GDW-CHARACTERS
(キャラクター設定集)
当カテゴリ
★メタロイド・アークス個体特集(1995〜1997年) ※種族特集はこちら。
 
★メタロイド・アークス/テイン
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2M-N19501
設定画(2018-2023
出身地:惑星アーク 【個体概要設定】
 2001年(BWO-051頃)地球中央アジアに生まれたアークス元・少女
 2016年MBSの工作員に拉致され、メタロイド実験体として改造されている。
 実験はサハリン中部の地下に作られたMBSの基地で行われている。
 この基地は閉鎖された同南部の基地機能を移転したもののようである。

 元々女性であるが、石化処理を受ける前に強化改造を受けているようで、
 やや大柄で筋肉質であり、体質的にはエヴァノイドベースと言える状態のようだ。
 ゴールド系とプラチナ系の2種類メタ・クォーツを使ったらしく、
 ボディはゴールド系だが、頭髪部分はプラチナ系と“色分け”されている。
 MBSと組んだABCの記録によれば、意識の停止は3ヵ月後だった。
 初期には目に瞳の影があったが、同化進行と共に失われた。

 その後2019年中央アジアの基地に移設されており、
 6年後に潜入したアクエリアス工作員(竜王)により保護されることになった。
 奇しくも“出身地”近傍に移設されたところで保護された経緯になるが、
 保護当時彼女の意識は完全に停止していたため、自覚する余地もなかったのだが。
 また金属系のメタロイド実験体は意識の埋没効果が強いが、
 意識の復興は石化から12年後2028年であり、「意外に早かった」とも言える。

 ただ過去の記憶がないために名前を知らず、新たにテインの名を与えられている。
 エヴァノイドに準じる初期調整を受けている所為か、霊力感度は高く、
 意識復興後の回復は早く、金属系メタロイドとしては柔軟な活動能力を発揮。
 後に意識を取り戻した“後輩”シアシェラのリハビリにも関与した。
 (もっともシアの場合、石化したのはテインよりも前のことだったのだが)
 交流は念話に依存するが、後に手話も学んでおり社交的に振舞う。

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・ネオメタリス
174cm
Gex=2.3
Gex=2.5
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


15歳(2016)
雌性起源→無性











エピソード:クライシス
【Meking Memo/設定補記】
 1995年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 当時描いた“2色刷り”のメタロイド少女がベースになっている。
 テキストは2017年のもので、旧作のサルベージ版に当たる。
 この時期のキャラとしては珍しく、元々から女性であった(笑)
 (1990年代のG-maの女性風キャラは、元少年のエヴァンス系が多い^^;)

 “2色刷り”のデザインは当時としては珍しかったため印象に残るが、
 アイガーASGシリーズメタロード系キャラにその発想が受け継がれたとも言える。
 他方「エヴァノイド強化を受けた」という設定には実の所深い意味がなく
 元絵が「女性キャラとしては大柄で逞しかった」ために追加したものだ(爆)
 (この時期の“女体キャラ”はエヴァンスを含め大体こんな感じだがw)
 

 
★メタロイド・アークス/リオ
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2S-N19601
設定画(2017
3D画(2012
出身地:惑星アーク 【個体概要設定】
 1997年(BWO-055頃)地球北東アジアに生まれたアークス元・少年
 災害孤児だったが、MBSに拉致され、サハリン基地エヴァノイドに改造された後、
 メタ・クォーツによって灰色の御影石に似た材質に“石化”された。
 (ただし御影石よりも強度ははるかに強く、金属や鉱物結晶のそれに近い)

 いわゆるメタロイド1次変異体に当たり、変異当初は全く動くことができなかったが、
 1年半ほど後に自力で活性化するという“奇跡”を起こしている。
 こうした経緯からその初期は何度か思考停止に至っているものの意識停止には至らず
 断片的ながら過去の記憶を残し、リオという名も本名に由来する。

 リオは2013年にサハリン基地を襲撃した竜王によってネリスキジアと共に保護される。
 声を出して会話することはできずほぼ念話交流に依存するが、活動能力の制約はない
 (金属をこするような声を出す能力があるが、会話できるほどではない)
 物質的には均一化された石像と同じため、圧力変動に強く真空にも耐えられる。

 活発で積極的な性格であり、普段はクールに見えるがこれは経験値が高いため。
 アクエリアスのミュータント施設でもイニシアチブを握るリーダー格の1人。
 近くで見ないと分からないが、実は目の中に瞳の痕跡が残る数少ないケースである。
 (石化融合と共に瞳の輪郭が消える方が多いのだ)

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・ソリス
183cm
Gex=2.4
Gex=2.7
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


