GDW雑記帳/「スゴいニッポン」シリーズ

     

 
 
 ★ 世界一のニッポン ★

 本特集は、「スゴいニッポン編」のサブシリーズである(笑) 
 「スゴいニッポン」本当に色々あるので、ここでは「世界一」をテーマにした。 
 ただし「世界一スゴい」ものばかりではないので注意されたい(汗) 
 
 

 
 
  ◆現存する国家(王朝)では世界最長の歴史

  ◆サンゴ礁の北半球北限

  ◆世界一難易度が高い言語

  ◆世界一の技術大国

  ◆世界一の豪雪記録

  ◆世界一の老舗(創業100年以上)店舗数

  ◆世界一の自販機大国

  ◆世界一の深海体積

  ◆世界一のスーパーコンピュータ

  ◆世界一の対外純資産“敗戦国”が支える信頼資産の解説を含む)

  ◆世界一の透明度を誇る湖

  ◆世界一の長さを持つ長大吊橋世界最長の道路鉄道併用橋の解説を含む)

  ◆世界一のプラネタリウム

  ◆世界一の平均寿命

  ◆世界一のミシュラン星獲得店

  ◆世界一の野球大国

  ◆世界一古い種から咲いた花

  ◆世界一古い津波記録

  ◆世界最強のパスポート

  ◆世界最強の火薬式艦砲

  ◆世界最高の自立電波塔

  ◆世界最速の鉄道

  ◆世界最大の戦艦

  ◆世界最多の国連安保理非常任理事国経験

  ◆世界史上最悪の経済被害をもたらした自然災害

  ◆世界で最も短い国歌

  ◆単独機では史上最悪の航空事故

  ◆通常動力では世界最強の潜水艦

  ◆頭足類を食べる世界一の国
 
 

 
◆現存する国家(王朝)では世界最長の歴史
 
 日本「現存する国家(王朝)では世界最長の歴史」を持つ国である。
 何を基準にするかで歴史の長さは変わってくるが、王家(王朝)の長さで言えば、
 日本は「世界一長い歴史を持つ国」としてギネスブックにも認定されている国なのだ。

 これは基本的に「天皇家の歴史」と言い換えても良いだろう。
 初代天皇とされる神武天皇の即位は紀元前660年とされており、これを基準にした暦号、
 すなわち“皇紀”西暦紀元よりも長い2,600年余りを持つことになる。

 ただし神武天皇は実在していたかどうかで今なお議論がある人物なので、
 存在が確実視されている6世紀継体天皇から数える説があることも補記しておこう。
 この説を採用しても、日本の「王朝としての歴史」1,400年以上あることになり、
 “王朝史世界2位”デンマーク同3位英国(共に千年余り)数百年引き離すのだ。

 「4,000年の歴史」を主張する中国を始め、世界にはもっと長い歴史を持つ、
 一般的に言われている国も確かにあるが、これらは基本的に「複数の王朝」を含む。
 そのため「国体的にはつながっていない」可能性があるわけである。
 例えば中国の場合古代史に登場する中世に登場するといった王朝と、
 現在の中華人民共和国「全く違う体制を持つ国」であることは論を待たない。
 もちろん毛沢東習近平も、古代中国の王家と血がつながっているわけではないのだ。

 しかし日本は少なくとも1,400年前から、国体が途切れていないのである。
 「神話説」がある神武天皇も、「暦の読み方を変えれば実在性を期待出来る」とされ、
 この説を基準にすれば、日本の歴史「概ね2,000年」ということになるそうだ。
 邪馬台国など、ヤマト王権以前の豪族国家もこの頃にあったのは意味深である)
 日本はイエス・キリストが生きていた時代からある国家かも知れないのだ。
 

 
◆世界で最も短い国歌
 
 日本「世界で最も短い国歌」を持つ国である。
 これはもちろん「君が代」のことである。

 「君が代は 千代に八千代に 細石の巌となりて 苔のむすまで」

 たったこれだけで終わってしまう国歌は世界に類を見ない(笑)

 歌詞も独特と良く言われている……多くの国の国歌歴史の原点となった神話や革命
 国家の理念を高らかに歌い上げるスタイルが多いが、「君が代」の場合、
 祖国の歴史が平穏無事に、永遠に続くことを厳かに歌うからだ。

