★大災害データベース/近年の日本の主な自然災害(2011〜2015年)

    

 2011〜2015年に日本で起きた主な自然災害のリストです。

 死・不明者を出した全災害及び、負傷者100人超、損壊・浸水1,000棟超が基本的なリスト対象ですが、
 これ未満の災害でも、特筆すべき特徴を持つ災害(M7級地震・震度5弱以上など)は対象に含む場合があります。
 参考資料は丸善『理科年表』や各種報道記事、災害情報サイト『レスキューナウ』などから。

 死・不明者30人以上、負傷者1,000人以上、損壊3,000棟以上、浸水・1部被害1万棟以上、
 被害総額1,000億円以上は青い枠で表示しております。
 また発生地が日本国外にある場合(多数の邦人が被災したケース)は、緑色の枠で表示しております。

 管理人G-maの情報収集の不備などから、1部の情報が不完全であったり、古い場合があります。
 悪しからずご了承ください。

 【参考コンテンツ】
 近年の日本の主な自然災害(1975年〜1990年)
 近年の日本の主な自然災害(1991年〜2000年)
 近年の日本の主な自然災害(2001年〜2005年)
 近年の日本の主な自然災害(2006年〜2010年)
 近年の日本の主な自然災害(2011年〜2015年) ※当ページ。
 近年の日本の主な自然災害(2016年以降)

 近年の日本の強震録(2011年以降)
 近年の世界の主な自然災害(2016年以降)
 世界の主な巨大地震(1990年以降)
 世界の主な被害地震(1990年以降)
 近年の世界の主な事故災害(2001年以降)

 
 