13歳(2010)
雄性起源→無性

















エピソード:クライシス、ガーディアンズ
【Meking Memo/設定補記】
 1996年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 「性転換キャラ」「生きた動く石像」というG-ma特異な嗜好を反映したキャラクターの1人(爆砕)
 基本的な設定・デザインは当時から大きくは変わっていない(色設定が付いた程度)

 GDW世界観メタロイドキャラの多くは、目の中に瞳の痕跡がなく、うつろに見えるようなケースが多い。
 これは「人間ではなくなっている」変異の境遇を強調しやすいためであるが、
 リオ「あえて瞳の痕跡を残す」ことで、同志の中でも高位体に当たることを強調している。
【旧作画像】
2013 2008
 

 
★メタロイド・アークス/ティズ
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2M-N19601
設定画(2024※仮着色
出身地:惑星アーク/中央アジア 【個体概要設定】
 1999年(BWO-053頃)地球中央アジアに生まれたアークス・ネオス元・少年
 2013年MBSの工作員に拉致され、サハリン基地メタロイドの実験体として改造されている。
 先にエヴァノイド処理を受けているため、長身でかなり大きな胸を持つ。
 また金属系メタ・クォーツで処理されているため、シルバープラチナに似た質感が特徴。

 同年にサハリン基地に侵入した竜王によって、ネリスリオと共に保護されているが、
 その際はシーナライサなどと同様に意識を失った状態であり、その数年後に意識回復したが、
 過去の記憶が失われていたために、新たにティズの名を与えられている。
 導電性に優れた銀を含有する体質のためか、肌の感度は強く、活性化が比較的早かったのも特徴。
 こうした特徴はメルテイン(2人は元々女性だが)と似ているところもあるようだ。

 リオネリスに匹敵する長身で、更にボリュームのある体形を持つためか、
 元少年の自覚があり気は強いものの、人格面ではシーナのように中性化が進んでいる。
 (体形も大きな1因だが、目立ち過ぎる銀色の外観なのも影響しているだろう)
 同じ金属系で長身のライサに関心を持っており、ネリスと共にそのリハビリに協力することも多く、
 後遺症に悩むライサが銀河社会リハビリ・プログラム参加で地球を離れてからは、
 コールソリアリティルなどのリハビリに関与するようになる。

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・メタリス
183cm
Gex=2.5
Gex=2.7
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


14歳(2012)
雄性起源→無性






エピソード:クライシス
【Meking Memo/設定補記】
 1996年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 エヴァンスキャディとして描いたデジタル線画を流用した絵から派生した。
 “過去キャラ全GDW化計画”の一環として考証したもの(笑)

 結果的にではあるが、長身・巨乳TSキャラであることに加えて、
 シルバー・プラチナ系石化ネタという、非常に濃い属性を持つキャラになった(汗)
 (ある意味ではアレムなどの変態妄想の前身とも言える^^;)
 

 
★メタロイド・アークス/キジア
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2S-N19701
設定画(2017
3D画(2012
出身地:惑星アーク 【個体概要設定】
 2000年(BWO-052頃)地球北東アジアに生まれたアークス元・少年
 災害孤児だったが、MBSに拉致され、サハリン基地エヴァノイドに改造された後、
 メタ・クォーツによって緑色の御影石に似た材質に“石化”された。
 (ただし御影石よりも強度ははるかに強く、金属や鉱物結晶のそれに近い)

 いわゆるメタロイド1次変異体に当たり、変異当初は全く動くことができなかったが、
 同じ戦災孤児を起源とするリオ精神干渉によって完全な意識停止は回避しており、
 リオと同様断片的ながら過去の記憶を残し、キジアという名も本名に由来する。

 キジアは2013年にサハリン基地を襲撃した竜王によってリオやシーナと共に保護され、
 アクエリアス協力者のディガス大使アル・ドレイクによって活性化処理を受けた。
 声を出して会話することはできずほぼ念話交流に依存するが、活動能力の制約はない
 物質的には均一化された石像と同じため、圧力変動に強く真空にも耐えられる。

 また快活な性格の持ち主で、世話焼きな側面もあるためか、
 アクエリアスに保護されたMBS系やABC系のジェネティック実験体にも関心を示し、
 すぐに多くの友人関係を築くことになった。

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・ソリス
165cm
Gex=2.4
Gex=2.7
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


11歳(2011)
雄性起源→無性




















エピソード:クライシス
【Meking Memo/設定補記】
 1996〜1997年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 「性転換キャラ」「生きた動く石像」というG-ma特異な嗜好を反映したキャラクターの1人(爆砕)
 基本的な設定・デザインは当時から大きくは変わっていない(色設定が付いた程度)が、
 いわゆる「俺っ娘」になったのは2000年代の追加設定である。
【旧作画像】
2013 2008
 

