぐルートもあった。
 40階建てくらいの高層ビルも見た……何故か目の前で樹木のように成長していたが(爆)

 彷徨っていた山道から、人里に出てきた時の開放感も強く印象に残っている。
 目的地がハッキリしないまま「夢の物語に1人取り残される」展開の夢が多い中で、
 目的地ではないが「再び仲間と合流する」ような展開は意外と珍しい。
 この夢を見る前の現実世界で、仕事が1段落していたのも影響していたのかも知れない。
 結末のない夢は大体、現実世界で何かに追われている時によく見るからだ。
 またこの合流シーンでは、何故か“鉱物娘”らしき人外集団も見た。
 こういうアイデアが好きなので混ざったのだと思うが、夢で見る機会は意外と少ない。

 最後は目的地、というか帰途に着いて、高速道路のような場面を延々と走って終わる。
 G-ma自身は後部座席で半分寝ている状態で、運転手が誰かは覚えていない。
 やけに高齢だった印象もあるが、それが何を意味していたのかはサッパリである。
 自分でハンドルを握る夢も見るが、今回はそれはなかった。
 色々と移り変わったシーンは、G-maが深層心理で「冒険に飢えている」所為だろうか。

 
◆夢のメガストラクチャーズ(余談付き/2022年)

 2022年の8月頃に見た夢。
 巨大建築物が複数登場する夢で、超高層ビルや立体都市系に興味があるためか、
 そのテの夢もよく見るが、今回は少し趣が違うものであった。

 大きく分けて2つの巨大建造物が登場し、最初の建造物は「空に浮いている」ものだった。
 宇宙ステーションを除けば、リアルにこうした建造物は存在しないが、
 ラピュタのような浮遊島ではなく、「縦リングが絡み合う」謎の構造を持っていたのだ。
 どことなく“ワープゲート”っぽくも見えたが、リングから何か出てきたりはしなかった。

 2つ目の建造物は、今度は水平リングがドーム状に積み上がる構造を持っており、
 リング構造の直径が10km以上もありそうな、最初の浮遊建造物より更に巨大に見えた。
 (1つ目の浮遊建造物も上空に浮いているので、ハッキリしたサイズは不明なのだが^^;)
 こうした巨大な円形構造物を、バスか電車のような乗り物の中から眺めているイメージで、
 道路を走っていたり、高架橋を走っていたりするイメージが記憶に残るが、
 この辺りは曖昧でハッキリとしていない(苦笑)まぁよくあることだが(爆)

 また夢の中で、知人が空に浮いている謎の建造物「あれが太陽系?」とか聞いていた。
 夢の舞台が地球外じゃない限り、太陽系を外から見ることなどまず無理なわけであり、
 リング構造が見えるはずもないので科学的にはナンセンスな話なのだが、
 (太陽系の模式図ではリングが描かれるが、単に惑星の公転軌道を図示しているだけだ)
 「地球が銀河系の中にある」ことをよく知らない人間もリアルにいるので安易に笑えない。

 そしてこの質問に対して、「太陽系はあんなに小さくないよ」みたいな説明をしており、
 その延長線上に巨大ドーム構造物が出てきた記憶がある。
 ドーム構造物だって太陽系から見ればはるかに小さい(地球以下なので)わけだが、
 夢のスケール感など、所詮はそんなものである(汗)

 余談だが、現実の人間のスケール感も、しばしば宇宙というものを良く理解出来ていない。
 銀河系自体が、地球から遠く離れた宇宙の彼方にある、とイメージした人も過去にいた。
 これはアンドロメダ銀河を始めとした「銀河を外から見ている天体写真」との混同だろう。
 地球もこうした銀河の1つの中にあるが、それが良く分からないまま写真を見ると、
 「銀河は宇宙に彼方にあるものだ」と思い込んでも、ある意味では仕方ない。
 実際19世紀頃まで、銀河サイズのハッキリしない“星雲”学者も混同していたのだ。

 また天体写真だと、銀河は光輝く渦巻状や楕円状の物体に見えるが、
 実際の銀河内の星々はとても離れているため、可視光だと意外と暗かったりするのだが、
 天体写真のイメージで銀河を捉えると、太陽系がそこにあることを理解出来ず、
 周囲に大きな天体がほとんどない、「茫漠とした闇の中にある」と思い込む可能性もある。
 実際に太陽系は銀河系の中でも「比較的天体密度が少ない宙域」にあるとされているが、
 それでも直径10万光年と推測される銀河系の「外にある」ものではないのだ。
 天体写真が「可視光よりも光を強調している」ことを知らない人も、当然いるだろう。

 銀河の中にある星は、雲の中にある水蒸気の粒のようなものなのだが、
 それを理解するためには、ある程度科学というものに理解がなければならないのだ。
 銀河系直径10万光年を例えば「直径10km」積乱雲などと比較した場合、
 1光年の宇宙の広がりと10センチメートルの雲の領域を比較することになるわけである。
 1光年の広がりはおおよそ10兆キロメートルあるので、地球の直径の10億倍近いが、
 10センチメートルの10億分の1は、まさに「水分子くらいの大きさ」になるのだ。
 (渦構造が似ている「直径1,000kmの台風」と比較しても、水滴1個が太陽系のサイズくらいになる)

