GDW-CHARACTERS
(キャラクター設定集)
当カテゴリ
★セリュエジアス個体特集(2016〜2019年) ※種族特集はこちら。
 
★セリュエジアス/ヴェクトル・エンディアーノ
 統合ナンバー:CS-CTSS2131HS1-M21601
出身地:惑星セリュジン 【個体概要設定】
 基準年時代の前後(1万年以上の幅がある)に生きたセリュエジアスの男性。
 格闘家にして俳優にしてパフォーマー複数の職歴を持ち、タレントの顔もある。
 陽気なムードメーカーで知られるが、根はかなり真面目な人物であり、
 メディアの前では意識してキャラクターを作り上げている。

 常にプロレスラーのような露出の多い服装をしているが、
 これは彼なりに「肉体を極限まで極める」信念を体現するためだという。
 セリュエジアスとして突出した出力を開放するわけではないが、
 その肉体の強靭さには定評があり、ずば抜けた持久力や耐久性を秘めている。
 また皮膚を意識的に硬化・変形可能なセリュエジアスの体質も最大限に利用し、
 同じ人物とは思えないほど多彩な演技やパフォーマンスをこなして見せる。

 格闘家としても知られるが、「格闘技の大会には興味がない」と公言しており、
 その強靭な肉体だけで「何でもこなせるようになる」ことに関心が強い。
 実際に過去1万年以上、このために様々な挑戦を繰り返してきており、
 複数の職歴を持つのもこの挑戦の成果と言って良いだろう。
 「戦うことを専門にしていない」が、幅広いキャリアを持っているため、
 彼を標的とする犯罪行為が成功する確率は非常に低いと言わざるを得ない。

 またその過程で実に幅広いコネクションも開拓している、顔の広さも持ち味である。
 彼がメディアに見せる陽気なキャラと真面目な性格を最大限に活かし、
 銀河社会様々な階層をつなぐ印象的なキーパーソンとしても活躍しているのだ。
 「超筋肉戦神」セリュエジアスについて詳しく知らなくとも、
 ヴェクトル顔は見たことがある、というくらいには知名度が高いのである。

 
時代枠:基準年時代(前後数千年)
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
セリュエジアス
3.3m
Gex=7.5
Gex=8.4(外力9)
(未定)
タレントのスキル
格闘家のスキル
精神共鳴
(思念交流含)


不明









エピソード:
【Meking Memo/設定補記】
 2016年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 「肉体を極限まで極めた」セリュエジアスの個体として、
 あえて戦闘力ではなく「カラダ1つで何でもやる」多機能性に特化させたもの。
 器用さを強調するのが目的のため、出力値は平均値に留めている。
 (ただしGex=8は普通にウルトラ怪獣と殴り合えるスペックである)

 マッチョ系のマルチタレントとしてイメージしており、
 複数のリアルタレントにイメージソースがあるが、固有のモチーフはない。
 「はっちゃけたキャラは演技」というのも、芸能人に良くあるパターンだろう。
 戦士属性を強調されがちな種族(能力特性的に止むを得ない)だからこそ、
 あえて「それ以外の活かし方もある」ことを狙った設定である。

 知名度が高いのも「メディア露出度が高い」ためであり、
 「肉体(の器用さ)を極める」ために1万年以上も努力を続けているため、
 様々な銀河社会のシーンに登場できる裾野の広さがポイントである。
 (芸能人が親善大使などの肩書で外交の世界に登場するケースは実際にも多い)
 

 
★セリュエジアス/シェプレス・ネフェキドナ
 統合ナンバー:CS-CTSS2131HS1-MS2161

 【投稿キャラクター】
出身地:惑星セリュジン 【個体概要設定】
 基準年時代(前後数千年の幅を持つ)に生きたセリュエジアスの女性。
 フォルヴレイン同盟内で素材開発の大きなシェアを持つプルトメスティ財閥令嬢として有名であり、
 セリュエジアス歴史でも有数の美女であるためメディアの露出も多い人物だ。
 大富豪の娘であるためやや高慢な振舞いだが、異性を陥落させる手腕に優れていると言われており、
 「彼女が敵性勢力の工作員だったら今頃フォルヴレイン同盟は滅んでいた」と皮肉られたことまである。