 
発生日 発生地域 災害種類 被 害 等 概 要
2011.01- 鹿児島・宮崎県
 (霧島山系)
火山災害 霧島山系の主要活火山・新燃岳で約半世紀ぶりの本格噴火
 爆発的噴火を繰り返し、空振によるガラス破損や降灰の被害。
2011.02.22- ニュージーランド南東部 内陸地震 カンタベリー地震
 M6.3クライストチャーチ直下型で局地的に甚大な被害。
 死不240〜300、都心部に大被害集中。
 全壊したビルで被災した邦人留学生ら28人が死亡した。
2011.02.27 岐阜県中北部 群発地震 最大M5.4、最大記録震度は4だが壁崩落などの被害あり、
 局地的には震度5弱程度に達していた可能性がある。
2011.03.09 宮城県北部沖 海底地震 M7.3、震度5弱、傷あり、三陸沿岸に0.5〜1mほどの津波。
 東北地方太平洋沖地震前震だった可能性が指摘されている。
2011.03.11- 東日本全域
 (関東を含む)
海底地震 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)
 M9.0、日本観測史上最大、最大震度7と大津波で甚大な被害。
 (地震動自体による被害は比較的少なかったと見られている)
 死不18,000〜22,000(関連死含)、特に大津波による被害が壊滅的
 波高は15m以上と見られており、三陸沿岸で遡上高39m超を記録。
 福島・宮城・岩手の沿岸では文字通り消滅した町があった。
 日本海溝の複数震源が連動する事態も過去に記録がなかった。
 (数百年以上前にはあったという説もあるが確定的ではない)
 津波は太平洋に拡散し、ニューギニアとアメリカで死者を出している。
被害額15〜25兆円、現時点における戦後日本最悪の災厄
 損壊・流失総数110万超、避難者数は多い時で55万人を越えた。
 更に津波の影響によって福島第1原発で冷却機能がマヒし、
 1〜3号機でメルトダウンが発生して施設が損壊する事態が起きた。
 周辺住民は避難したが事後の対応遅れで批判も大きい。
 余震活動も活発に起きており、M7以上の余震では死者も出している。
 (東日本の地殻バランスが変わったと言われている)
 先進国をM9クラスの超巨大地震が直撃したのは世界初。
【関連補記】M5以上の余震が数百回発生しており、うち数回がM7超え。
 日本で1年に起きる平均地震数の数倍の活動があったことになる。
 また2013年、震災関連死が2,000人を越えた
2011.03.12- 長野・新潟県界 内陸地震 M6.7、最大震度6強、長野県北部の栄村等で負傷や全半壊、雪崩も誘発。
 東北地方太平洋沖地震触発されて起きた可能性がある。
 余震活動も活発で、4/12と4/17の余震では震度5弱を記録。
2011.03.15 静岡県北東部 内陸地震
(?)
M6.4、最大震度6強で負傷者や電柱転倒による停電など報告。
 東海地震とはメカニズムが違う(フィリピン海プレート内で活動?)
 東北地方太平洋沖地震触発されて起きた可能性がある。
2011.04.01 秋田県北部 内陸地震 M5.0、震度5弱、大舘で傷あり。
 東北地方太平洋沖地震触発されて起きた可能性がある。
2011.04.11 福島・茨城県界 内陸地震 M7.1、最大震度6弱で死傷あり、損壊多数、1時津波警報発令。
 東北地方太平洋沖地震の被災域で起きているが、
 沿岸部の活断層(井戸沢断層)が活動した誘発地震の1つとされる。
 (東日本大震災が誘発した可能性のある地震では最大級)
 近傍では以後も震度5弱〜強程度の地震が頻発し、余震と思われる。
2011.04.16 茨城県南部 内陸地震
(?)
M5.9、震度5強、東北地方太平洋沖地震の震源域に近いがやや深く、
 触発されて起きた別の地震という見方が多い。
 なお、この地域では以降も地震活動が続いており、7月にも強震を観測。
2011.04.23 秋田県東部 内陸地震 M4.9、震度5弱、大仙で傷あり。
 東北地方太平洋沖地震触発されて起きた可能性がある。
2011.05- 九州・西日本 台風水害 死不3、台風2号が前線を触発し大雨、上陸はしなかった。
2011.06- 日本全国? 酷暑害 各地で6月の最高気温を更新、熱中症の死者もあった。
 (また2011年は梅雨入りが例年より早く、既に豪雨の発生がある)
2011.06.30 長野県中部 内陸地震 M5.4、震度5強、松本で落下物による死者。
 東北地方太平洋沖地震触発されて起きた可能性がある。
2011.07.05 和歌山県北部 内陸地震 M5.5、震度5強、和歌山で傷あり、小被害か。