 つまり、宇宙の広さを正しく捉えようと思ったら、私たちが日頃見ている自然の風景で、
 「原子や分子のサイズの世界」地球のサイズを比較するくらいの格差の想像が要るのだ。
 地球の中にある風景の、「何兆倍」というスケールが宇宙にはあるのである。
 しかし宇宙をよく知らない人は、しばしば地球と宇宙を等倍で比較したりするのだ。
 「地球の何兆倍」もあるはずの世界を、「何兆分の1」でしか捉えられないわけである。
 G-maリアルではその格差を理屈の上では理解しているつもりではあるが、
 夢に出てくる風景はしばしば矮小化された姿であり、夢から覚めてよく苦笑するのだ。

 
◆夢のキメラ娘と集中豪雨と大浴場と新転職(2022年)

 2022年の6月頃に見た夢。
 休日の長寝の中で、何度も夢の中身がガラリと変わったことで記憶に残っている。
 こういう毀誉褒貶の激しい夢は、醒めると大体忘れてしまうものだが、
 今回は夢の内容の大部分を、起きてからも覚えていた(笑)

 最初に見たのは(もしかしたらこの前に見た夢もあったかも知れないが)
 赤い外骨格に覆われた“キメラ娘”が登場する、サイバーキッズ的な異世界風景である。
 夢の中で少女がロブスターの甲羅のような外殻に覆われていく展開を覚えている。
 人の心は残っている辺りもサイバーキッズ風味である。
 キメラノイドリラと似通った雰囲気であるが、最初から女性のイメージだった。

 次に見たのは、激しい豪雨で洪水が起きるイメージである。
 こうした“大洪水の夢”も過去何度か見ており、自宅の前が水浸し、という展開も多い。
 (震災を除けばこうした災害にリアルに遭ってはいないが、TVなどではよく見る)
 今回は自宅から離れた通勤ルートのイメージであり、歩道の1部は歩ける程度だが、
 途中に腰まで嵌まり込みそうな深みが幾つかあり、途方に暮れる展開なのだ。
 この深みをどうやって乗り越えたのか余り覚えていないのも実に夢らしい(爆)

 その次には(洪水の夢と曖昧につながっているような感覚もある)工場のような場所で、
 何故かその中にシックなガラス張りの大浴場かサウナのような施設があった。
 筋骨隆々の逞しい男共が裸の付き合いをしている中を、何故か服を着て歩いて行く(爆)
 何だそれはと言われそうであるが、G-ma答えられるものがない(爆砕)
 更にその先には、2階から飛び降りるかのような“謎の絶壁”もあったりした。

 そして最後は「新しいオフィスで仕事を始める」ような展開になっていた。
 転職をしたり、古い仕事場に復帰するような夢も何度か見ており、
 G-ma自身が現在の社会人としての立ち位置に、安定感を感じていないためかも知れない。
 今の職場に入ってから軽く15年は過ぎてるのだが、安泰とは言いにくいのである。
 目がぱっちりした、ショートカットの小柄なOLが横にいたのも記憶に残っている。
 今まで見たことがないような雰囲気だが、嫌いな顔ではなかった(笑)

 
◆夢の異能者逃避行(2022年)

 2022年の6月頃に見た夢。
 時々見る「異能者として振舞う異世界」の夢であるが、舞台それ自体は結構現代的で、
 2021年8月頃に見た「異能者マフィア抗争」の夢とどこか似ていた。
 ただ“マフィア抗争”の方は香港映画を思わせる風景だったが、今回はそうではなく、
 普通の現代の都会の“裏通り”で抗争を展開するようなイメージだった。

 「現代を舞台にした異能バトル」のマンガも結構多いが、直接の影響はないと思う(苦笑)
 “夢の魔法学園シリーズ”同様、G-ma自身が主役や準主役のキャストとして、
 シリーズって何だと思われたろうが、似たような世界観の夢を時々見ているのだ^^;)
 夢の中で一定の活躍をするという“英雄幻想”の1つだと思われる(爆)
 “不動の主役”を張るよりも、“名脇役”ポジションが多いのも特徴である(笑)
 G-maどういうポジションを好む人間なのか良く分かるw

 さて今回はタイトルに“逃避行”と書いたように、全体的にはマフィア抗争的であるが、
 どちらかと言えば「追っ手から逃げ回る」展開のものが多く、
 “同志”の中に若い“少年少女”が多くいたのも印象的であった。
 この手の“アクション夢”の登場人物は青年組かおっさん組(爆)が普通多いのだが、
 今回はこうした“若手”の脱出劇を支援する立場として“出演”したわけである。
 PAシリーズでのG-maキャラの扱いを見ても分かると思うが、こういうのも好きなのだ。

 異能者っぽいシーンは、念動のような反撃で追っ手を吹っ飛ばす場面があったり、
 “陽動作戦”のためにG-maが空を飛んで追っ手を引きつけたりするシーンだろうか(笑)
 G-maの“脳内設定”ではそれ相応の“実力者”として登場しているつもりなのだが、
 呆気なく追っ手に追いつかれて揉み合いになることが多いのはご愛敬である(爆砕)
 この辺“自転車夢”に似て、「思うほど前に進めない」シーンがよくあるのだ。
 追っ手を余裕で翻弄する「ザ・ファブル」のようには行かないもんであるorz

 カラクリのある部屋に逃げ込んで、追っ手を交わそうとするシーンもよく出てきた。
 今回の夢とは関係ないが、秘密の地下通路的な舞台が出てくる夢も多いのだ。
 自分がコントロールできる限りにおいて、こういうダンジョン的な舞台も好きなのだ。
 忍者屋敷のように、意外性のギミックを好むところがあるのだと思う。
 GDW創作に反映できる成分がどれだけあるかは未知数だが、使えたら良いなと思う(笑)

