GDW/CHARACTERS

GDW世界観設定集 キャラクター編
主要コンテンツにジャンプする

当コンテンツは、G-maの創作世界観『GDW』に関連する情報を扱っております。



GDW世界観には多様な種族が文明を築き、その種族内に様々な個体が存在しております。
もちろん文明を持たないクリーチャー種族もいますし、神獣的な種族もいます。
またGDWにおいては「全ての生命に階層的な知性がある」と解釈するため、
“知性の進化”という概念があり、銀河社会における影響力の評価に大きな影響を及ぼしております。
(参照:GDW進化概論特殊生命分類概論

更にGDW世界観では、神々魔族といった、ファンタジーや精神世界に登場する種族を肯定します。
知性の進化の過程で、銀河社会の主導権を握る指導者的な種族が誕生し、
こうした種族に「神族」と同格の地位(世界観内では“監視者”と呼ぶ)を与えているのですね。
同時に知性進化のサイクルから“没落”する攻撃的な種族も誕生し、
こうした種族にしばしば「魔族」と同義のレッテル“破壊者”と呼ぶ)を貼って警戒対象にしているのです。
(参照:GDW進化概論特殊能力概論

GDW世界に登場する種族のバリエーションは多様です。
人間型や獣人型は言うに及ばず、昆虫系や植物系から、金属生命体、波動生命体など、
「空想科学的に考証可能なあらゆる種族」を想定し、設定することが可能です。
そしてこうした種族にはしばしば、形態や能力に応じたグループ化の概念が適用され、
このグループが銀河単位で種族の形態的な特性に、傾向的な影響を与えるようになっているのです。
(参照:GDW系統種概論特殊能力概論

 
 

主要コンテンツ

◆GDW個体リスト◆
英数・ア行 英数
カ 行
サ 行
タ 行
ナ 行
ハ 行
マ 行
ヤ 行
ラ・ワ行
ワ行
◆GDW種族リスト◆
英数・ア行 英数
カ 行
サ 行
タ 行
ナ 行
ハ 行
マ 行
ヤ 行
ラ・ワ行
ワ行
 

個体評価特集

種族評価特集

アークス(GDW版人類)

惑星アーク・クリーチャー種族特集

 

GDW進化概論(生命現象・存在場の解説を含む)

GDW系統種概論(根源系統・大系統・生命群等の概念)

特殊生命分類概論(ミュータントやゾアクロイド等の概念)

特殊能力概論(サイキック能力や波動出力の概念)

※なお、1部の用語は、他のカテゴリと重複しているので悪しからずご了承頂きたい。

銀河社会の主な構成種族とその能力水準

GDW投稿ガイドライン・CHARACTERS編

コラム:キャラクタースペック設定の壁に関わる考察

 
 

      

 


★GDW進化概論(生命現象・存在場の解説を含む)
 

GDW世界観には進化に対する独自の概念が存在する。
 GDW世界観では生命現象を物理現象とは全く次元の違う現象と定義しており、
 そのため能力的な進化(環境への適応や強大化)と、知性的な進化を別の現象と考えている。

 現実世界では知性の発達を進化とは考えていないが、
 GDW世界観では知性の発達度合い銀河社会の構築において大きな要素になるため、
 別次元の進化であるという定義で扱っている。