 タイトルにある「君が代」天皇陛下のことを指す、というのが一般論であるが、
 「国民そのものを指す」という捉え方もあることを補記しておこう。
 これは「君」の語源が「君主」ではなく、「男女」を意味する説があるためだ。
 日本が古来、王権独裁の国ではなかったことを考えても、
 (中世の幕府制度はもちろん、飛鳥時代から日本には独立した政府機構があった)
 「君が代」を天皇のシンボルと「決めつける」のは安易と言えるのだ。
 

 
◆世界一の平均寿命
 
 日本人「世界一の平均寿命」を持つ民族である。
 時代と共に数字は微妙に変わっているが、男女共に80歳を大きく越え、今も世界一だ。
 60歳を迎える前に亡くなってしまうケースももちろんあるが、
 日本ではこれは「若くしてお亡くなりになった」などとよく言われたりする。

 しかし世界には平均寿命が50歳を下回る国もあるし、乳幼児の死亡率が高い国も多い。
 日本は平均寿命だけでなく、乳幼児の死亡率の低さでも世界屈指である。
 (脆弱な乳幼児が健康に生き延びられるからこそ、長生き出来ているとも言えよう)
 これは先進国として高い医療水準を持つことに加えて、
 相対的に低カロリーで栄養バランスに優れた和食の影響も大きいと言われている。

 もっとも――未来においてもこの水準を維持出来るかどうかは、まだまだ未知数だ。
 現在80歳代の人たちはいわゆる“戦前・戦時生まれ”であり、
 戦後に生まれた世代とは全く違う環境で生きてきたことを考える必要がある。
 環境やライフスタイルが変わった昭和後期平成・令和に生まれた日本人たちも、
 同様に世界屈指の寿命を維持出来るかはまだ分からないのである。
 

 
◆世界一古い種から咲いた花
 
 日本「世界一古い種から咲いた花」を持つ国である。
 1951(昭和26)年千葉県縄文遺跡から発見された「縄文ハス」のことである。
 およそ2,000年前のものと思われるこの休眠状態のハスの種を、
 大賀一郎理学博士が翌1952年発芽させ、開花させることに成功したのだ。
 そのため同氏の名を取って「大賀ハス」と呼ばれることもある。

 現在では株分けして増やすことに成功しており、各地でその花を見ることが可能だ。
 縄文時代の関東地方に成育していたハスの子孫が、2,000年という休眠を経て、
 今も生き続けているというのはまるでタイムスリップのようである。
 今や日本だけでなく、アメリカを始め海外にも植えられているそうだ。
 

 
◆世界一の技術大国
 
 日本「世界一の技術大国」として知られる国である。
 何を持って世界一か、という基準や解釈は様々であろうと思うので、
 この評価は必ずしも「絶対ではない」が、欧米の雑誌がランキング認定した話なのだ。
 絶対ではないが、そう評価されても不思議ではないレベルなのは事実なのだろう。

 建築業界では高層建築の完成度や耐震技術レベルがとても高いことは有名であるし、
 (高さだけなら海外のビルの方が高いが、日本は世界屈指の地震大国である)
 乗り物でも開業以来1度も死亡事故を起こしていない新幹線や、
 プラグインハイブリッドシェア世界一を誇るトヨタなどの1大ブランドが存在する。
 IT業界でも、例えば電子機器を支える半導体の生産能力では他国に後れを取るが、
 その半導体を作り出す工作機械では、日本企業が世界一のシェアを持っている。
 世界のサプライチェーンの土台を、日本が支えていると言っても大袈裟ではない。

 日本がこうした技術力に定評ある国家になったのは、歴史の長さもあるのだろう。
 “王朝史世界最長”とされる、少なくとも1,400年以上とされる“経験値”が、
 「モノ作り大国」としての土壌を育んできたからこそ、今があるとは言えないか。
 高層建築と言えば、世界最古の木造建築である法隆寺も、当時の高層建築と言えよう。
 この地震大国で高さ30mの木造タワーが、1,300年以上も生き延びてきたのだ。
 宮大工伝統技法は、海外の建築家からしばしば「神業」と評価されているという。
 近代化こそせいぜい150年前の話だが、その前から“土台”はあったのだ。