 
◆夢の南大阪異世界鉄道紀行(2022年)

 2022年の6月頃に見た夢。
 大阪南部のローカル鉄道を使ったプチ旅行のイメージなのだが、
 夢から覚めると余り大阪らしくなく、レトロフューチャーな雰囲気の異世界だった(爆)
 入り組んだ下町風情の風景の中に、妙に年季の入ったローカル鉄道の軌道があり、
 その周囲に密林あり渓谷ありで異世界情緒全開だった記憶が残っている。

 商店街のようなアーケードの先に古びたプラットホームがあるが、列車は見当たらず、
 線路沿いの小道を結構歩いた引き込み線のような所に列車がいたりするのだ。
 その列車も実際にはないだろう“2階建て”のペントハウスのような外観であり、
 列車に乗り込んだ記憶はあるが、発車した記憶が曖昧だったりする。
 後から振り返れば、どうしてこんな風景を“大阪南部”だと思ったのか実に不思議だ。
 今宮辺りから市電の1つである阪堺線が南方に延びるが、こんな風景ではない。

 ローカル列車は北西方向に走ると、阪神圏見慣れた市街地に連絡する雰囲気だったが、
 旅夢の“例”によっていつまで経ってもその方向に進むことが出来ず
 最後は列車を諦めてタクシーを拾うが、そのタクシーも目的地に近づかないばかりか、
 “異世界南大阪”圏内での宿泊を勧めてくるのである。
 そんなにG-maこの土地から外に出したくないのかねキミたちは(爆)

 目的地にいつまでも着かない旅の夢をよく見るが、目的地に行きたくないわけではなく、
 早く到着したいのに、夢の世界は「いつまでも似たような場所で足踏み」するのだ。
 G-maの人生が“停滞中”であることを示唆しているのだろうか(苦笑)
 確かにここ数年、リアルの風景が劇的に変わった気はしないがorz
 海外に目を向ければ激震と言えるほどの激動が起きているが、国内は今のところ平和だ)

 
◆夢の研修センターと謎旅行記(2022年)

 2022年の5月頃に見た夢。
 休日の長寝の中で、何度も夢の中身がガラリと変わったことで記憶に残っている。
 こういう毀誉褒貶の激しい夢は、醒めると大体忘れてしまうものだが、
 今回は夢の内容の大部分を、起きてからも覚えていた(笑)

 最初に覚えているのが、北陸地方を旅する夢である。
 もっとも夢の中で北陸地方と思っているだけで、後から思い返すとリアルじゃないが。
 大型連休時に出かけた、南九州旅行のイメージが混ざっている気もする。
 というのも、路線バスを使って「町外れの観光地」に向かう展開になっているからだ。
 ちょうど南九州旅行時に「後付けで組み込んだ」青島観光の展開と似ているのだ。

 「北陸っぽかった」のは、川を挟んで対岸に“雪山”が見えていたからだ。
 福井県の内陸側に見える白山や、富山県立山連峰のイメージを思い返したわけである。
 ただ雪山と言っても、大絶壁を抉るように彫り込まれた道路があるなど、
 日本にはまず存在しないだろう、アクロバットな景観が混じっていたのだが(笑)
 こういう異境風景は、G-maの中にどこか憧憬として存在するものがある。
 南九州旅行の“中日”に出かけた、高千穂観光のイメージもどこかこれに近い。

 こんな景色を夢で見た(笑) こんな風景を見た。

 次に見たのが、謎の“研修センター”に出かける夢である。
 出張するような形で出かけており、途中までは通勤電車に乗っているような感覚だが、
 途中で電車から降り、田畑が広がる道を延々と歩いて行く展開になっている。
 他の“通勤夢”と同じく、何故か最寄りの駅で降りないのが不思議であるが(爆)
 田畑の奥には海岸近くにビルが建ち、夢の中では「尼崎に近い」イメージがあった。
 ……電車に乗ってる時は「明石方面に出かけている」はずだったが(核爆)

 ただ研修センターそのものには入らず、途中で引き返しているのだが。
 これは目的地だったはずの研修センターが、どこか宗教めいて怪しく見えたからである。
 狭くて薄暗いビルの中に、軍服のような集団が詰め込まれているようなビジュアルで、
 何故か「ここに入って良いものか」という迷いを強く感じたのだ。

 最後に見たのが、とある小さな島の観光地に向かう夢であった。
 観光地の奥にやたらと派手なビル薄暗い地下室があり、
 観光をしているはずなのに、途中で秘密結社の施設に迷い込んだ雰囲気になるなど、
 この夢の前に見た2つの夢のイメージが合体したような雰囲気になっているのも面白い。

 しかもこのクライマックス、G-maたちは何故か慌ただしく島から「逃げ出した」のだ。
 何か島の中で大事件が起きたようであり、島民も一緒に船で脱出しており、
 船で島から離れる中、島で巨大な爆発か噴火のような事態が起きているのを見た。
 観光している間は火山というイメージがなかったが、
 脱出イメージの間に、南九州旅行時に見た桜島の風景が混ざったようである。
 桜島が、今も頻繁に大きな噴煙を上げる活火山であることは有名だ。