2011.07- 四国・東海・他 台風水害 大型台風6号(マーゴン)による、死不4、四国など1日雨量記録超す豪雨
 速度遅く前線触発して大雨が続く、四国紀伊半島の南部に上陸。
 太平洋沿岸では高波で防潮堤が破壊された地域があった。
2011.07.28- 北陸・東北 集中豪雨 2011年新潟福島豪雨
 時間雨量100ミリ超相次ぐ記録的豪雨、死不6〜8、浸水9,000以上。
 (8月にも東京や大阪など、各地でゲリラ豪雨が相次いだ)
2011.08.02 静岡県中部 海底地震 M6.1、震度5弱、駿河湾が震源。
2011.08.30- 九州以東
 (特に紀伊半島)
台風水害 2011年台風12号風水害(紀伊半島豪雨)
 死不110超(→98?)、傷・損壊多数、浸水20,000超
 四国中国地方に上陸、日本海の高気圧のため速度が遅く、
 進路南東側に当たる紀伊半島で記録的な豪雨となり、被害が拡大した。
 また前線などを触発し、台風から離れた地域でも豪雨被害が多発。
 紀伊山地の奥まった山間部では土砂崩れによるダムができた。
 上北山村で記録された総雨量2,400ミリ超は観測史上最大級
2011.09.07 北海道南部 海底地震 M5.1、日高中部で震度5強。(11/24にもM6.1、震度5弱)
2011.09- 日本全国
 (特に東海〜東北)
台風水害 死不19、浸水7,800超、強い台風15号東海地方に上陸し列島を縦断。
 前線触発で大雨となり、1時140万人以上に避難勧告が出された。
 首都圏をほぼ直撃し、羽田空港の最大瞬間風速40mは同地既往最大。
2011.10.05 熊本県中部 内陸地震 M4.5、震度5強。
2011.11.18 奄美・徳之島 竜巻害・他 死3、民家が全壊、また奄美諸島では記録的な集中豪雨もあった。
2011.11 沖縄本島近海 海底地震 M7.0、深発地震、沖縄本島で震度4。
2011.11.21 広島県北部 内陸地震 M5.4、震度5弱、三次で強震。
2011.12-03 日本全国?
 (特に日本海側)
寒波等 東北を中心に記録的な大雪死不100超、傷多数。
 低気圧が発達し強風(風速30m超)による被害も相次いだ。
 (最終的に2006年豪雪に匹敵する低温を記録した)
2012- 東北沖 海底地震 東北地方太平洋沖地震余震とみられる地震が2012年も継続。
 秋までに震度5弱以上を記録する地震が5回以上発生した。
 12/7にはM7.3の地震が三陸沖で発生、津波を観測している。
2012.01.02 鳥島近海 海底地震 M7.0、深発地震、関東や東北で震度4。
2012.01.28 山梨県南東部 内陸地震 M5.5、河口湖畔等で震度5弱、また前後震度4が相次ぐ。
2012.02.08 新潟県佐渡地方 内陸地震
(?)
M5.7、佐渡市(佐渡島)で震度5強。
2012.04.03 日本全国 強風害 台風並みに発達した“爆弾低気圧”が日本海を通過。
 死3、傷300超、瞬間最大風速40m超、ゲリラ豪雨も、交通機関がマヒ。
2012.05.06 茨城県南部 竜巻害 死不数名、傷多数、つくばで竜巻(F3)、1,000棟以上に被害。
 (局地的にF4=風速100m超に達した可能性も指摘されている)
2012.06- 日本全国
 (特に本州)
台風水害 死不2傷80超、強い台風4号が近畿に上陸、梅雨前線触発で大雨。
 続けて来た台風5号は温帯低気圧に変わったが大雨をもたらした。
2012.07- 西日本(特に九州) 豪雨水害 2012年九州北部豪雨
 死不30超浸水12,000超、梅雨前線活発化による。
 特に中旬の豪雨がひどく、時間雨量100ミリ超が相次いだ。
 九州北部の被害が突出しているが、中国・四国・近畿・東北でも大雨
2012.07.10 長野県北東部 内陸地震 M5.2、中野で震度5弱。
2012.08- 近畿・東海
 (特に近畿)
豪雨水害 死不3、浸水数千、大阪・京都・静岡などで豪雨相次ぐ四国では竜巻も。
2012.08.25 北海道南部 内陸地震
(?)
M6.1浦河などで震度5弱。
2012.09- 日本全国
 (特に沖縄)
台風水害 死不あり、大型で強い台風17号日本列島を縦断
 沖縄などで大きな被害、那覇では風速61m超を記録した。
2012.12- 日本全国?
 (特に日本海側)
寒波等 北海道や東北で暴風雪続発、積雪記録更新も。
 2013/3の暴風雪では死8、風速30m超を記録した。
2013.01.28 茨城県北部 内陸地震
(?)
M4.9、水戸などで震度5弱。
2013.01.31 茨城県北部 内陸地震