 実際フォルヴレイン同盟内の富豪や政治家が、彼女の愛を受けるべく盛大な駆け引きを展開しており、
 中でも有力代議士の1人で中道左派の論客として有名なキシュキリアンジルヴァ・ロムハーディと、
 同族の変種でマフィアの首領でもあるルインツレイヴ・フェルナンディアスの駆け引きは伝説的だ。
 もっともフェルナンディアス自身は最終的にネフェキドナの姉の方を伴侶として選んでおり、
 ジルヴァとも子供を設けていたりするのだが、様々な事情から正規の子孫には登録されなかったという。

 なおその“ハニートラップ”の巧みさで伝説的な人物だが、政治攻略の巧みさでも優秀な人材であり、
 プルトメスティ財閥内で起きた権力闘争で、財閥自体が衰退しつつあった時期に、
 1時的にせよこれを取りまとめ、衰退にストップをかけた功績としても記録に残っているのだ。

 
時代枠:基準年時代(前後数千年)
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:




装 備 等:
セリュエジアス
2.9m
Gex=7.2
Gex=8.2
(未定)
経営者のスキル
精神共鳴
(思念交流含)


不明

エピソード:
【Meking Memo/設定補記】
 2021年ヴァイオレット氏が投稿したキャラクターだが、草案は2016年頃からあった。
 世界3大美女の1人として有名な古代エジプト・プトレマイオス朝の“女王”クレオパトラが主なモチーフ。
 名前は同じくエジプト王朝の著名な王妃の1人であるネフェルティティからの連想らしい。
 彼女と絡む政治家のジルヴァが、クレオパトラとの縁でも有名なジュリアス・シーザーをモデルとするため、
 単なる財閥令嬢として作ったネフェキドナ格が上がったとはヴァイオレット氏の談だ(笑)

 なお財閥の名前は元々「プレトマスティ」だったが、プトレマイオス朝を連想しやすいため弄っており、
 銀河社会における主なシェアを「素材開発」にしているのは、多くの宝飾品を生んだエジプト王朝から。
 ただし宝飾品の素材だけではなく、超物質含有合金などの「銀河社会版レアメタル」にも進出し、
 大きな売上を叩き出した老舗企業の1つとして想定している。
 実際素材事業でシェアの大きな企業は、産業の大黒柱として絶大な影響力を持つのだ。
 (半導体開発の大手が時に世界情勢を揺さぶるのもこのためである)
 

 
★セリュエジアス/メルベア・ティベルワード
 統合ナンバー:CS-CTSS2131HS1-M21701
設定画(2021-2022※仮着色
出身地:惑星セリュジン 【個体概要設定】
 基準年時代の前後(数千年以上の幅がある)に生きたセリュエジアスの女性。
 セリュエジアスとしては小柄で身長は3mに届かないが、
 同族の雄性体顔負けのずば抜けた筋力を内包している1種の高位体
 また皮膚角質を変化させる能力にも優れ、波動感知角などを全身から形成できる。
 ディガスに属しており、正大使として星間外交の職を担っている。
 正義感が強くメンタルも粘り強いが、内面は繊細で意外と乙女な1面があるようだ。

 少女時代はアスリートとして名を馳せており、著名なタイトルを複数持つが、
 混迷する銀河情勢を見て義憤に駆られ、ディガスに身を投じたらしい。
 またアマツガイ帥将軍の隊員と面識が多く、共同作戦時には橋渡し役を担う。
 同族のマルチタレント、ヴェクトルやその盟友たちとも顔見知りである。
 元々運動選手のため能力制御に優れ、この筋力で標準クラスと握手できるのだ。
 エージェントスーツはコンパクトで、競泳水着やレオタードのようにも見える。

 後にオウグレアスリスティオ・シュペルス種族を越えた婚姻を得る。
 (中系統レベルの違いであれば、特別な医療処理を経ずとも繁殖が可能である)
 リスティオ無頼の格闘家リュゼンの息子として謀略事件に巻き込まれており、
 それが2人の距離を縮めた大きなきっかけになったようだ。
 因みにザイオノイド義勇組織の1つであるキュロイナスの結成も支援しており、
 この義勇組織も同じ事件をきっかけに誕生していたりする。