 ロボティクス大国としても日本は有名だが、それも江戸時代からの積み重ねである。
 ゼンマイしか動力がなかった時代に、お茶くみ人形を作った国なのだ。
 そして今や、世界の産業用ロボットのほぼ半分(45%)が日本製だと言われている。
 (ただし据置式の組立用ロボットアームがほとんどで、自走式は少ない模様)
 島国である日本は、資源や人材が不足することも多々あったわけで、
 そうした不足をカバーするために、千年以上かけて技術力を磨いてきたのだ。

 ただしその1方で長期的な人口減時代を迎えた日本は、人材不足というだけではなく、
 歴史を重ねて蓄積してきた、膨大な技術力の流失も懸念されている。
 技術を受け継ぐ者がいなくなれば、日本といえど廃れてしまう可能性が十分あるのだ。
 時に“変態”とまで例えられた日本の技術力が失われるとすれば残念であるし、
 それは新たな覇権闘争が起きている今、日本の存続を左右し兼ねない問題でもある。
 AIを搭載したロボットで職人技術を代用する、というアイデアも出ているが、
 千年もの蓄積が機械に簡単にコピー出来るとは思えない、という気もするのである。
 

 
◆世界一の対外純資産 “敗戦国”が支える信頼資産の解説を含む)
 
 日本「世界一の対外純資産」を持つ国である。
 国内では国債累積額がしばしば深刻に報道されることがあり、
 「国民1人当たりの借金」などという表現で例えられることも多いが、
 これは実際にはミスリードである……何故なら国債はあくまでも「国の借金」であり、
 「国民の借金」ではないからだ(ここで言う国は「政府」とほぼ同義である)

 そして国債の8割以上が国内の銀行証券会社、そして日本銀行が購入しているため、
 「国内でおカネが回り続けているだけ」というのが現実なのである。
 海外金融機関に国債を大量に買ってもらっていたギリシャとは状況が全く違うのだ。
 簿記の知識があれば分かる論理であり、マスコミの勉強不足を疑う。

 更に日本が外国に持っている資産も結構あることが、余り知られていない。
 これらを総合して「国家が持っている財産」可視化したものが対外純資産である。
 (個人や企業でも資産から負債を差し引いた差額を純資産と呼ぶだろう)
 この対外純資産で、実は日本は現在600兆円超もの「黒字」を計上しているのである。
 しかも過去四半世紀に渡り、日本はずっと「世界一」なのだ。
 外国人が日本を良く「金持ち国家」と呼ぶのも、この巨大な資産を知るからだろう。

 日本の不況風「作られたもの」ということも抑えておく必要がある。
 というのも、2024年3月東証平均株価バブル期越えの40,000円を突破したように、
 主力企業の決算は概ね好調であり、今はむしろ「稼ぎ時」にあるからだ。
 政府がわざわざ勧告しないと、企業が財布のヒモを縛って給料を上げないのが問題で、
 自転車操業の中小企業はともかく、大手企業の過度な倹約は問題だと言える。
 また大きな時代の変革期で、産業構造が変化している兆候も考慮すべきだろう。

 加えて言えば、日本の通貨である「円」世界経済「信頼の高い安定資産」とされる。
 円がドルユーロに次ぐ“世界3大通貨”として扱われていることは有名であるが、
 第2次大戦敗戦国の通貨がこの地位に君臨していることも異例であろう。
 そして2024年現在、日本円は記録的な円安にあるが、過去の金融危機の際には、
 資本の流出を防ぐために、安定資産として円が買われてきた歴史もあるのだ。
 つまり「世界的な景気後退期ほど、円高になりやすい」という相関関係があることになる理屈だ。
 日本経済に対する信頼がなかったら、円もこういう扱いを受けることはなかっただろう。
 

 
◆世界一のミシュラン星獲得店
 
 日本「世界一のミシュラン星獲得店」を持つ国である。
 今やグルメガイドブックの代名詞と言われるミシュランガイドであるが、
 元々はタイヤメーカーであるミシュラン「販売促進」を意図して始めたものだった。
 (そのため初期のミシュランガイドには飲食店だけでなく自動車用品店も書かれた)