 またこうした次元の異なる進化という概念を説明するため、
 遺伝子とは異なる生命現象のデータベース存在場という概念を導入している。

 主な用語群知性進化分類能力クラス分類種族の壁・高位体の概念

 別記特集銀河生命学概論

 
用語名等 用 語 概 要 備 考
生命現象 GDW世界においては、生命現象通常物理現象と次元の異なる現象と解釈される。
 そのため広義の超時空現象に当たり、生命現象専用存在場層が形成される。
 この専用存在場層によって、精神生命体(空属)や特殊能力の発揮が可能になっている。
空想的多様性のための設定。
存在場 あらゆる形を持った現象の基礎となるエーテルエネルギー力場
 物理現象下における化学反応や高分子類の形成も、
 生命現象下における特殊能力の発現も、存在場がなければ行われない。
 元素や素粒子の上位の場に当たり、物質的な存在として認識はできないが、
 空間テクノロジーの確立によって、そのパターンを透視することができる。
 ただし存在場自体を人為的に操作するには、監視者レベルの技術が要る。
精神世界における、
 魂の概念を発展させたもの。
存在場層 異なる位相次元)に存在する存在場の層(ブレーン)を示す。
 物理現象と生命現象はGDW世界では異なる存在場層に由来しており、
 更に1部の特殊能力も、これらとは異なる存在場層が下地になっている。
精神世界における、
 魂の概念を発展させたもの。
物質存在場層 物理現象を支える存在場層を示す。
 化学反応や遺伝子のコピー、原子核反応などに大きな影響を及ぼしている。
生命存在場層 生命現象を支える存在場層を示す。
 生命体の寿命特殊能力発動の下地として、大きな影響を及ぼしている。
 生命存在場層自体が魂に相当する機能を持つため、輪廻現象の基礎にもなる。
GDWにおけるの概念。
特殊存在場層 超時空現象を支える存在場層を示す。
 特殊属性に関わる特殊能力の発動や、超光速現象などに影響を及ぼしている。
超時空2重螺旋進化論 物理現象と生命現象が異なる存在場層による2重構造を持つため、
 生命体の進化にも次元の異なる2種類の変化が生じるという概念。
 物質存在場層の変化によって、遺伝子的な進化と棲息環境への適応が行われ、
 生命存在場層の変化によって、知性面での進化が誘発されると考えられており、
 この2種類の進化現象が螺旋状に影響を及ぼし合っているとされる。
精神世界における、
 魂の概念を発展させたもの。
輪廻(転生)現象 生命存在場層をベースに起きる、生命体の経験値のバックアップ現象
 種族や個体によってサイクルは異なるが、最終的に知性面の進化に関わる。
 物理的には新たな生命体となるため、転生時に人格は抹消されることが多いが、
 「前世の経験値」を復元する過程で、前世に人格が似るケースは多い。
 ただし新たな経験値を積むことで、最終的には別の存在へ変わって行く。
 開発者未満の種族は生命現象の実態を知らないので、輪廻現象を理解し難い。
GDWにおける転生の概念。
創造者 GDW世界の生命秩序の最上位に位置する究極の知性体
 ただし概念的なものであり、存在を感覚的に認識することはほとんど不可能
 宇宙生命秩序の維持のみに活動するため、個々の生命体に干渉することはないが、
 宇宙生態系の世代交代のために、監視者などの高度に進化した種族に、
 出処進退のための試練(創造者試練)を与えることが確認されている。
 全ての生命体は、進化の最終段階において、創造者と同化すると考えられている。
GDWにおける創造主の概念。
(ただしGDWは1神教的世界観ではない)
調整者 GDW世界の種族知性進化の最終段階に位置する知性分類の概念。
 監視者の中から限られた種族や個体が調整者へと進化すると考えられており、
 創造者試練のためにここまで進化せずに衰退するケースの方が実は多い
 銀河団レベルで生命秩序を監視し、非常時には因果律を制御する権限を持つ。
 大系統起源体など、種族の枠組みを越えた超知性体であることも多い。
 個体の概念がない創造者を除けば、認識が可能な究極の生命体とも言える。
監視者 GDW世界の生命秩序の上位に位置する知性分類の概念。
 銀河社会指導者クラスとして認識される進化した知性体であり、
 長い寿命と高い能力を持ち、数十万年以上の宇宙史を有し、「神族」の俗称がある。
 銀河における文明秩序の盟主格に当たり、その責任の重大さから、
 慣例的にリーヴァス宇宙連合による推薦と認定という「お墨付き」が必要。
 ただこの習慣は監視者というポストが政治利用に使われるリスクも秘めている。
GDWにおける神々の概念。
準監視者 正式名称ではなく俗称だが、銀河社会でしばしば使われる概念。
 監視者に匹敵する長い歴史や、高度な能力を持っている種族であるが、
 監視者認定を受けていないか、意図して辞退している種族に使われる。
 大雑把な目安として、監視者認定される種族は50万年以上の歴史を有するが、
 100万年近い歴史があるにもかかわらず、「監視者ではない」種族もいる。
 知性分類上は開発者に含まれるが、その中でも格が違う扱いを受けている。
開発者 GDW世界の生命秩序の中位に位置する知性分類の概念。
 知性体としては監視者に劣るが、実質的に銀河社会主役に当たる。
 自力で超光速宇宙船を開発できる技術を持つか、それに準じる知性を有し、
 かつ種族内の対立を危機値以下に抑えられる安定した理性を持つことが条件。
 その理屈の上では好戦的な開発者は存在しないが、実際には例外がある。
 これはテクノロジー面や能力面での進歩が先行していることがあるためだ。
 それでも銀河社会で影響力の大きな開発者になるには数万年という経験が要る。
GDWにおける宇宙人の概念。
消費者 GDW世界の生命秩序の中位に位置する知性分類の概念。
 文明開化初期の種族に当たり、出身惑星などで都市開発を行っているが、
 自力で超光速宇宙船を開発する技術や知識がないことが多く、
 銀河社会への進出を果たしていないか、進出していても上位種の補佐役が多い。
 開発者に比べて理性も未発達で、種族内で勢力争いを繰り返すことが多い。
 GDW版地球人に当たるアークスは、消費者から開発者への移行期にある。
生産者 GDW世界の生命秩序の下位に位置する知性分類の概念。