 夢では大きな噴煙が上がるというより、島の建物が破裂するように崩壊する展開で、
 起きているのが火山の噴火なのか、それとも爆弾の爆発なのか、区別が付かないのだが、
 風景のシーンが切り替わって、沖合の別の島からのアングルになった時には、
 既に問題の島全体が跡形もなく消えてなくなっていたのである。
 たぶんこの辺りは、2022年1月にトンガで起きた巨大噴火の風景が混ざったのだろう。
 また島が消えるような大災害があったのに、津波が起きていなかったのも不思議である。

 風景ビジュアル的には、最初の夢で見た「絶壁を掘った道路がある雪山」や、
 最後の夢で見た「怪しい観光施設がある火山島(?)が興味深いものであり、
 この辺りのイメージを創作に反映できれば「成果」となりそうな気がしていたりする(笑)

 
◆夢のカオスPC作業(リアル政治家カメオ出演まとめ付き/2022年)

 2022年の5月頃に見た夢。
 時々見る「夢の中でPC(パソコン)作業をする」というものであるが、
 本来の目的とは違う方向に行ったため記憶に残っている。
 ……まぁ「そういう意図で始めた作業じゃないよね」って前例は過去にもあるのだが。

 本来はPCを使った資料作成で、プリントアウトまで持って行く前提だったのだが、
 PCが借り物であり、立ち上げた時点で「ゲーム画面が出る」という展開になっており、
 その「プレイ内容」についてPCの管理人と会話するという方向に流れている。
 RPG系冒険ゲームの内容であるが、ビジュアルがかなりリアルであり、
 妙に近代的な街の風景がその背景として使われているのも印象的であった。
 RPGならもう少しファンタジックに描かれても良さそうなものだが。
 プレイヤーのレベル「100を越えていた」のも記憶に残っている(やり込んだな^^;)

 上にも書いたが、夢でPCを弄る際は「本来の目的と違う展開」になったり、
 旅の夢の同様に「中々目的のファイルが開けない」という展開になることが多いため、
 どこか欲求不満な気分で夢から覚めるケースが大半だ(だから記憶に残る^^;)
 しかし今回は、当初の意図とは違う展開になったにも関わらず、
 そのビジュアルについて話が盛り上がる展開になっていたためか、
 そんなに欲求不満な夢からの覚め方ではなかったように記憶しているのだ。

 余談だが、この“PC作業”のきっかけになった出来事も印象深いものだった。
 青空の下でスーツ姿の男たちが会議する雰囲気で、それだけでも独特の風景であるが、
 (借り物のPCはその近くにある小さな貸しオフィスのイメージだった)
 G-maPC作業を依頼した人物が、何と立憲民主党の前党首・枝野幸男氏だったのだ。
 G-maはどちらかと言えば保守寄りの政治信条で、過去には安倍元首相とも夢で会ったが、
 “左派の党首”と夢の中で接触したのはこれが初めてである(笑)
 本人が党首を辞任してから夢に登場するとは、いったい何の因果だろうか(苦笑)

 著名な政治家「夢で会う」展開は時々あるが、ほぼ唯一の例外を除くと、
 「職場の上司や近所の知人」という雰囲気で登場し、本職のイメージがないことが多い。
 今回の枝野氏も同様で、何故か政治家のイメージが夢の中ではないのだ(笑)
 ほぼ唯一の例外というのは、2021年4月頃の夢に登場した中国習近平国家主席である。
 この人物だけは政治家のイメージのまま登場した(何故か同じバスに同乗していたが)
 この辺は当人のG-maの中での“距離感”が影響しているのだろうと思われる。

 8年近い首相在任の記録を残した安倍晋三氏は2〜3回夢に出てきたが、
 後継の菅義偉氏は結局1度も夢に出ずに終わった……“現職”は岸田文雄氏だがどうなるか。
 そう言えば鳩山氏を始め、旧民主党の首相経験者も1度も夢に登場しなかった。
 その意味でも枝野氏の“カメオ出演”が珍しかったのは確かである。
 ただ第2次安倍政権時代の“野党ライバル枠”としてそれなりに長く党首をやっており、
 「目にする機会が多い政治家」だったのは確かなのである。

 因みに外国首脳は、上記の習近平氏の他、アメリカトランプ前大統領や、
 現職(2022年現在)バイデン大統領が既に夢に“カメオ出演”していたりする。
 またトランプ氏やバイデン氏も「知人枠」としての登場で、大統領のイメージは夢ではない。
 「民主主義国の首脳は元民間人であることが多い」のも背景にあるかも知れない。
 習近平氏がそういうイメージじゃなかったのも、彼に“皇帝”の影を見るからだろう。
 強権志向の中国共産党でも、習氏がひときわ“集権的”であることは有名だ。

 それ以外の外国首脳はまだ夢に登場していない……現実世界で話題に上がる人物ならば、
 ウクライナゼレンスキー大統領などが、今後出てくるかも知れない(笑)
 もちろん習近平氏がそうであるように、日本や西側とは縁遠い人物が出る可能性もある。
 ロシアプーチン大統領メディア露出が多いので、可能性としてはあるだろう。
 その時に「どんな設定で夢に出てくるか」実に興味深い(笑)

 
◆夢のサイバー通勤(2022年)

 2022年の5月頃に見た夢。
 過去の職場に“再通勤”するという展開の夢であり、こういう夢は時々見る。
 現在の仕事場とは違うのに何故か過去の職場に行く要請がある夢になっているのだが、
 途中経路で妙に時間を食い、大幅に遅刻したり中々到着しない展開なのだ。
 元々時間にルーズなG-ma「悪い癖」と、旅の夢などで目的地に到着しない展開が、
 混ざって作られたイメージなのだろうと思う(苦笑)