 そのミシュランガイドの「星獲得」が最も多いのが日本なのである。
 特に東京の星獲得は群を抜いており、ガイド発祥の地である仏パリ倍以上だそうだ。
 これは和食を始めとする日本の食文化が世界屈指の多様性を持つことに加えて、
 「狭いジャンルで勝負する店舗が多い」ためだと言われている。

 ラーメン専門店とか焼き肉専門店とかがそうだ……こういう業態は海外では多くなく、
 中華でもフレンチでも、もっと裾野の広いメニューを提供する店が多い。
 日本は「細分化された固有のジャンル」で競い合うため、自ずと星が増えるのである。
 そしてその「狭いジャンル」世界と競い合える店が日本には多いのだ。
 

 
◆世界一の老舗(創業100年以上)店舗数
 
 日本「世界一の老舗(創業100年以上)店舗数」を持つ国である。
 日本は「王朝史で世界一」という長い歴史を持つため、老舗店舗も必然的に多く、
 創業100年を越える老舗店舗や企業の3分の1が日本にあると言われている。
 創業200年を越える老舗は半数以上が日本のものだそうだ。

 中には金剛組のように、大半の国家の歴史を凌駕するほど長い老舗もある。
 宮大工の棟梁を発祥とする金剛組は、軽く800年以上の歴史を持つ世界最古の企業だ。
 日本の職人文化を象徴するような会社であり、同時に日本の長い歴史の1面だろう。
 そしてその長い歴史の中で、平和な時代も長かったことが分かるのだ。
 (王朝のリセットを繰り返すような歴史だったら、老舗が長く繁栄することもない)
 

 
◆頭足類を食べる世界一の国
 
 日本「頭足類を食べる世界一の国」として知られる。
 頭足類というのはその名の通り、「頭に足が生えている」軟体動物のグループであり、
 タコイカが代表格だ(絶滅したアンモナイトなどもこのグループである)
 日本はこの頭足類、つまりタコやイカの消費量が世界で最も多いというのだ。
 タコ類は世界消費量のおよそ7割、イカ類もほぼ半分が日本だというから驚きである。
 たこ焼きイカ焼きなど、タコやイカを使ったB級グルメが多いのも有名だろう。

 海外は頭足類を日常的に食べる国が余りないようだ。
 特に欧米では、タコは「デビルフィッシュ(悪魔の魚)という異名で知られており、
 (英名はタコが「オクトパス(octopus)」、イカが「スクイド(squid)」なのだが)
 聖書には「ウロコがない魚は食べてはいけない」禁制品指定されているくらいだ。
 更に見た目も人間原理的にはややグロテスクにも見えるので、
 西洋系ファンタジーでは魔物やモンスターの定番モチーフになることも有名だろう。
 ラブクラフト神話「邪神」クトゥルーもタコがモチーフである。

 そんな異形の動物を、美味い美味いと言って食べるのが日本人なのだ(笑)
 最初にタコやイカを食べた人の勇気を賞賛したい話である。
 最近はインバウンドで来日した外国人観光客の中で、たこ焼きなどが人気でもあり、
 (世界に広がる“寿司”でも、タコやイカは代表的なネタの1つである)
 頭足類が美味いことを知る人は徐々に増えていると思うので、
 この比率は将来的には変わっていくのかも知れない。
 

 
◆世界一の自販機大国
 
 日本「世界一の自販機大国」として知られる。
 自販機(自動販売機)が世界一多いのは、実は日本ではなくてアメリカなのだが、
 人口当たりの数では日本の方が多い、と言われているのである。
 アメリカには自販機がおよそ700万台あると言われるが、人口は3億余りいる。
 日本は約400万台で、人口1億余りなので、人口当たりの数は日本の方が多いのだ。

 また日本は数だけでなく、「自販機の設置スタイル」でも独特だと言われている。
 多くの自販機は、日本の場合町中の至る所「無防備に置かれている」からだ。
 アメリカを含め海外ではほとんどあり得ないことで、釣り銭や商品の盗難を恐れて、
 ガードマンがいるビルの中にあったり、自販機自体が鉄格子で守られている。
 そのため「無防備に自販機がある」こと自体が、観光目的になるほどだというのだ。
 日本の治安が世界でも屈指の水準にあることがよく分かるケーススタディである。