 文明開化以前の動植物に当たるが、原始的な社会性を持つ。
 ただし非文明種でも稀に、消費者開発者監視者に匹敵する知性の持ち主はおり、
 こうした知性特化系の非文明種(神獣族)は、文明種のパートナーとなることが多い。
分解者 GDW世界の生命秩序の下位に位置する知性分類の概念。
 原始的な微生物であることが多く、文明はもちろん社会性もないか希薄。
 ただしGDWでは「生きるための知恵を持つなら原則全て知性種」と解釈するため、
 分解者も原始的ながら立派な知性種なのである。
破壊者 GDW世界の生命秩序のイレギュラー的な存在とされる知性分類の概念。
 超宙域などの特殊な棲息環境の影響で、能力面での進化が突出し、
 知性の進化が追い付かずに好戦的になった種族に対して用いられる。
 強大特殊能力を持つことが多く、「魔族」の俗称を持つ。
 とりわけ宇宙進出を可能にした破壊者高位血統種ゾアクロイドと呼ばれる。
 ただし破壊者の適用は監視者が行っていることが多く、必ずしも公平ではない
 保有技術や社会性だけを見れば、開発者として通用する例も多いためだ。
GDWにおける魔族の概念。
標準クラス GDW世界の生命秩序において、文字通り標準的なスペックを持つ種族の分類。
 出力体格比等倍か、10倍以内の種族が該当し、文明種の大半を占める。
 もちろんGDW版地球人類であるアークスも、標準クラスの種族である。
発展クラス GDW世界の生命秩序において、標準クラス上回るスペックを持つ種族の分類。
 出力体格比10〜100倍以内の種族が該当し、特殊能力を持つことも多い。
 銀河社会ではさほど珍しくないが、能力水準の比較的高い種族とされる。
中堅クラス GDW世界の生命秩序において、発展クラス上回るスペックを持つ種族の分類。
 出力体格比100〜10000倍以内の種族が該当し、戦闘に使える特殊能力を持つ。
 銀河社会ではさほど珍しくないが、軍用機と戦えるレベルの能力を持つため、
 反社会的な事件を起こした場合、大きな被害が危惧される。
高位クラス GDW世界の生命秩序において、中堅クラス上回るスペックを持つ種族の分類。
 出力体格比10000倍以上の種族が該当し、戦闘に使える特殊能力を持つ。
 銀河社会では少数派に当たり、軍隊を1人で相手にできる能力水準。
 反社会的な事件を起こした場合、甚大な被害が危惧される。
 必ずしも戦闘型とは限らないが、戦闘型の場合はザイオノイドが多い。
種族の壁 GDW世界の生命秩序において、種族が獲得可能な能力の上限とされる目安。
 1部の例外を除き、種族平均Gex=10は超えない、という説が有名。
 ただしGDW宇宙にはキロメートルサイズの超巨大種族もいるため、
 突出した能力がなくても、平均出力がGex=10を超すケースは少数だがあり得る。
インフレ設定抑制策その1(笑)
 壁考察コラムも参照のこと。
魔神の壁 GDW世界の生命秩序において、個体が獲得可能な能力の上限とされる目安。
 個体出力Gex=15を超える高位体ごく稀にしか現れない、という説が有名。
 これだけのスペックを持つ個体は「1人で星を滅ぼせる」ためこう呼ばれる。
 もちろん攻撃的な個体ばかりではなく、伝説的な守護者もいるのだが。
インフレ設定抑制策その2(笑)
 壁考察コラムも参照のこと。
肉体の壁 GDW世界の生命秩序において、肉体的に獲得可能な能力の上限とされる目安。
 生命現象それ自体は通常時空の制約を超えるポテンシャルがあるが、
 物質的な肉体においてはその制約を強く受けるためにこうした限界がある。
 概ね、人間と同じ通常種族の体格では、Gex=7身体出力の限界値とされる。
インフレ設定抑制策その3(笑)
 壁考察コラムも参照のこと。
精神の壁 インフレ設定抑制策その4(笑)
 壁考察コラムも参照のこと。
強化の壁 GDW世界の生命秩序において、人為的な強化により獲得可能な能力の上限とされる目安。
 GDW世界におけるテクノロジーは空間の壁を越える特性を有し、
 生命因子を操作して強化生物を生み出すことが可能だが、
 原種の1万倍を超えるスペックの引き上げは極めて難しい。
 また保有する科学力の水準によって限界も大きく変動し、
 スペック引き上げ倍率1,000倍を超えられるのは銀河列強水準である。
 (格下勢力でこれを実現する場合、列強勢力の積極的な関与や支援が疑われる)
インフレ設定抑制策その5(笑)
 壁考察コラムも参照のこと。
超宙域系混血 空間状態が不安定な超宙域で誕生する特殊な混血や亜種を指す。
 通常、中系統根源系統を超えた混血は困難か不可能と考えられているが、
 (哺乳類から爬虫類が生まれるくらい無茶な現象である)
 超宙域においては、こうした超越的な混血が起きるケースがある。
高位体 種族の中から稀に出現する、突出したスペックを持つ特殊個体のこと。
 天才的なアスリートという次元ではなく、種族平均の10倍を超えることが多い。
 高位体という概念を持たない消費者種族の場合、怪物扱い確実という水準である。
 もっとも「高位体だから」といって、無限に強大な個体は出現しないのだが。
 例えば標準クラスの中から神族とも戦えるほどの個体が現れる場合、
 それはもはや高位体ではなく、祖先に高位クラスがいた1種の混血と考えて良い。
神魔双極 GDW世界の生命秩序において、監視者対をなすように破壊者が誕生する現象。
 有力な監視者種族にはしばしば、バランスを取るように同系統の破壊者が存在し、
 銀河において無視できない因縁の構造を作り出していると考えられている。
創造者試練 創造者個々の種族や個体には原則として干渉しないが、
 宇宙生態系の世代交代を促す場合においては、
 高度に進化した監視者種族に、出生率急減遺伝子変質などのメッセージを送って、
 「引退か残留かを選ばせる」場合があると言われている。
 ただし残留を選ぶ場合でも単なる意思表示ではなく、進歩努力が必要であり、
 こうした努力がない種族の場合、強制的に衰退させられると言われる。
 監視者クラスは高度な技術や高い能力を持つ場合が多いため、
 宇宙災害程度では滅亡しないことが多いため、こうなったのではないかとの説がある。
 非情に見えるかも知れないが、高度に進化した種族の場合においては、
 「試練を受け入れて衰退する道」を選択するのに抵抗がないケースも多いのだ。
 