 概ね大阪市の東部に向かう展開で、実は現在の仕事場に近いのだが、
 夢のイメージの中では過去の職場になっており、複数のイメージが混ざっている。
 時間が押しているため、途中でタクシーを使うのだが、渋滞に巻き込まれてしまい、
 早めに降りて徒歩で向かうが、それでも中々目的地に着かないのだ。
 目的地の近くでタクシーから降りたつもりが、数駅ほど早かったりするのである。
 タクシーが渋滞に巻き込まれる展開は、直前に実施した南九州旅行での経験もあろう。

 その通勤途中で見た光景が、実にSFチックで深く印象に残っている(笑)
 全体は現代社会の雰囲気なのだが、ここだけやたらとサイバネティックな風景なのだ。
 倉庫のような建物の中に、巨大なパワードスーツのような物体が置かれており、
 それも完全なロボットではなく、エヴァのような有機的なアウトラインがあるのである。
 このパワードスーツの格納庫に迷い込んだような展開が途中に挟まっているのだ。
 町工場の群れのような設備の中に、こんな風景が紛れ込んでいるのである。

 立体駐車場のような施設の中に、柔らかいカプセル状の物体が置かれているのも見た。
 ゴムボートのような雰囲気もあるが、こんな所に「縦置き」は普通しないだろう。
 「目的地に着かないカオスな通勤」の夢は時々見るが、
 こんなサイバネティックな展開が混ざったのは初めてで、印象的な夢であった。
 現代的な風景の中のSFガジェット『パトレイバー』っぽくもあるが、
 最近そういう想像をした記憶もないのだが、はてさて何故に。

 
◆夢のファンタジー大冒険(2022年)

 2022年の4月頃に見た夢。
 休日の長寝の中で、異世界ファンタジー風味の展開になっていた記憶があり、
 2度寝しているのだが、夢の世界はそのままつながっていた。
 細部は変化した可能性もあるが、世界観ごと変わった印象はない。
 2度寝3度寝の課程で世界観が変わることが多いのだが、連続していることもあるのだ。
 たぶん「この世界をもう少し眺めていたい」という欲求があるのだろう。

 異能を持つ魔術師や賢者のようなキャラクターでG-ma自身が夢に登場しており、
 女性的なキャラクターになっていたのも印象的であった。
 現実世界で性転換を意識した創作を良くやるが、夢で「女性化」することは意外に少ない。
 最初の方は「世界の傍観者」として夢を見るが、途中で「当事者」に変わる展開で、
 こうした変化の方は「よくあること」なのだが(笑)

 最初から最後までほぼ同じ世界観という印象はあったが、夢の舞台は変わっており、
 中盤辺りからイケメン風味の勇者のようなキャラクターが別に登場した記憶がある(笑)
 G-ma自身が夢の中で「ヒロイン化」しているわけだが、特に恋愛関係にはならない。
 メンタル的には男性であるため、そういう想像をしにくいのだと思う(苦笑)
 また異能者であるためか、甲冑のような武装を身につけていた記憶がないのも個性的だ。
 ただこの夢に限らず、重い装備を付けて歩き回るような夢は見たことがない。

 夢から覚める直前のまどろみの中では、既にこの夢のイメージの「活用」を想像し始め、
 GDW世界観“ファンタジー枠”であるCFD世界への適用を想像していたが、
 完全に覚醒してから思い返すに、同じイメージでの適用は難しいかも知れない(苦笑)
 目下CFD世界ヨーロッパ圏レベルしか世界観の広がりがないため、
 もう少し広げれば良いのかも知れないが、その辺りは今後の検討次第だろう。

 
◆夢の宇宙大冒険と動画サイトと画集即売会とバイクレース(2022年)

 2022年の4月頃に見た夢。
 休日の長寝の中で、何度も夢の中身がガラリと変わったことで記憶に残っている。
 こういう毀誉褒貶の激しい夢は、醒めると大体忘れてしまうものだが、
 今回は夢の内容の大部分を、起きてからも覚えていた(笑)

 最初に覚えているのが、どこか別の惑星を集団で探検する夢である。
 様々な宇宙人が登場しており、身長何kmもある巨大ロボも登場した記憶がある。
 上半身が霞んで見えないほど巨大なのだが、足下は妙に小振りだったのも印象的だった。
 夢の中でスケール感が曖昧になるのも、G-maの夢で良くあるパターンだ(爆)
 同じ夢の後の方には、攻撃的なエイリアンに襲撃されるシーンもあり、
 同志の戦士種族が駆けつけて援護してくれるヒロイックな展開になっていた。

 次に覚えているのが、スマートフォンの動画サイトに自作動画を投稿する夢だ。
 G-maの創作世界であるGDW世界観をテーマにしたCGアニメ動画を投稿していたのだ。
 実際にはG-maはほぼ“静止画専門”で動画スキルは壊滅的になく、
 スマートフォンのテクニックも覚束ないので、逆にその不満が夢に出た可能性がある。
 しかし夢の中でもスマホの扱いで四苦八苦したりするのだが(汗)
 IT機器の操作が上手く行かないで苦労する夢も何故かよく見るものだ(爆砕)