 更に日本では「自販機の技術やバラエティの多さ」でも有名である。
 自販機は多くの場合、缶飲料やペットボトルを売っているものであるが、
 日本ではスナックや玩具、アクセサリーなども自販機で売られていることがある。
 中には化粧品のカスタム販売機もあるというから、日本人でも驚く話だ。
 また日本の自販機は、冷たい飲料と暖かい飲料が同じ自販機で普通に買えるが、
 これも海外では珍しいことだと言われている(海外は別機体で分けるのが普通だ)
 

 
◆世界一のプラネタリウム
 
 日本「世界一のプラネタリウム」を持つ国である。
 天井などに人工的な星空や星図を投影するプラネタリウムドイツ生まれというが、
 日本は現在、プラネタリウムの“世界記録”を2つ持っているそうだ。
 1つは愛知県にある名古屋市科学館のプラネタリウムで、
 これは「世界最大」だとされている……直径約40mの巨大な球状の構造物であり、
 それが吹き抜け空間に浮かぶように配置されている点でもユニークだ。

 もう1つは太平技研が手がけたプラネタリウムの“メガスター2”である。
 ドーム状の投影施設ではなく“本体”の投影機の方であり、
 こちらは「世界最多の星を投影するプラネタリウム」として知られている。
 その数なんと10億個……しかもそれまでの世界記録をダブルスコア以上で抜き去った。
 レーザー加工で何百万という微細な穴を精密に空けた投影版を数十枚重ねて、
 この天文学的な数字を実現させているというから凄まじい。
 メガスター2を使えば、ハッブル望遠鏡が写した天の川の絶景も再現出来るのである。

 10億個とか冗談みたいな数字だが、精密加工に定評ある日本ならではの技術だろう。
 日本の精密加工技術は、ミクロン未満の誤差で部品を作ることが出来るのだ。
 1ミクロンは1ミリの1,000分の1である……上質紙や髪の毛が大体0.1ミリというが、
 これは100ミクロンに当たる……つまり1ミクロンは髪の毛の100分の1であり、
 文字通り「細胞1個分」と同等かそれよりも小さなスケールであるが、
 日本の精密加工技術は更にそれよりも小さな誤差を何十年も前から実現しているのだ。
 だから電子顕微鏡が要るような微細な部品も作り出せるというわけである。

 この精密加工技術は「本物の天体望遠鏡」にも採用されている。
 ハワイにある日本のすばる望遠鏡世界最大級反射望遠鏡として知られており、
 反射鏡の直径は8.2mあるが、その水平誤差が0.1ミリ以下だと言われている。
 (しかも反射鏡がたわまないように何十というジャッキで調整されている)
 更に1999年に開通したしまなみ海道多々羅大橋は、全長およそ1,500mほどあるが、
 その施工誤差が1ミリしかないというのだ……まさにケタが違う。
 外国人が「日本人の技術は変態レベルだ」驚くわけである。
 

 
◆世界最強のパスポート
 
 日本「世界最強のパスポート」を持つ国である。
 厳密に言うと、何度か頂点を取り逃がしたこともある(汗)のだが、
 それは金メダルを取り合うトップアスリートのようなもので、ほぼ上位確定なのだ。
 少なくともベスト10以下に落ちたことは近年1度もなく、それはほぼあり得ない。

 これはまさに日本という国家が、全世界規模で信頼されている証拠であり、
 その信頼度が急に落ちることも考え難いのである。
 反日的な態度を取りがちな中国韓国執拗なネガティブキャンペーンを受けても、
 なお順位を下げないという“最強っぷり”を見せつけているわけである。

 ただそれゆえに、日本のパスポートの偽造を狙う者が多いことも事実である。
 貨幣などと同様にパスポートも偽造し難いよう精巧に作られているが、
 それでも中々パーフェクトとは行かないようで、違反者とはまさにいたちごっこだ。
 まぁ逆説的に言えば、それもまた日本パスポートが強いが故なのだが。
 

 
◆世界一難易度が高い言語
 
 日本「世界一難易度が高い言語」を持つ国である。
 もちろん日本語のことである……日本人日常的に使いこなしているわけであるが、
 ひらがな・カタカナ1,000を越える常用漢字を使うのに加えて、
 文脈で漢字の読みも色々変わる日本語は、米国などに世界最高難度の公認を受ける。