 
★メタロイド・アークス/シーナ
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2S-N19702
設定画(2013※2008年作の改修版。
3D画(2012
出身地:惑星アーク 【個体概要設定】
 2000年(BWO-052頃)地球北東アジアに生まれたアークス元・少年
 災害孤児だったが、MBSに拉致され、サハリン基地エヴァノイドに改造された後、
 メタ・クォーツによってオレンジ色のチャート石に似た材質に“石化”された。
 (ただしチャート石よりも強度ははるかに強く、金属や鉱物結晶のそれに近い)

 いわゆるメタロイド1次変異体に当たり、変異当初は全く動くことができなかった
 キジアと同様、同じ災害孤児を起源とするリオ精神干渉を受けているが、
 キジアとは違って1度は完全に意識が停止し、記憶が失われていたため、
 後に新たにシーナという名を与えられることになった。

 シーナは2013年にサハリン基地を襲撃した竜王によってリオやキジアと共に保護され、
 アクエリアス協力者のディガス大使アル・ドレイクによって活性化処理を受けた。
 声を出して会話することはできずほぼ念話交流に依存するが、活動能力の制約はない
 物質的には均一化された石像と同じため、圧力変動に強く真空にも耐えられる。

 大人しい性格であり、記憶の大部分を失っているためか、
 自分が元少年という自覚はあるが、人格的にも中性的なところがある。

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・ソリス
177cm
Gex=2.4
Gex=2.7
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


12歳(2012)
雄性起源→無性





















エピソード:クライシス
【Meking Memo/設定補記】
 1997年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 「性転換キャラ」「生きた動く石像」というG-ma特異な嗜好を反映したキャラクターの1人(爆砕)
 基本的な設定・デザインは当時から大きくは変わっていない(色設定が付いた程度)
【旧作画像】
2008
 

 
★メタロイド・アークス/フィナ
 統合ナンバー:CS-ATT18501GA2S-N19703
設定画(2019-2022
出身地:惑星アーク 【個体概要設定】
 1998年(BWO-054頃)に、地球中央アジアに生まれたアークス元・少年
 2008年に10歳でMBSに拉致され、サハリン基地メタロイド化されている(ただし非活性)
 石化処理に先行して“女体化”されたエヴァノイドベースの実験体に当たるが、
 やや小柄な少女体形にされていることから、エヴァノイドではないという見方もある。
 (ASG世界出身のユウなどのように、完全に“女性化”されたケースも少数だがあるためだ)

 当時MBS共同研究を行っていたABCによればMGMSE20806の番号が充てられており、
 これはタクト(同20809)やセムト(同20812)同期であることを意味する。
 (セムトもエヴァノイドにしては線が細く、MGMSE20806と同様に完全女性化の可能性がある)
 石化処理から1ヶ月と経たないうちに意識を失ったと見られており、
 2013年竜王によって保護されてからおよそ3年後に意識を取り戻しているが、
 これは石化処理の番号では“彼”よりも新しい、セムトよりも遅かった。

 意識を失った状態で8年ほども石像状態であったため人間時代の記憶はほぼ失われており、
 保護されたアクエリアスで新たにフィナの名を与えられている。
 元男児の自覚はあるものの、ネリスなどと同じく人格再構成の形跡があり、
 人格の中性化が進んでいると見られているが、結果的には「純粋な少年」の性格を維持する。
 男性ジェンダーが確立する前メタロイド化を強いられたのも1因だろう。

 交流は念話依存だが、同志にも敬語を使うネリスなどと比べるとフランクな会話を好み、
 活性化が想定されていない実験体だったにも関わらず、回復は比較的早かった。
 これは自らの境遇を早期に受け入れ、積極的にリハビリに励んだことと無縁ではない。
 (女体化に石化という境遇に強いショックを受けるケースの方が多く、フィナは珍しい方なのだ)
 石化直後には複数の細かいヒビがあったが、リハビリを重ねる課程で消えている。

 
時代枠:基準年時代アーク大変動期
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:



改造年齢:
メタロイド・ソリス
159cm
Gex=2.1
Gex=2.4
(未定)
精神共鳴
(思念交流含)


10歳(2013)
雄性起源→無性










エピソード:クライシス
【Meking Memo/設定補記】
 1997年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 実は当時描いた、あるマンガ作品の模写から派生したキャラクターであり、
 体格の良いエヴァノイド体形ではなく、純粋に近い“少女体形”なのはこのため。
 (ならそのまま少女という設定にしても良かったがそうしなかったのは当時の嗜好だったのだ^^;)