 この後更に夢はコミックマーケットのような画集即売会のシーンに移り変わっており、
 複数の絵師たちとコミュニケーションする展開がある……これも“夢”の1つだ。
 G-maはアート展に出展したことはあるが、即売会への出展経験は2022年現在まだない。
 (アート展もその場で作品を買うことは可能だが、コミケとは雰囲気がかなり違う)
 GDWサイトのチャットでも、意見交換は頻繁に行っているが、
 ビジュアル的なコミュニケーションは不足しているため、その不満も出たのだろう。

 この後夢はスーパーで買い出しをするシーンに変わる……2度寝か3度寝の境界で、
 そろそろ空腹感を覚えるようになったのが背景にあろうと思う(笑)
 夢の中で「スーパーに買い出しに行く」という展開も実は結構な頻度で見るのだ。
 現実にも休日に買い出しに行く機会が多いので、その連動であろうと思う。
 もっともこのシーンはCMのように短くまとまっていることが多い。

 そして完全覚醒する直前に見たのが、どこかドラマチックなバイクレースの夢だ。
 優勝争いをするバイクレーサーが事故でケガをしてしまい、
 彼の代わりにライダースキルに優れた専属メカニックがレースに出るという展開である。
 友人や部下が身代わりになるというのは、ドラマでもよくある展開だろう。
 普段はピットの内側にいる人物が、レースで優勝争いに加わるのである。
 リアルのカーレースはほぼ見ないが、こういう競技のシーンは時々イメージする。
 F1レーサーが多い欧米では、それをテーマにした映画も良く作られているようである。

 このバイクレースの夢の中に、何故かクラッシュした車が大量に放置されている、
 巨大なジオラマか撮影セットのようなシーンが紛れ込んでいたのも印象的だ。
 障害レースのコースにも思えたが、道路がつながっていた記憶もない(爆)
 しかも放置されているクラッシュカーの大多数が“ワーゲンビートル”だったのだ。
 フォルクスワーゲンの看板車種で、開発にあのヒトラーの助言があったことで有名だ。
 ウクライナ戦争荒廃した風景が良く報道されているので、夢に混ざった可能性がある。

 こんなとりとめのない展開が、何度も寝直す休日の長寝の中にあったわけである。
 一貫性のない夢は印象に残りにくく、忘れてしまうことも多いのだが、
 今回は個性派な展開が多く、奇跡的にその大部分を覚えていた(笑)
 ……それでも最初の“宇宙大冒険”のパートは、半分忘れかけていたが(汗)
 見方を変えれば、かなりバラエティに富んだ夢だったわけである。
 注意散漫と言われればそれまでだが、普段色々な想像をして生きているためだろう。

 
◆夢のNYカオスツアー(2022年)

 2022年の3月頃に見た夢。
 夢の中でニューヨークと意識している大都市を旅行する、そこそこ“長編”の夢だ。
 (ただし夢から覚めて思い返すに、それほどニューヨークらしくないのだが^^;)
 高層ビルの中にあるホテルにチェックインするところから始まっているが、
 その後の展開がかなりカオスであり、印象的ではあるのだが妙な流れになっている(爆)

 ホテルの部屋はスイートルームを思わせる広いもので、大きな展望窓があったりするが、
 この部屋にいる時間は短く、外に出るといきなりギャングに襲われたりする(核爆)
 そしてギャングから逃げる課程で何故か謎の地下道に入り込んだかと思えば、
 (複数の小部屋があり、奇妙な出で立ちの人々がいる横を抜けていくのもカオスである)
 気付くとビルの屋上でヘリの救出を待つという、映画のような展開になっていくのだ。
 最初の方のゴージャスな旅はどこに行ったのかと突っ込みたくなる(笑)

 ただこの逃避行のクライマックスは再びテーマパークで遊覧を愉しむような展開になる。
 タイムズスクエアを思わせる、賑やかな往来の中にあるビルに駆け込み、
 妙にアクロバットなエスカレータを乗り継いだ先にアトラクションがあるのだ。
 (幅が細くステップのない、ベルトコンベアのような物体が空中に渡されているのだ)
 ビルの上にあるアトラクションのはずが、ボートに乗るようなイメージで、
 どこか映像ギミックを思わせる雰囲気だったのも、テーマパーク的であったと言えよう。

 また最初のホテルに入った時には、親戚縁者が複数“共演”していたのだが、
 逃避行からテーマパークへと舞台が目まぐるしく移り変わる中で消えていった(爆)
 夢というのは得てして脈絡がないものだが、G-maは何故かこういう、
 「家族やツアー客と途中ではぐれてしまう」ような展開の夢を見る機会が多い(苦笑)
 人生周回遅れのような生き方が、深層心理でそんな風景を作るのだろうか。

 余談だが、この時“2度寝”した後に「ベッドに拘束される」ような体験をした。
 といっても別に夢の中で縛られたとか、金縛りに遭ったわけではないのだが、
 夢の中でベッドから起き上がろうとしても、体が上手く動かないのである。
 実際には寝ているので、それも原因なのだろうとは思うのだが、
 上手く起き上がれないもどかしさで、夢の中で不快感に悶えていた記憶がある(汗)
 G-ma寝起きの悪さに定評がある(爆砕)が、その示唆なのだろうか。

 
◆夢の異世界戦士と巨大ロボ(2022年)

 2022年の3月頃に見た夢。
 異世界からやってきた異種族の戦士キャラが、同志として登場する展開があり、
 何と戦っているのかはハッキリしないのだが、オールスター的な空気がある夢である。
 ただ夢の前後で雰囲気は違い(よくあることなのだが^^;)
 最初は友好的な妖怪のようなキャラだったのが、後の方では英霊っぽい雰囲気だった。