(?)
M4.7、日立などで震度5弱。
2013.02.02 北海道十勝中部 内陸地震
(?)
M6.5釧路で震度5強。
2013.02.25 栃木県北部 内陸地震 M6.2日光で震度5強、雪崩が相次いだ。
2013.04.14 兵庫県南部 内陸地震 M6.3(Mw5.9)淡路島震度6弱、傷30余、損壊2,000超。
 兵庫県南部地震の余震域の南端で起きたが関連性は不明。
2013.04.17 三宅島沖 海底地震 M6.2、震度5強、負傷あり、直後海面の変色が見られた。
 同日宮城県沖でも震度5弱を記録する地震が起きている。
2014.05.18 福島県沖 海底地震 M6.0、最大震度5弱、東日本大震災余震か?
2013.07- 中国地方・他
 (特に山口)
豪雨水害 死不3、浸水数百、萩市須佐時間雨量138ミリ、東北や北海道でもゲリラ豪雨
 大気が不安定で突風や竜巻の被害も続発している。
2013.08- 西日本
 (特に四国・近畿)
熱波等 記録的な猛暑で熱中症による死傷が相次ぐ。
 四万十市観測史上最高気温41℃大阪の連続猛暑日も新記録
2014.08.04 宮城県沖 海底地震 M6.0石巻で震度5弱、東日本大震災余震か?
2013.09- 日本全国?
 (特に近畿・北陸)
台風水害 死不7、浸水1万超、強い台風18号日本列島を縦断
 前線を触発して記録的な大雨となり、滋賀など3府県に特別警報が発令された。
2013.09.20 福島県東部 内陸地震
(?)
M5.9、いわきで震度5強。
2013.10- 東日本
 (特に伊豆大島)
台風水害 死不40〜60、非常に強い台風26号が東日本を直撃。
 伊豆大島時間雨量120ミリ超の豪雨による大規模な土石流が発生し注目。
 関東平野でも大雨や強風で交通が大きく乱れた。
2013.10.26 福島県沖 海底地震 M7.1、広範で震度4、津波注意報発令(津波は記録されたが大きくはなかった)
 海側のプレートが割れるアウターライズ地震東日本大震災余震
 このタイプの地震は大津波の危険性があるため警戒された。
 (大震災後、M7以上のアウターライズ地震が4回発生した)
2013.11.10 茨城県中部 内陸地震
(?)
M5.5、震度5弱。
2013.11- 小笠原諸島 火山噴火 西之島で新たな海底噴火、新島を形成し旧島と結合、拡大。
 直接的な災害ではないが大きく注目されたため記載する。
 1年後(2014年末)には噴火前の10倍近くに拡大した。
 (2015年8月現在も活動中、噴出物の総量は1億立方mを超える)
 (2016年にいったん活動が収まったが、2017年に再び噴火した)
2013.12.31 茨城県北部 内陸地震
(?)
M5.4、高萩で震度5弱。
2014.01- 日本全国 流行疫 インフルエンザ流行、患者数150万人を超す
2014.02- 近畿以東
 (特に関東甲信・東北)
大雪・強風 死不15超、傷2,500超、本州の太平洋側で記録的な大雪
 各地記録更新し東京でも2週続けて25cm超す大雪、屋根等の崩落も多発した。
 東北・北海道では暴風雪となり、襟裳岬では風速44mを記録。
2014.03.14 伊予灘 海底地震 M6.2愛媛県で震度5強、負傷あり、新幹線止まる。
2014.05.05 伊豆大島近海 海底地震 M6.0深発地震東京都心で震度5弱。
2014.06- 西日本(特に九州) 集中豪雨 九州で記録的な豪雨、関東でもゲリラ豪雨が相次ぐ。
2014.07.05 岩手県沖 海底地震 M5.9、震度5弱、東日本大震災余震か?
2014.07.08 北海道西部 内陸地震 M5.6、白老で震度5弱、石狩南部直下型。
2014.07- 日本全国 台風水害 台風8号、1時猛烈に発達沖縄などに特別警報、瞬間最大風速50m超
 死3、梅雨前線触発し中部・東北豪雨と土石流九州・近畿に上陸。
2014.08- 日本全国(特に西日本) 台風水害 強い台風11号、速度遅く前線触発し各地大雨、特に四国近畿・三重で猛威。
 死不10超、傷多数、河川氾濫・浸水多数、室戸岬で風速52m超、三重に特別警報
 台風の直前には徳島などで前線活性化による豪雨もあった。
2014.08.10 青森県東方沖 海底地震 M6.1七戸で震度5弱。
2014.08- 西日本(特に広島) 集中豪雨 2014年8月豪雨(厳密には台風11号の大雨を含む)
 近畿〜中国地方豪雨水害続発、死不90(うち広島で70超)、浸水数千棟。
 (台風11号の被害と合わせれば浸水は16,000棟以上に及ぶ)
 16日には丹波で猛烈な豪雨あり、福知山などで2,500棟以上が浸水(24日にも豪雨)