 しかも日本語は「語族系統不明」と言われる謎の言語でもあるという。
 (疑惑の類似言語はいちおうあるのだが、確定的な定説にはなっていないようだ)
 漢字を使うため中国語圏と思っている人もいるようだが、文法は全く違っているし、
 主語がなくても成立するため“主語必須”な欧米圏から見ると益々難解らしい。
 もっともそれ故に「神秘の言語」として高評価する者もいるのだ。
 (日本語を駆使する日本人自体が、世界的にも独特の民族であるという視点も存在する)

 また日本語は古来、会話のためよりも神事のような儀礼上で発達してきた歴史があり、
 (ここで言うのは書物などに多用される“文語体”のことである)
 そのために独特の表現が多く、これも難解さや神秘性の背景にあるようだ。
 故に「日本語では数個の文字で成立する表現が英語では長文でしか訳せない」など、
 まさにガラパゴス的な発展経緯を持っていることでも知られるのである。
 

 
◆世界一の野球大国
 
 日本「世界一の野球大国」と呼べる国である。
 野球発祥国アメリカであり、世界最高峰のプロリーグもアメリカにあるが、
 特に近年日本の野球リーグの発展が目覚ましく「本家食い」してると良く言われる。
 “投打2刀流”で注目を浴びた大谷翔平は、まさに日本球界の“到達点”だ。

 2005年から始まった野球版ワールドカップとも言うべきWBCも、
 日本は過去3回優勝しており、本家アメリカを置き去りにする最強っぷりを見せる。
 学生野球の殿堂である“甲子園”戦前から続くもはや“伝統イベント”であり、
 甲子園で注目された“怪物”たちが数多くプロ入りし、MLBにも進出する。

 逆にMLBから日本球界にトレードされる外国人リーガーも多いが、
 これも数十年前と違って、MLBでもトップ級の選手が日本移籍することが増えた。
 大谷翔平が最近話題をさらっているが、“先駆者”である松井秀喜イチローも、
 日本キャリアをMLBの公式記録に含めるべきかで議論が起きたものだ。

 近年では台湾韓国でも野球が盛んだが、これも日本が牽引してきた空気だろう。
 アメリカに近い中米諸国に、野球の強豪国が集まっているのと同じ現象だと言える。
 日本の“国技”大相撲であるが、野球もそれに準じる競技だと言えよう。
 また余談だが、“本家”アメリカでも確かに野球は盛んなのだが、
 バスケットボールアメフトの方が人気であり、野球はその下位に甘んじるのだ。
 

 
◆世界最多の国連安保理非常任理事国経験
 
 日本「世界最多の国連安保理非常任理事国経験」を持つ国である。
 第2次世界大戦敗戦国ということで、日本は安保理常任理事国ではないのだが、
 (現在の国連安保理常任理事国は全て前大戦の戦勝国が牛耳る)
 数年に1度選ばれる非常任理事国では常連国であり、最も多くの経験を持つ。
 同じ“敗戦国枠”であるドイツイタリアも、ここまで多くはないのだ。

 伝統的に外交ベタと言われる日本だが、国連での地位は決して低くない。
 元敗戦国ということで冷遇されている印象を持つ機会もあるが、
 国連を運営するための分担金の総額でも、米国に次ぐことは有名であり、
 「日本がいなければ国連は運営出来ない」という事実は知られても良いだろう。
 余り目立たないのは日本人が元々そういう気質であることに加えて、
 マスコミが「国連で活躍する日本」を余り報道しないのも1因と言えるだろう。
 

 
◆世界一のスーパーコンピュータ
 
 日本「世界一のスーパーコンピュータ」を持つ国である。
 パスポートの件と同じく、こちらも何度か頂点を取り逃がしたことがあるが、
 日本製のスパコンが世界屈指なのは疑いなく、これまた“金メダル常連国”なのだ。
 因みに2023年現在のトップは日本製の“富岳”である。

 こうしたスパコン類は、単にトップを競い合うために作られるガジェットではない。
 普通のパソコンでは太刀打ち出来ないその爆速処理速度を活用して、
 気候変動のシミュレーションといった複雑な計算が必要な研究を促進し、
 科学で世界を解明していく手助けとして重要な役割があるのだ。