 ただこれだけでは終わっておらず、途中で4脚の巨大ロボットが登場している。
 アニメのスーパーロボットよりも骨組みむき出しの重機のようなディテールが印象的で、
 骨組みをなす胴体や足も、パワーショベルを思わせる黄色い塗装だった記憶がある。
 大人のファンも多いブロック玩具“レゴ”にもそんなモデルがあった気がするが(笑)
 しかもコクピットから足下まで小さなモノレール状のスロープがあり、
 サイクルリフトのような乗り物で、コクピットまで上がる独特のギミックがあった。

 更にいざ出陣、と歩き出すと途中で“変形”して2脚になる謎仕様(爆)であり、
 足下に駐車してあるクルマを、近くの運河の中に蹴落とすシーンがあったりするのだ。
 意識的にやってるわけではないが、ロボットが巨大なので当たってしまうのだ。
 またこのシーン、途中で等身大の戦闘ヒーローのイメージと混ざってしまっており、
 上記の“異世界戦士”と一緒に気勢を上げる場面も出てくる。
 “初登場”時は身長10mはあろうかというメカだったのに、いい加減なものだ(爆)
 夢の後半で壮大なイメージが“スケールダウン”する展開も多い(爆砕)

 当時現実世界では、世界中の注目を浴びるウクライナ戦争が勃発しており、
 その緊張感が何らかの“臨戦態勢”のイメージとして、夢に出てきた可能性がある。
 夢の雰囲気は『アベンジャーズ』っぽいのだが、思えばこのヒーロー共演ドラマでも、
 リアルなテロリストと戦うシーンがある辺りが日本の特撮ヒーローと違う。
 この辺り、“実戦経験”がゼロに近い、戦後日本の国情をよく反映している(苦笑)
 ウクライナ情勢を見るに油断できない時代だが、大丈夫だろうか(汗)

 
◆夢のカオス帰宅大冒険(2022年)

 2022年の2月頃に見た夢。
 何度か見ている、外出先から家路に着く行程を夢に見たものだが、
 今回は「田舎から戻ってくる」かなりスケールの大きなものになっている。

 ただ田舎といっても、G-maのリアルな田舎(事実上両親の故郷だが)とは雰囲気が違い、
 都市の郊外の農村のような雰囲気なのだが、自宅から遠いというイメージがあり、
 帰宅のために“ターミナル駅”に向かうという雰囲気を漠然と記憶している。
 もっともG-maのリアル田舎はなので、陸路がつながっている時点でおかしいのだが(爆)
 それでも夢の中では、その不一致に疑問を感じないものである(笑)

 ただ列車に乗っているという感覚はほぼなく、気付くと自宅の近所でタクシーに乗り、
 何故か見知らぬ人間と同乗するという奇妙な展開になっている。
 しかもここからが“大冒険”であり、このタクシー、不自然なほどに遠回りするのだ。
 実際にもメーターの回転を誤魔化すため、わざと遠回りする運転手が時々いるが、
 この夢ほどの遠回りをすれば、確実に猛抗議を受けるに違いない(苦笑)

 タクシーはどういうわけか何キロもありそうな、カーブのついた長いトンネルを走るのだ。
 自宅周囲は開けた台地であり、本来トンネルなど全く存在しないが、
 どうもこのトンネル、台地の上で建設中のテーマパークの下を走っているらしい。
 もちろん自宅近所にテーマパークなどリアルには存在しないが、
 アミューズメント的な施設と自宅マンションが合体したような夢は過去にも見ている。

 そして散々回り道した末に自宅の近所でタクシーを降りると、
 自宅があるはずの方向に、雲を突き抜ける巨大な塔が聳え立っているのだ。
 夢の中にある自宅マンションは、実際のそれより大きいことが多いが、
 幾ら何でも誇大妄想が過ぎるカオスな風景ゆえ、この時点で「あ、これ夢だな」と自覚し、
 それから間もなく、夢から現実の、コンパクトな自室に戻ってきたのである(笑)

 それにしても自宅が“巨塔”になっていたのは初めてのことである(爆)
 超高層ビルが好きな人間なので、その嗜好が夢に出たものだと考えられるのだが、
 外出先の巨大なビルを探検するという夢は過去にも何度も見ているが、
 自宅自体が巨大なタワーになっていたのは初めてだ……どうしてこうなった(爆砕)

 
◆夢の自転車旅(※まとめつき/2022年)

 2022年の2月頃に見た夢。
 過去に何度か見ている、自転車を使った遠出のイメージなのだが、
 従来と多少違う展開であったことから、記憶に強く残ったものである。

 G-ma日常生活で余り自転車に乗らない。
 過去には仕事柄、自転車を使う機会が何度かあったのだが、今はほぼなくなっており、
 ここ数年はそういうこともなく、自分の自転車も持ってないのである。
 その所為なのか、夢で自転車に乗っても「上手く走れない」ことが多いのである。
 もちろん四十路にもなって、リアルで自転車が使えないなんてことはまずないのだが、
 夢の中ではやけにペダルが重く、前に進まないという展開が多いのだ。