 
★GDW系統種概論(根源系統・大系統・生命群等の概念)
 

GDW世界観では、生命は銀河を超えた広がりを持っており、宇宙線に影響されない生命の種“因子”が存在する。
 この因子によって、しばしば銀河のある宙域に類似性を持つ種族群が発生するケースがあり、
 こうした類似性を持つ種族のグループを系統種と呼ぶ。

 また銀河社会では、宇宙に存在する無数の生命に独自の分類概念を適用しており、
 宇宙生物学(宇宙生態系論)とも呼ぶべき体系を組み上げている。

 主な用語群根源系統関連大系統・中系統関連

 別記特集銀河生命学概論

 
用語名等 用 語 概 要 備 考
因 子 存在場を構成するエーテルエネルギー安定したパターンを示す。
 因子遺伝子のように組み上がることで、固有の存在場が作り出される。
 実際に遺伝子と共鳴していることが多く、系統種の背景になっている。
 遺伝子とは異なって物質的な構造はないため、宇宙線で変質することはない
 粒子と波動の両方の特性を持つため、現実世界における量子に近い概念と考えていい。
 (違うのは「量的特性」よりも「因的特性」が強調されることだ)
系統種 宇宙生態系のパターン化に影響を及ぼす生命群の総称。
 根源系統を基礎とした形態・能力上の固有パターン系統因子)を持っており、
 銀河の特定の宙域などに、類似性のある種族が発生しやすい背景になっている。
 銀河を超えて広がる大系統の下に、銀河内で広がる中系統
 星団や太陽系単位で広がる小系統に分かれており、
 小系統・中系統内では混血が可能だが、それを越えると混血は困難とされる。
空想生物分類のための概念。
系統因子 系統種発生媒体となる因子のこと。
 宇宙線に影響されずに宇宙空間を亜光速で伝播し、
 希薄なエネルギーの波となって惑星などを透過することによって、
 系統種の影響を受けた種族が発生する原因を作り出している。
根源系統 系統種の分類を行う過程で生み出された形態区別のための概念
 系統種に属する種族の大雑把な形態の共通点を拾い上げたもので、
 大系統レベルでは概ね、この根源系統と一致するグループ化が起きている。
空想生物分類のための概念。
混合系統 根源系統の諸系統因子混合した特徴を持つ系統種の総称。
 大系統混合系統が発現することは稀で、中系統以下に多い。
 また根源系統の場合は「属」、混合系統の場合は「族」と表記されることが多い。
 呼称する場合、基本的に体重を支える基礎的な体質を前に書く。
 (例えば外骨格で体重を支える種族の場合、必ず「甲」が先に来る)
空想生物分類のための概念。
人 属 人間に似た外観を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 直立2脚歩行と内骨格・筋肉で体重を支える生態で、文明化に向いている。
 もちろんGDW版地球人類であるアークスも、人属に属している。
(人属系)人竜族 人属をベースとしながら、竜属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 があったりするなど、竜人族と混同し易いが、体質的には胎生で哺乳類に近い。
 (人間体形に近い竜人族もいるために外観での区別は難しい)
(人属系)人麟族 人属をベースとしながら、麟属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 麟属の耳や尾を持つヒューマノイド種族の形態を持つことが多い。
 人間体を取ることができる可変性の麟属に似るが、体質は人間と大差ない。
 人に近い霊長類(猿人など)も、系統分類上は人麟族に該当する。
ネコミミ猿人がイメージソース。
(人属系)人甲族 人属をベースとしながら、甲属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 ヒューマノイド型だが、昆虫に似た翅や触角が生え、全般に小柄で身軽。
妖精がイメージソース。
竜 属 ドラゴンや爬虫類に似た外観を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 耐久性に優れたウロコに覆われた種族で、環境順応性が高いのが特徴。
 進化初期には変温性であることが多いが、進化の過程で恒温性になり、大型種も多い。
 混合系統のバリエーションが多いのも特徴の1つ。
(竜属系)竜人族 竜属をベースとしながら、人属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 人間に似た体形を持つ爬虫類といった外観の種族が多いが、
 人間に酷似した種族もいるため区別が難しい(体質は爬虫類寄りで卵生なのだが)
リザードマンがイメージソース。
(竜属系)竜甲族 竜属をベースとしながら、甲属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 体表がウロコではなく、甲殻類に似た鎧のような外骨格に覆われているのが特徴。
 甲竜族に似ているが、体質や機能は爬虫類のそれに似ている。
(竜属系)竜繊族 竜属をベースとしながら、繊属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 繊維質の滑らかな表皮に覆われるが、体質的には爬虫類に近い。
(竜属系)竜晶族 竜属をベースとしながら、晶属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 有機種族だが、ウロコや器官に無機物が凝縮した部位を持つのが特徴。
 放射線に強く、真空に適応したザイオロード種族にしばしば見られる。
シルバゴンなどがイメージソース。
(竜属系)翔族 竜属から派生したグループで、GDW世界における鳥類を指す。
 ウロコが変化した羽毛に覆われ、飛翔能力に特化していることが多い。
GDWにおける鳥類の概念。
(竜属系)泳族 竜属から派生したグループで、GDW世界における魚類を指す。
 水棲種族が多いため文明種に進化する例は全般に少ないが、例外はある。
GDWにおける魚類の概念。
麟 属 人間を除く哺乳類に似た外観を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 陸棲に特化していることが多く、運動能力は高いが、人属ほど文明化には向かない。
(麟属系)麟人族 麟属をベースとしながら、人属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 獣類の顔つきと人間的な体形を持つことが多く、運動能力の高い種族が多い。
 ケンタウロスのように人面だが他部が獣類に寄っている場合もこの系統に含まれる。
ケモノ獣人がイメージソース。
(麟属系)麟甲族 麟属をベースとしながら、甲属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 哺乳類ベースながら、甲殻類を思わせる鎧のような外骨格を持つケースが多い。
マンティコアなどがイメージソース。
甲 属 昆虫類や甲殻類に似た外観を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 強靭な外骨格で体重を支え、放射線耐性を持つなど竜属に近い順応性があるが、
 竜属ほど大型化する例は少なく、比較的小型の種族が多い。
(甲属系)甲人族 甲属をベースとしながら、人属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 人間に似た体形を持つ昆虫類といった外観の種族が多い。
(甲属系)甲竜族 甲属をベースとしながら、竜属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 昆虫に似た外観ながら、長い尾を持つなど爬虫類的な特徴を併せ持つ。
 甲属系混合系統では比較的大型に進化するケースが多い。
ゼットンなどがイメージソース。
(甲属系)甲繊族 甲属をベースとしながら、繊属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 節足動物の体質を持つが、柔らかい皮膜で覆われていることが多い。
 芋虫のようなワーム状の種族もこの系統に属する。
(甲属系)甲機族 甲属をベースとしながら、機属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 有機種族だが、回転軸など機械的な器官を持っていることが多い。
(甲属系)甲空族 甲属をベースとしながら、空属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 実体のある外骨格を持つが、体内はエネルギー体で実体を持たない。
繊 属 繊維質の体組織を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 体重を支える主体的な骨格を持たず、全身の筋肉で体重を受け止める
 軟体動物のような体質を持つことが多いが、植物的な種族も多い。
 竜属ほどの順応性はないが、環境耐性に優れ長寿を得るケースが多い。
(繊属系)繊人族 繊属をベースとしながら、人属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 人間に似た外観を持つが、骨格を持たず筋肉で体重を支える体質を持つ。
(繊属系)繊甲族 繊属をベースとしながら、甲属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 防御のための甲殻を持つが、体重は筋肉で支える種族、貝類に多い。
GDWにおける貝類の概念。
根 属 植物のように根を張って生活する種族をグループ化する根源系統の概念。
 植物類が多いが、全ての植物が該当するわけではなく、サンゴなども含む。
 動かない種族が多いことから文明を持つケースは少ないが、耐久性が高い。
(根属系)根晶族 根属をベースとしながら、晶属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 無機種族でありながら、植物のように根を張って生活する種族を指す。
晶 属 無機物や結晶質の体組織を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 耐久性の高い種族が多く、他系統に比べて寿命が長いことも多いが、
 無機物の高分子が生体組織の柔軟性を持つことが少ないため、少数派にとどまる。
ゴーレムなどがイメージソース。
(晶属系)晶空族 晶属をベースとしながら、空属の特徴を併せ持つ混合系統の概念。
 鉱物生命体のように見えるが、エネルギー体のような体内器官を持つ。
機 属 機械的な肉体構造を持つ種族をグループ化する根源系統の概念。
 電磁気と相性の良い無機質種族(晶属)に多く、回転軸などの構造を持つが、
 甲属系など硬い外殻を持った種族にも稀に現れることがある。
 進化によって獲得した体質のため、基本的に接合部のないモノコック骨格
ゾイドなどがイメージソース。
空 属 物質的な実体のない波動生命種族をグループ化する根源系統の概念。
 生まれた時から精霊のように振舞い、様々な変身能力を持つことが多い。
 プログラムが自我を得た電子生命体空属の1種に含まれる。
大系統 銀河団スケールで影響力を持つ系統因子の巨大なグループ。
 調整者クラスの大系統起源体がいることが多く、宇宙生態系の中枢をなす。
 大系統が違う種族は、原則として交配することができない。
中系統 銀河スケールで影響力を持つ系統因子の大きなグループ。
 起源体の存在は不明瞭だが、外観のよく似た種族が多く、判別が容易。
 上位グループである大系統の傘下が確定していることも多い。
 中系統違う種族の交配も原則として簡単ではないが、
 大系統で一致する場合においては、必ずしも不可能ではないようだ。
小系統 惑星系〜星団スケールで影響力を持つ系統因子の小中規模のグループ。
 多くの亜種を持つ種族群をグループ化する概念として用いられることも多い。
 系統内での交配に特に問題はないが、体格が大きく異なる場合は注意が必要。
生命群 共通項のある特徴を持った種族のグループの総称。
 大系統中系統も広義には生命群のカテゴリに属している。
 また系統種とは異なる背景を持つ種族グループに用いられることも多い。
バストラクト 同一中系統内における、均一的な混血個体群の総称。
 系統種の枠組みは外れないが、原種を特定できない場合を指す。
 テクトラクタなど、多種族が集まる要衝都市に数多く見られる。
白銀の賢者氏原案投稿。
大系統起源体 大系統を生み出した「系統種の神」とも言うべき、高度に進化した知性体
 調整者クラスの精神生命体であることが多く、すでに種族の枠組みを超越しているため、
 寿命の概念がほとんどなく、何百万年も前から存在し続けている。
 銀河系の守護者として存在しているケースも多い。
 ほぼ例外なく、リーヴァス宇宙連合に加盟し、強大な発言力を有する。
準生命(超生命)コラムも参照。
 