 ただチャットGPTに代表される、ネット世界のフリーAIが広まる時代を迎えて、
 富岳のような集約型の巨大スパコンの需要が、今後変わる可能性もあるだろう。
 インターネット上の膨大な情報を読み込んで精度を高めるフリーAIは、
 どんなスパコンも究極的には敵わない、地球規模の情報網を活用出来るからだ。
 もちろんインターネットの情報を学習するフリーAIには、
 富岳と違って「プライベート情報のセキュリティ」という新たなテーマもあるが。
 

 
◆世界一の長さを持つ長大吊橋 世界最長の道路鉄道併用橋の解説を含む)
 
 日本「世界一の長さを持つ長大吊橋」を持つ国である。
 明石海峡に架けられた明石海峡大橋(パールブリッジ)のことだ。
 全長3,911m、フリースパン(主経間長)1,991m1998年の完成当時いずれも世界一
 「最短でも1,500m以上の航路幅」を要求されたことで実現したサイズだ。
 1995年阪神・淡路大震災で被災したが、ほぼ無傷だったことも有名である。

 実はフリースパンに関しては、2022年トルコ西部に出来たチャナッカレ1915橋が、
 24年振り明石海峡大橋を抜いて世界一(2,023m)に躍り出ているが、
 橋の全長はまだ明石海峡大橋が勝っていると言われている。
 (これは橋脚などで長さを稼いでいるケースを含まないので注意が要る)
 それでも四半世紀近く、フリースパンでワールドレコードを維持したのは事実だ。

 余談だが、明石海峡大橋以前にフリースパンのワールドレコードを更新したのは、
 1981年イギリスに建設されたハンバー橋で、1,410mだと言われている。
 この橋も1964年米国リッチモンド海峡に架けられたヴェラザノ・ナローズ橋が、
 フリースパン1,298mで当時の世界一を樹立してから、約15年後に更新した。
 そしてこのハンバー橋を、その更に18年後に明石海峡大橋が更新し、
 更に24年後にチャナッカレ1915橋が越えたというわけである。

 また日本にはもう1つ、この分野における世界一がある。
 それは「世界最長の道路鉄道併用橋」だ……これは1988年開通の瀬戸大橋である。
 6つの長大橋梁と高架橋の複合体という形だがその総延長は10km近い。
 ただし単一の長大橋梁としては、1997年香港に作られた青馬大橋が最大級だ。
 瀬戸大橋最大の南備讃瀬戸大橋より、青馬大橋が1周りほど大きいようだ。
 

 
◆世界最速の鉄道
 
 日本「世界最速の鉄道」を持つ国である。
 これはリニア中央新幹線プロジェクトの実験車両が出した記録で、時速606kmだ。
 実験車両ではあるものの、この記録はまだ抜かれていない。
 リニアモーターカー従来の鉄道とは構造が違うが、広義には鉄道とされる。
 因みに「従来の鉄道」でも、日本の実験車両が過去に時速400km台を記録している。

 因みに営業運転速度として見れば日本は現在世界一ではない。
 フランスTGV中国高速鉄道が、営業速度で時速350km超を実現するためだ。
 日本の新幹線東北新幹線営業速度時速320kmが今のところ最速である。
 ただし「乗り心地の良さと運行時間の正確性」では新幹線が最高と良く言われる。
 スピードを競うだけなら、飛行機という別の選択肢があるのも確かである。
 

 
◆世界最高の自立電波塔
 
 日本「世界最高の自立電波塔」を持つ国である。
 2012年に完成した東京スカイツリーのことだ……高さ634m「ムサシ」と読める。
 因みにあくまでも「自立電波塔」というジャンルの世界一であるため注意。
 「あらゆる構造物で世界最高」なのはドバイブルジュ・ハリファ(828m)で、
 東京スカイツリー200m近く凌駕する、地上160階建ての巨大ビルだ。

 ところで日本は過去にも、このジャンルで世界一を記録したことがある。
 1958年に完成した“初代”東京タワーである……高さは333m程度ではあるが、
 完成当時このジャンルで世界一だった、パリエッフェル塔抜いたのだ。
 真っ赤なトラス構造は、当時の航空法に合わせた必然的な選択だったが、
 奇しくもスカイツリーの白と対で日本国旗のようで、今も青空によく映える。