 
時代枠:基準年時代(前後数千年)
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
セリュエジアス
2.6m
Gex=7.5
Gex=8.4
(未定)
外交官のスキル
アスリートのスキル
精神共鳴
(思念交流含)


エージェントスーツ





エピソード:
【Meking Memo/設定補記】
 2017年頃に初めてイメージしたキャラクター。
 特にモチーフはなく、快活で純粋な体育会系女子のイメージである。
 身長2.6mは人間から見れば「巨大女」であるが、
 平均身長が3mを超すセリュエジアスとしては「小娘」に等しい(爆)
 (人間として体格比で計算すれば1.5mくらいになる)
 これもまた「個性付け」のアイデアなのである。

 能力制御はディガス大使として重要なスキルなので設定。
 身体出力Gex7.5「怪獣を撲殺できる」チートスペックであり、
 この筋力で「普通の人と握手できる」というのは、
 ショベルカーでワインを注ぐ以上に繊細な制御が要求される(笑)
 (人間も蚊を殺さずにつまめるので不可能ではないだろう)
 水着のようなスーツの設計はセリュエジアスの文化考証に由来する。
 

 
★セリュエジアス/セラドゥーン・アルネキシア
 統合ナンバー:CS-CTSS2131HS1-MS2171

 【投稿キャラクター】
出身地:惑星セリュジン 【個体概要設定】
 基準年時代の前後(1万年以上の幅がある)に生きたセリュエジアスの女性。
 古い騎士の家系の末裔に当たり、フォルヴレイン同盟捜査局特別機動隊に属する隊長クラスの隊員。
 ディガス大使であるメルベア・ディベルワードの学齢期の先輩の1人だが、かなり男勝りな性格であり、
 セリュエジアスでもある種の特殊個体で、発達した筋肉と同族の男性すら見下ろす長身の持ち主だ。
 メルベアのパートナーとなったオウグレアスリスティオ・シュペルスとも縁がある。

 後にアルメディア艦隊に参加したキシュキリアンネジュソン・ザスティーヌ“恩人”の1人でもあり、
 モルジョケールに関わっていたネジュソン「足を洗う」きっかけを作った功績の持ち主。
 長身と筋肉を活かした格闘術、とりわけ足技に定評があり、その1撃はザイオロード昏倒させるほど。
 実際ネジュソンの保護に関わった作戦で妨害を仕掛けたキュヴェイロンジェゾン・グリードに対し、
 巨竜化したジェゾン鳩尾を抉るように突き上げる“内臓破裂級”の1撃を浴びせて撤退させている。
 全長300mを越える竜体モードのジェゾンが仰け反って悶絶するほどの威力だったらしい)

 
時代枠:基準年時代(前後数千年)
【CHARACTER'S SPEC】
種   族:
身   長:
身体出力:
精神出力:
属性評価:
主な能力:





装 備 等:
セリュエジアス
3.9m
Gex=7.8
Gex=8.8(外力9)
(未定)
捜査官のスキル
格闘家のスキル
精神共鳴
(思念交流含)


不明

エピソード:
【Meking Memo/設定補記】
 2017年頃ヴァイオレット氏が投稿したキャラクター。
 メルベアとほぼ同期の設定だが、“大女”を好むヴァイオレット氏の嗜好から図抜けた長身にされている。
 ファンタジーアニメ『トリニティセブン』のヒロインの1人、不動アキオが主なモデルとなっており、
 異能ヒロイン系創作では1人は必ずいる“超体育会系”である(笑)

 ただしアルネキシアは“力神”セリュエジアスなので、誇張なくチート級のスペックの持ち主なのだ。
 同氏がチート系・ワイルド系に強い憧憬があった頃の、1つの“ピーク”を体現するキャラの1人とも言える。
 (今もチート好みは変わっていないが、近年は多少抑制の利いた設定が増えた^^;)
 身体出力Gex7オーバーのパワーは、実際に冗談抜きで「弾道ミサイル並み」の威力と言えるだろう。