 
★特殊生命分類概論(ミュータントやゾアクロイド等の概念)
 

GDW世界観には、しばしば系統種の枠組みでは説明が難しい種族が誕生する。
 銀河社会を脅かすほどの特殊能力を秘めた種族が生まれたり、
 強硬な軍事国家などによって、種族が書き換えられるケースがあるためだ。
 宇宙全体で見れば少数であるが、個々の能力水準が高いため、無視できない影響力を持っている。

 
用語名等 用 語 概 要 備 考
ヒューマノイド 人間型種族を指す便宜的な分類、必ずしも人属系だけを指さないので注意。 便宜的な分類。
 現実には人型ロボットを指すこともあるが
 GDWではそうした用い方はしないため注意。
エイリアン 体形は人間に近いが容姿の違う種族を指す便宜的な分類。
 全般的には、ヒューマノイド種族を除く文明種族に対して用いられる。
便宜的な分類。
クリーチャー 人間と容姿が著しく異なる種族を指す便宜的な分類。
 全般的には、文明を持たない動植物に対して用いられる。
便宜的な分類。
ザイオノイド(超人類) 能力進化が先行した、突出して強大な種族を指す分類用語。
 概ね、出力体格比10000を超える種族を指し、出身地の環境が特殊であることが多い。
 ただし、能力水準が高くとも、戦闘に用いない種族はザイオノイドと呼ばないことが多い。
ザイオロード(超獣類) 突出して強大な能力を持つ、大型のクリーチャー種族を指す分類用語。
 自制的知性がない場合、少数個体で惑星環境を破綻させるほどの影響力を持つ。
 「宇宙怪獣」などの俗称を持つ場合は、ザイオロードであることが多い。
 ローカルな宙域では、怪獣類と呼ばれることもある。
ザイオロイド(超亜類) 後天的な原因によって、強大な能力を得たミュータント種族を指す。
 多くの場合は可逆型であり、しばしば超自然的ないし超科学による「変身」を伴う。
 変身後の体質が原種と大きく異なっている場合に適用される。
ゾアクロイド(宇宙魔族) 破壊者指定された強大で好戦的な種族のうち
 自力で宇宙進出できるだけの能力や社会を持ち、影響力の大きな種族を指す。
 破壊者であると同時にザイオノイドであることが多いが、
 高度な社会性を持ち、上手く付き合えば開発者としても通用する場合もある。
戦神族 監視者であると同時にザイオノイドとしての特性を持つ種族の俗称。
 銀河社会の指導者であると同時に勇猛な戦士種族であることが多く、
 実際に主導的な共同体で中心的な戦力を担う場合が多いためこう呼ばれる。
 反体制的なゾアクロイド種族に対抗する戦力として期待されていることも多い。
便宜的な分類。
神獣族 監視者相当の知性を持つが、文明を持たないクリーチャー種族に対する俗称。
 独自の文明こそないが、文明や言語を理解していることが多く、
 また能力水準の高いザイオロードであることも多い。
便宜的な分類。
怪獣類 環境破壊リスクを有する巨大生物群の総称で、ほぼザイオロードの別称だが、
 銀河社会での標準用語ではなく、ローカルで用いられる概念。
版権作品での怪獣を指す。
ミュータント(GDW版) 後天的な要因によって、能力や遺伝子が大きく変質した種族を指す。
 変異前の原種に対して、外観も見分けがつくほどに変わっていることが多い。
 能力水準の強化だけ(新たな超能力を得るなど)の場合は、限定的な亜種化に当たり、
 GDWにおいてはミュータントとは呼ばないため注意。
 (個体能力の突出などのケースは、GDW世界観では普通に見られるためだ)
ジェネティック(GDW版) 人為的な要因によって、能力や遺伝子が大きく変質した種族を指す。
 広義には強化人間サイボーグ類の総称に当たるが、
 GDWにおいては「遺伝子が変質している」ことが適用の条件であり、
 義手や義足の装着程度では原則的にジェネティックとは呼ばないため注意。
 (脳以外を機械化するほど人工化が進んでいる場合はジェネティックと言える)
戦災ミュータント 後天的な要因によって、能力や遺伝子が大きく変質したミュータントのうち、
 テロや戦争などの戦禍が、変異に大きく起因しているケースを指す。
 ミュータント自体の定義がそうであるように、
 戦災ミュータントの場合も、原種とはっきり区別可能な外観の変化が起きている。
 ジェネティックを生み出したテクノロジーや生物兵器が関与していることが多いが、
 意図的な強化改造でないことが多いため、ジェネティックとは区別化される。
第2文明種
(2次文明種)
惑星や遊星に発生した文明種族の中で、先輩種族を持つ種族のこと。
 前世代の文明種監視者クラスまで進化した惑星などにおいて、
 消費者開発者相当の後輩種族が出現しているケースがしばしばある。
準生命 生命現象に似るが、イコールではない特殊な現象の1つ。
 宇宙における“自然現象”が、生命現象に“進化”する過渡期の現象とも言われ、
 不完全な存在場による擬似的な生命と言うべき振舞いをするのが特徴。
妖怪などの超自然現象のGDW解釈。
神魔融合体 監視者(神々)に多く見られる性質(1つではない)と、
 破壊者(魔族)に多く見られる性質(1つではない)共存させた特殊個体の総称。
 霊力と魔力を同時に高出力で安定的に持つ、神族でありながら闇属性に通じる
 魔族でありながら光属性に通じる、などのある種反則的な資質を有しており、
 生存率の高さという意味で「究極の生命体」の1柱と考えられている。
 あらゆる種族に発生し得るが、個体数自体は絶対的に少ない
 (こうした特性の個体が多いと宇宙秩序を揺るがし兼ねないためである)
 種族レベルで神魔融合体というケースも原則的にない(上記のリスクにつながる)が、
 能力特性的に「発生し易い」ケースはある。
属性化身体 基本属性管理者として出現する調整者レベルの精神生命体
 知性体のクラスとしては大系統起源体に次ぐ超高位な存在であり、
 司る属性の範囲内に限定すれば、万能と呼ぶに相応しい特性を持つ。
 神話世界で「火の神」「水の神」などと呼ばれる存在に相当するが、
 大系統起源体同様、その影響力は銀河の枠組みを超える
 ほぼ例外なく、リーヴァス宇宙連合に加盟し、強大な発言力を有する。
準生命(超生命)コラムも参照。
 