 ただ「実際には横になって寝ている」ためか、体が上手く動かないという例は結構多い。
 夢の中で手を広げようとしても何故か貼り付いたように上手く動かず
 さんざんもがいた果てにハッと目が覚め、「手が脇の下に挟まってた」ことがある。
 寝返りなどによる体位の変化が、夢にも影響を与えるらしい(笑)
 また「左足だけ動かない」ことも良くあるのだが、どうしてなのだろう?
 もちろん現実世界で、左半身に不自由を感じたことなどないはずなのだが(汗)

 それはともかくとして、今回の夢では「普通に自転車をこげた」のである。
 「自転車を上手くこげない」夢の方が多いので、普通にこげる夢が記憶に残ったのだ。
 ただこの夢も「ハッピーエンドでは終わらない」のが何とも嫌らしい(爆)
 夢の中で「意識が高くなる」とどうも上手くいかないようであり、
 「おぉ、今日はちゃんとこげるぞ!」と思った瞬間、いきなりペダルが重くなったのだ。
 ……なんでや夢、G-maが普通に自転車こげたらあかんのかいorz

 余談だが、夢の中で「キャスター付きのイスにまたがって駆け回る」展開も何度かある。
 不精者のG-maは、現実世界でも「自分のイスを転がして移動する」ことが良くある。
 別にそれで長距離を移動することなどないが、「座り換えるのが面倒」なのだ(をぃ)
 これが夢になると、「自転車の代わりにイスで町を駆け回る」展開になるのだ(爆)
 リアルに想像すると実にシュールな風景であるが、所詮は夢なのだ(核爆)

 
◆夢のデザインシリーズ(2022年)

 2022年の1月頃に見た夢。
 G-ma“ライフワーク”である、GDW世界観絡みのメカデザインなどをしている夢で、
 複数の個性的なアイデアが出てきたため、記憶に残ったものである。

 最初は複数のボールジョイント構造を持つ、宇宙船かロボットのようなイメージだが、
 このイメージはデザインを進める途中で、何故かジョイント周囲のリング構造が独立し、
 リング構造複数が連なる宇宙ステーションのイメージに変化している(爆)
 テクトラクタほど巨大なものではないが、こっちはこっちで個性的である。
 (縦にリングが並ぶ構造はコロギュール・テクトラクタの構造に似ていたかも知れない)
 また夢らしく、その基地に向かう宇宙船の“動画”も同時に夢想している(笑)
 この辺りは『ディープスペース9』などのSFドラマの影響があると思う。

 もう1つは、外骨格を持つ有機的なデザインの“宇宙エンジン”であり、
 エンジン部分の内部構造が、動物の体内器官(臓器)のような構造になっていたものだ。
 全体的には動物というよりもロータリーエンジンのような形状なのだが、
 その組成や構造が生物的というアイデアであり、こちらも興味深いものであった。
 夢を見る前のチャットで、異星種族の肉体構造を議論したので、その影響も考えられる。

 自分が何かのデザインをやっている、作業それ自体を夢で見るという機会は結構多い。
 旅行の夢などで、内容が途中で脈絡なく変化するのと似たように、
 デザインの夢でも途中で描いてるものが変化したり、絵がアニメのように動いたり、
 絵の世界の中で冒険するような感覚がしばしば混ざる(笑)
 ある意味リアルのデザイン考証でも、「世界の想像」をしてるわけだが。

 
◆夢のギミック鉄道(2022年)

 2022年の1月頃に見た夢。
 地元の私鉄の駅に似た雰囲気の場所で、次の電車を待っているところから始まっているが、
 そのうち既に止まっている電車の1部が、前後ではなく上下に動き
 地面の下にレールごと沈んで消えてしまうという謎の動きを取るという展開がある。
 ……車内も薄暗く、まるで地獄行き直行便である(爆)
 よく見ると上下につながるレールが別にあり、上の方は屋根で見えないが興味深かった。

 そしてこの“穴”は後から別のレールがせり出してきて埋まる、という展開になっている。
 こういう謎のギミックを持つホームが数ヶ所にあり、無駄に立体的な構造なのだ(笑)
 続いてやってきた列車にG-maも乗ったのだが、今度は中々出発せず、
 出発したと思ったらノロノロ運転で、別の車両とドッキングするこれまた謎展開である。

 実は2度寝で展開が変わっているのだが、同じ世界観というイメージはあり、
 今度は列車が“空を飛ぶ”というSF的な展開があって、G-ma的にワクワクさせてくれる。
 列車が停車する駅の周囲以外はレールが切れているなど某銀河鉄道的なデザインだが、
 飛んでいる間も何故かレールの振動音が続く謎もあったりするのだ(爆)

 因みに夢でこういう展開があった“地元の私鉄”とは阪急電鉄のことである。
 もちろん実際の阪急にこんなギミックはない(笑)わけだが、夢で電車に乗る時には、
 どういうわけか圧倒的に阪急が多く、JRと思しき場面は極端に少ない。
 G-maの幼少期に影響を与えた阪急の“原風景”が、今なお記憶の片隅で蘇るのだろうか。
 西宮北口駅の旧ダブルクロスなど、確かに阪急には興味深いポイントがある。

 また、列車は空を飛ぶのに、風景に出てくる自動車は空を飛ばず、
 そのデザインも妙にレトロで、1960〜1970年代の風景に近かったのも印象的であった。
 G-maは1975年生まれであるため、1960年代をリアルに経験したことはないが、
 そんなG-maでもビンテージ写真で見るようなレトロカーが、夢に何台も登場したのである。
 ただこういう、レトロフューチャー的なデザインに、G-maは確かに感心があるのだ。