 20日には広島で豪雨による土石流が多発して麓の住宅地が壊滅、死傷不明多数。
 広島豪雨では時間雨量130ミリを記録し、救助活動中の消防士も犠牲となった。
 (8月下旬の西日本は観測史上最も雨が多かったとされる)
2014.09.03 栃木県北部 内陸地震 M5.1、日光で震度5弱。
2014.09- 近畿以東(特に北海道) 集中豪雨 時間雨量100ミリを超すゲリラ豪雨が各地で相次ぐ。
 大阪宮城北海道では時間雨量120ミリを観測した可能性が高い。
 (兵庫・東京・千葉でも豪雨、筆者の地元でも時間雨量105ミリを観測した模様)
 局地浸水被害が多発し、北海道では札幌周辺に特別警報も出た。
2014.09.16 茨城県南部 内陸地震 M5.6、東京などで震度5弱、負傷あり。
2014.09.27- 岐阜・長野県・他 火山災害 御嶽山噴火災害
 死不50〜60超、傷多数、山頂近傍の水蒸気爆発で多数の登山客を巻き込む。
 噴煙は1時上空1万mに達したが、噴火の規模自体は小さい。
 1991年雲仙普賢岳火砕流を超え戦後日本最悪の火山災害となった。
 (また2014年は九州でも阿蘇山や桜島が活発に噴いている)
2014.10- 本州中部 台風水害 強い台風18号静岡に上陸、紀伊半島東海・関東豪雨などによる被害。
 死不12、静岡・神奈川では浸水高波土砂崩れの被害が相次いだ。
 また沖縄では米兵が高波にさらわれて犠牲になっている。
2014.10- 本州中部 台風水害 大型の台風19号沖縄・九州・四国・近畿に連続上陸し、日本列島を縦断
2014.11.22- 長野県北部 内陸地震 M6.7長野などで震度6弱白馬村などで全半壊150、負傷40余り、神城断層の活動。
2014.12.16- 日本全国(特に日本海側) 暴風雪 爆弾低気圧猛威、各地で強風と大雪・寒波、雪かき事故などによる死傷もあった。
 根室風速40m高潮名古屋でも20cmを超える大雪に。
 (この前には徳島でも記録的な“ゲリラ豪雪”があった)
2015.02.06 徳島県南部 内陸地震 M6.0、牟岐で震度5強。
2015.02.17 岩手県沖 海底地震 M6.9、広範囲で震度4、津波注意報が発令され、微弱な津波を観測した。
 数時間後にはより陸寄りでM5.7の地震が発生し、青森県で震度5強を観測。
2015.05.13 宮城・岩手県沖 海底地震 M6.8花巻で震度5強、東日本大震災余震か?
2015.05.25 埼玉・茨城県 内陸地震 M5.5、茨城県南部で震度5弱、震央は埼玉県北部。
2015.05.29- 鹿児島県・口永良部島 火山災害 新岳が爆発的噴火、全島民が島外避難、噴煙は9km以上上空に達し、火砕流が発生した。
2015.05.30 小笠原諸島 海底地震
(深発)
M8.1(Mw7.8)小笠原村神奈川県で震度5強、関東などで負傷あり。
 地下680km以上の深度で発生した巨大な深発地震で、日本全国で有感
 (当初M8.5とされたが修正された)
2015.06.29- 静岡県・箱根山 火山災害 大涌谷で小規模ながら水蒸気爆発、数世紀ぶりの噴火と見られている。
2015.07.10 岩手県北東部沿岸 海底地震 M5.7、盛岡で震度5弱、やや深い地震?
2015.07.13 大分県南部沿岸 海底地震 M5.8、佐伯で震度5強、負傷あり。
2015.07.15- 西日本・中部 台風水害 大型で強い台風11号四国中国地方に上陸、四国や近畿大雨
2015.08- 沖縄〜西日本 台風水害 非常に強い台風15号沖縄・九州・中国地方に上陸。
 沖縄〜九州では暴風の被害が目立ち、石垣島瞬間最大風速71mを記録。
 九州〜西日本では大雨が目立ち、時間雨量100ミリを超す豪雨もあった。
 台風16号も同時発生しており、上陸はしなかったが高波の影響があった。
2015.09- 四国以東
 (特に東日本)
台風水害・
豪雨
台風18号東海地方に上陸、また台風17号が太平洋を北上。
 関東から東北・北海道にかけて2つの台風の影響で数十年ぶりの豪雨となり、
 栃木県・茨城県・宮城県大雨特別警報が発令された。
 東日本各地で河川が氾濫し、茨城県常総市では鬼怒川の堤防決壊により、
 1万棟以上が浸水、豪雨全体で死不10以上(一時不明が30を超えたがその後減った)
2015.09.12 東京都 内陸地震 M5.2、調布市で震度5弱。
2015.09.14 熊本県中部 火山災害 阿蘇山・中岳でマグマ水蒸気爆発か、降灰、警戒レベル引き上げ。
 (ただし2014年にも噴煙を上げている)
 2016年以降はこちら。