 
★特殊能力概論(サイキック能力や波動出力の概念)
 

GDW世界観に登場するキャラクターには、超能力を思わせる特殊能力を行使できる者が多い。
 これは生命現象超時空に根差し、物理現象とは独立して確立されているためだ。
 生まれながらに爆発的な能力を解放できる者は少ないが、多くは専門的な訓練で能力を解放することができる。
 実はこうしたカリキュラムが存在する背景にも、空間テクノロジーの確立が大きな影響を及ぼしており、
 銀河社会に進出した宇宙人開発者たちにとって、こうした能力が珍しくない理由となっている。

 主な用語群波動出力関連属性関連

 別記特集銀河生命学概論

 
用語名等 用 語 概 要 備 考
サイキック能力 生命体が発動する超時空現象を伴う能力の総称。
 基本的に大多数の種族とその個体に潜在的に備わっている性質であるが、
 生来的には潜在能力に当たるため、専門の訓練を受けなければ普通は発動できない。
 GDW地球人アークスも持つのだが、専門訓練自体が一般化していないのだ)
 生命存在場層物質存在場層とは異なる位相を持つために発揮できる。
 銀河社会においては、専門訓練が一般化しているため能力の発揮自体は珍しくない
 念話(テレパシー)能力念動(テレキネシス)能力召喚(テレポート)能力に大別される。
 ただしこれ以外に、特殊属性能力を持っている場合もある。
統合的概念。
念話能力
(テレパシー)
サイキック能力の1種で、空間位相通信を行うことができる。
 生命存在場層を介して意識を発し、量子効果で瞬時に相手に情報を転送する。
 理論上は光速を超える通信を行うこともできるが、実際には非常に難しい。
 発動者自身が通信相手がいる方位や座標を、正確に認識している必要があるためだ。
 そのためよほど能力が高いか鍛えられた者でない限りは、
 電波と同じ速度で、近距離の情報交換ができる水準に留まっていることが多い。
念動能力
(テレキネシス)
サイキック能力の1種で、物理的手段を用いずに物体を移動させることができる。
 生命存在場層を介して意識を発し、局部的な重力制御を行うことで実現する。
 移動できる物体の重さや距離は、発動者の精神出力に比例する。
 ただし能力の行使に慣れていない場合は出力ロスがあり、効率が悪い。
 属性制御能力においても、火や風など、自然現象の操作に関しては、
 念動能力の特性を媒介している場合が多い。
召喚能力
(テレポート)
サイキック能力の1種で、空間位相質量転送を行うことができる。
 生命存在場層を介して意識を発し、離れた座標に物体を転送するもので、
 3大サイキック能力でも最も直接的に超時空に干渉するため制御が難しい
 移動できる物体の重さや距離は、発動者の精神出力から導かれた、
 質量転送係数テレポート・モーメントに比例する。
 念動能力をうまく組み合わせることで、自身を超光速で移動させることも可能だが、
 こうした応用力を発揮するには、能力水準が高くても高度な訓練が不可欠。
波動出力 生命体などの瞬間的なエネルギー放射出力)を比較する概念。
 種族や個体の能力水準を評価する際の指標として使われている。
 ただし、あくまでも出力を比較することしかできないため、
 波動出力=戦闘力にはならないため注意が必要。
統合的概念。
波動出力指数(Gex) 波動出力数値比較のために用いる単位で、「Gex=」と表記する。
 指数関数の概念が導入されているため、数値が1増えると出力は10倍になる。
 例を挙げれば、「Gex=4」の出力は「Gex=2」より100倍大きいのだ。
 Gex=6を超えると軍事兵器に匹敵する出力になり、
 Gex=10広島に投下された原爆の熱エネルギーと拮抗する。
 Gex=15では巨大隕石の衝突や核戦争並みのエネルギーになる。
 GDW世界観では種族平均でGex=10を超える種族は例外を除いて発生せず種族の壁)、
 Gex=15を超える出力を秘める個体も滅多に発生しない魔神の壁)と定義している。
 (歩く核兵器のような能力水準は世界観上要請が少ないため)
統合的概念。
身体(本体)出力 身体的・肉体的な出力の評価に用いる、波動出力の概念の1系統。
 物質存在場層を介して解放されるエネルギー量を示唆しており、
 発動者の物理的な運動能力に大きく関わっている。
 筋肉や骨格に影響されるため、出力に一定の上限値がある(肉体の壁
精神(装備)出力 精神的・移植装備的な出力の評価に用いる、波動出力の概念の1系統。
 生命存在場層を介して解放されるエネルギー量を示唆しており、
 発動者のサイキック能力の水準評価に大きく関わっている。
 意識効果によって超時空現象を起こすため身体出力より数桁大きな出力が可能だが、
 身体出力とのギャップが大きいほど不安定になり、
 「身体出力値の2倍」が限界と考えられている(身体Gex=2なら精神Gex=4まで)
外力制御 念動効果テレポート・モーメントを活用した、サイキック能力応用の技能を示す。
 武道の達人が相手の動きを活かして投げることができるように、
 自身が解放するよりも大きなエネルギーを周囲から引き出し利用できる。
 ただしこの能力を発揮するには、自身の能力水準を把握している必要がある。
 精神出力増幅効果を持つ戦闘用デバイスもこの理論を応用したもの。
出力体格比 発動者の波動出力体格のバランスを表した数値指標。
 標準クラス種族の出力体格比1〜10であり、
 身長2mほどの種族の場合、Gex=2〜3であることを意味する。
 発展クラスの場合これが10〜100になり(同体格ならGex=3〜4)
 中堅クラスの場合100〜10000となり(同体格ならGex=4〜6)
 そして高位クラスの場合10000を超える(同体格ならGex=6以上になる)
 高位クラスザイオノイドの目安とされているが、
 「標準クラス1万人分」の能力水準を持つのだから当然であろう。
運動能力指数 発動者の運動能力に応じた身体出力の評価係数。
 波動出力は瞬間的な最大出力を基準にしているため、
 係数1は常人レベルではなく、鍛えたスポーツ選手の水準と定義される。
意識効果 意識を発して、周囲の環境を能動的に変化させる効果を示す。
 サイキック能力の基礎をなす効果であり、生命存在場層を介して超時空に干渉する。
 超宙域のような不安定な空間では、肉体に変化を起こすことも可能であり、
 しばしばゾアクロイドが自身の強化のために利用している。
破壊(排除)効果 意識効果がもたらす環境変化の1例で、波動放射によって外敵を排除するもの。
 制重効果の1種だが、ほぼ水平に放射するため局部的な破壊力を持つ。
 爆発現象の衝撃波と良く似た影響があり、出力評価が容易。
 破壊力を持つ波動弾の発射などの技はこの効果を使ったもの。
 ただしこの効果は基本属性動的属性位相に関連しているため、
 静的属性位相に関連する防壁効果を直接的に圧倒することは難しい。
防壁(結界)効果 意識効果がもたらす環境変化の1例で、波動放射によって外敵を制止するもの。
 制重効果の1種だが、ほぼ水平に放射するため制重効果より制御が容易。
 ただし破壊効果と違って「波動の壁を形成して外敵を食い止める」ため、
 精神出力に比例した有効半径が、破壊効果の場合より狭くなる。
 実はサイキック能力のみならず、宇宙船の空間シールドも同じ効果で発動している。
制重(念動)効果 意識効果がもたらす環境変化の1例で、重力制御を引き起こすもの。
 念動能力もこの効果をコントロールして発動させている。
 実はサイキック能力のみならず、宇宙船のリパルサードライブも同じ効果で動いている。
テレポート・モーメント 召喚能力の水準を評価するための係数的指標。
 発動者の精神出力から数値を導き出すことが可能であり、
 Gex=2の場合テレポート・モーメント30になる。
 これは、この出力の場合「1kgの物体を30m瞬間移動可能」なことを意味する。
霊力(神力)
(GDW版)
サイキック能力の位相効果の1つ。
 物理効果より超時空効果に相性が良いため、
 空間を越える効果を持っているが、それ自体に物理的な影響力は少ない
 基本属性では静的属性位相神光の結晶場と共鳴する傾向が強い。
 監視者種族や僧侶・霊媒師系の術者に資質が現れる場合が多い。
 実はタキオンテクノロジーもこの効果に良く似た特性を持っている。
魔力(妖力)
(GDW版)
サイキック能力の位相効果の1つ。
 超時空効果より物理効果に相性が良いため、
 物理的な影響力(直接破壊や気象操作)が大きいが、空間を越えるのは難しい
 基本属性では動的属性位相魔色の結晶場と共鳴する傾向が強い。
 破壊者種族や戦士・魔術師系の術者に資質が現れる場合が多い。
属性(GDW版) GDWにおいては、主にサイキック能力特性を分類するための概念。
 物理現象や精神現象に根差した9個の基本属性をベースとするが、
 位相の全く異なる特殊属性を発動する能力者もいる。
統合的概念。
基本属性 サイキック能力の特性を分類するための基本的なパラメーター
 物理現象に対応した3特性を色の3原色赤・青・黄)で表し、
 精神現象に対応した3特性を光の3原色マゼンタ・シアン・緑)で表し、
 これにを象徴するを象徴するニュートラルクリアーの計9属性を持つ。
 ただし実際には、それぞれの能力特性の境界は曖昧である。
属性連動軸 効果が連動しやすい属性をシャフトでつないだ概念。
 攻撃的で感情的な情熱の連動軸(赤・クリアー・マゼンタ)
 精神干渉系で電波的な霊雷の連動軸(黄・クリアー・緑)
 クールで冷徹な冷水の連動軸(青・クリアー・シアン)
 達観的で非情な光闇の連動軸(白・クリアー・黒)4パターンが存在する。
属性同調位相 同じ位相に存在する3属性を統合した概念。
 物理現象に対応した動的属性位相(赤・青・黄)
 精神現象に対応した静的属性位相(マゼンタ・シアン・緑)2パターンが存在する。
属性結晶場 相関関係を持つ4属性を統合した概念。
 動的属性位相を含めた魔色の結晶場
 静的属性位相を含めた神光の結晶場2パターンが存在する。
 前者は魔力破壊者、後者は霊力監視者と相性が良いという特徴がある。
特殊属性 特殊存在場層によって発動する特殊サイキック能力属性
 他の属性とは異なる位相を持つため、特定条件下では支配的な影響を持つ。
 他のサイキック能力とは異なり、発動可能な者は限られている。
 ただし極めて制御が難しく、使いこなすには相当な訓練を要する。
闇の霊力 存在場突然変異が原因とされるサイキック能力の変り種パターンの1つ。
 霊力系の特性を持ちながら、魔力と連動しやすい属性とリンクしている。
 監視者系の特殊個体に発現した場合、「闇の呪い」に強い耐性を持ち得るが、
 破壊者系の特殊個体に発現した場合、「光の審判」が利かないケースが起きる。
 全般に相手の干渉を無効化する方向に強い効果を有する。
光の魔力 存在場突然変異が原因とされるサイキック能力の変り種パターンの1つ。
 魔力系の特性を持ちながら、霊力と連動しやすい属性とリンクしている。
 破壊者系の特殊個体に発現した場合、「光の終末」を行使する能力を発動し、
 監視者系の特殊個体に発現した場合、「闇の活用」が可能な特性を持つようになる。
 全般に核爆発のような非情な浄化に強い効果を発揮する。
 

        

 


★銀河社会の主な構成種族とその能力水準
 

GDW世界観は、「銀河団と多次元で広がる世界観」であるが、
 基準となる舞台環境があり、これを俗称または総称として銀河社会と呼んでいる。
 基礎的な解説は『WORLDS』カテゴリに譲り、
 ここでは銀河社会のスタンダードとなるキャラクターの特性について解説する。

 銀河社会超光速宇宙船を自力開発できる文明種族(主に開発者)を主力とした社会であり、
 概ね銀河単位で広がる多様な文明社会の相互交流ネットワークを意味している。

 銀河社会の主要構成種族は、開発者と呼ばれる知性階層の文明種族である。
 開発者とは、種族内での勢力争いを概ね克服した紳士的な理性を有する知性水準を持ち、
 衝突や紛争を最小限に抑えて種族間交流を行うノウハウがあり、
 また星間進出を容易にするための超光速宇宙船などの技術を自力開発している種族を指す。
 銀河社会を主導する種族はより進化した監視者であるが、勢力的には少数であり、
 銀河社会の主役であり、勢力的に最多シェアを占めるのは開発者だと考えて良い。

 また銀河社会に所属する文明種族の多くは、限定的ながら特殊能力の開発に成功しており、
 現実世界の人類から見れば超能力と見られるような能力を日常的に使うことができる。
 ただし1部の強大な種族を除き、その多くは補助的な能力である。
 銀河社会に属する大多数の種族(主に開発者)は、特殊能力を戦闘力にではなく、
 健康法の一環として使ったり、種族間交流の手段として活用しているのである。
 銀河社会の標準言語であるベーシックも、こうした能力の開発でより効果的に活用できるし、
 それぞれの種族や個体が持つ特有の能力を活かしたアイテムの開発も行われている。
 そのため、よほど危険性の高い能力でない限り、「能力を持つことで」避けられることはない。
 また多少のリスクは、科学技術によってフォローできる体制も整っているのである。

 因みに、GDW世界観には地球人類が存在し、銀河社会ではアークスと呼ばれている。
 アークス消費者から開発者に移行する過渡期にあり、
 特殊能力の水準が引き上げられた新種(アークス・ネオス)が誕生しつつある。
 基準年時代のアークスはまだ銀河社会に進出しておらず、
 特殊能力に関する知識も一般的には浸透していないため混乱が起きることになるが、
 数十年ほどの混迷の時代を経て“解放の時代”を迎え(概ね21世紀後半から22世紀にかけて)
 後発ながらも新参の開発者種族として銀河社会に進出していくことになる。

 
【設定補記】
 GDW世界観における“銀河社会”は、原則として相互協調・共生が大原則であり、
 帝国主義的・覇権主義的な勢力は不可ではないが例外的なケースであるとしている。
 これはGDW世界観が基本的に「戦国的な世界観ではない」ことが最大の理由であるが、
 (攻撃的な勢力はあるし戦禍も起きているが、「基本的に平和」だからこそのハイライトという位置付けである)
 「絶対的な支配者や独裁者によって銀河を支配することは難しい」というG-maの統治観も背景にある。

 銀河という巨大なスケールで強大な文明的影響力を行使するためには、必然的に長い歴史と経験値が必要で、
 他者(他種族)を尊重しないような体制がこうした長い歴史を維持することは難しいはずだと考えるためだ。
 それこそ全知全能・永久不滅の神でもトップに据えない限り、永続的な支配体制の維持は不可能であろう。
 (版権ものでも例えば『スターウォーズ』の銀河帝国などは、パルパティーン治世の数十年に過ぎなかった)
 


 
GDW投稿ガイドライン・CHARACTERS編
 GDW世界観は、スタッフ(投稿者)投稿や提案によって、拡大するシェアードワールドです。
 銀河を越えた広大な宇宙異次元世界の肯定、神々や魔物の存在などによって、
 幅広い設定を受け入れることが可能ですが、それでも世界観の秩序を維持するためのルールがあります。
 このコンテンツはそうした、投稿における注意事項や参考情報について記したものです。

 なお、基本的なルール全てのカテゴリに共通するものと考えてください。

 本カテゴリは「GDW世界観のキャラクターをデザインする」ものであるため、
 投稿内容も宇宙人の種族や個体(広くは人類も含む)クリーチャー(動植物)類などになります。
 またGDW世界観は神々や魔物の存在を肯定していますのでそうした設定も可能ですし、
 ミュータント(突然変異体)ジェネティック(強化生物)などの投稿も可能です。

 そして、このカテゴリは「設定のインフレ化」最も起こりやすい分野でもあります(苦笑)
 基本ルールにも書いてますが、空想が好きな人は大抵、強い戦士が好きですからね(笑)
 G-ma自身も「強い戦士キャラ」は好きなのですが、この手の設定の過剰な量産は危険です。
 GDW世界観の基本スタイルである「非戦国世界観」に反し、バランスを崩す恐れがあるからです。
 「インフレ傾向の強い設定にはそれに見合った役割や地位が必要」と書いているのもこのためです。
 管理されない核爆弾がたくさんある世界を想像すれば、その危うさは分かると思います。
 GDW世界観のキャラクターは願わくば「強さ」よりも「個性」「多様性」で勝負して欲しいですね。

 またこういった傾向(インフレキャラが作られやすい傾向)をセーブするために、
 GDW世界観では幾つかの基本的なルールを設けております。
 例えば、種族平均のスペックの限界目安を定めた“種族の壁”
 個体能力の制約を定めた“肉体の壁”“魔神の壁”
 ジェネティック強化限界を定めた“強化の壁”などが、このルールに当たります。
 これらのルールは決して、投稿設定の可能性を縛るものではありません、むしろその逆です。
 安直なスペックの肥大化を控え、バラエティに富んだキャラクターを創造して頂くためのルールです。
 俺様イズムな自己中マッチョよりも、空気を読める個性派キャラの方が重要なのです(爆)

 もう1つの重要なルールが、“系統種”の概念です。
 系統種、及び根源系統は、GDW世界観における生命種族のパターンを示す分類で、
 現実世界の哺乳類や爬虫類、昆虫類や魚類といった分類に近い概念です。
 現実世界で見られる生物類だけでなく、晶属(主に金属生命体)空属(主に精霊系)なども存在します。
 GDW世界観では、宇宙線の影響を受けない生命エネルギーパターン“因子”が宇宙を行き交い、
 惑星を超えた宙域で類似の種族が発生し易い環境を作り出しています。

 例えばGDW版地球人類に当たるアークスは、オリオン系統人属と呼ばれる系統種の1員です。
 主に霊長類型種族を指す根源系統“人属”の1系統種で、
 銀河には同じ系統種に属するヒューマノイドタイプの宇宙人が幾つも存在します。
 この系統種に属する種族は基本的に全員“近縁種”に当たり、交配も可能になっております。

 系統種の概念は、近傍宙域(概ね銀河の1角など星雲単位)類似の種族を設定する基準となり、
 混血の幅を決める基準(根源系統や系統種を超える交配は困難)にもなっております。
 つまりGDW世界観では、「人類と昆虫星人の混血」などは難しいわけです。
 人工的な合成は可能ですが、「自然発生」仮面ライダーのような種族は生まれにくいのです(爆)
 この概念で、多様性の中にも一定の共通項と方向性を作ることができるようになっています。

 参考:創作キャラクタージャンル別リスト