 東京スカイツリーは中国広州タワー「新世代の世界一」競争してもいる。
 広州タワーは地上610mで最終的にスカイツリーに軍配が上がったわけだが、
 こちらはこちらで中央がくびれた網状の構造体が個性的に見える。
 東京スカイツリーには負けたが、この分野で今も世界2位なのは確かだ。

 余談だが、電波塔には「ワイヤー支持タイプ」も存在する。
 細い鉄骨トラスをテントのように周囲からワイヤーで支えている構造であり、
 細いため展望台などはないが、高さを稼ぐには実はこちらが有利とされるのだ。
 東欧ワルシャワ地上640mを越える塔が最近まであり、
 実は東京スカイツリーよりも高かったのだが、修理中に倒壊し現存しない。
 またこの電波塔は、ブルジュ・ハリファが完成するまでの世界記録でもあったのだ。

 日本でもかつて長崎県対馬に、同じ構造の電波塔が存在し、
 こちらも世界記録でこそないものの、地上455mと東京タワーよりも高かった。
 現在日本で最も高い建築物が東京スカイツリーであることは疑いないが、
 それ以前の「日本一」実は東京タワーではなくこの塔だったのだ。
 現在は取り壊されてしまったが、基部の周囲は現在公園になっているようである。
 

 
◆世界最大の戦艦
 
 日本「世界最大の戦艦」を作った国ととして知られる。
 言わずと知れた(?)旧帝国海軍大和型戦艦(1番艦大和と2番艦武蔵である。
 全長263m、排水量7万トン超は、旧大戦時代の艦艇として最大であり、
 戦艦というカテゴリでは今なお世界最大で、ワールドレコードを保持し続けている。
 もちろん大東亜戦争時に米軍の攻撃を受けて、両艦とも轟沈しているのだが。
 他を圧する巨大戦艦も、航空戦力の波状攻撃には敵わなかった証拠でもある(涙)

 因みに「全長だけ」なら、実は米海軍アイオワ級戦艦270mを越えており、
 「大和型よりも長い」のだが、排水量では大和型に劣っているのだ。
 これはアイオワ級の方が「船体が細くスマート」な設計になっているためである。
 大和型がアイオワ級に比べて「寸胴」なのは、巨大な主砲を積んでいたためだ。
 火薬式の艦砲として世界最大最強46センチ連装砲を積むため、胴体が太かったのだ。
 アイオワ級のように細い胴体では、主砲の反動に耐えられなかったのである。
 (アイオワ級が積んだのは40センチ砲で、実は長門型と同じ口径である)

 また軍艦全てのカテゴリで言えば、大和型も必ずしも世界最大ではない。
 米海軍や旧ソ連軍中国軍(人民解放軍)などが保有している空母(航空母艦)が、
 いずれも全長300mオーバー、排水量8万トンを越えるためである。
 ただフォローしておけば、これらの艦艇は全て「戦後生まれ」でもあるので、
 大和型が建造当時「圧倒的に大きかった」ことは紛れもない事実なのだ。

 なお米軍の航空戦力に屈した大和型ではあるが、その「撃たれ強さ」驚異的だ。
 大和も武蔵も、雨あられのように降り注ぐ爆弾数十発を食らった上に、
 魚雷10〜20発の直撃弾を受けて、ようやく轟沈しているからだ。
 航空戦力や集中砲火に屈したことは事実だが、米軍もきっと手を焼いたことだろう。
 これが駆逐艦なら、魚雷1発で真っ二つになったはずなのだから。
 現代の巨大空母もここまで撃たれ強くはないはずだ。

 余談だが、「構想段階」では、旧帝国海軍には大和型以上の巨艦もあったらしい。
 全長300m以上、排水量も8万トンを越え、大和型すら圧倒するほどの、
 51センチ砲を積んだ戦艦の建造計画があったと言われている。
 実際の歴史はそれを現実にする前に、戦艦の時代が終わってしまったのだが。
 もう1つ余談だが、大和をSFメカにした“宇宙戦艦ヤマト”は、
 本家の大和よりも結構スマートにデザインされていたりするのである(笑)

 「戦艦の時代が終わった」ため、今こんなに巨大な砲撃用の艦艇を見ることはない。
 航空戦力が戦艦の時代を終わらせたように「空母の時代」になったからだ。
 その“トップ3”が米ソ中の空母であることは上記の通りであるが、
 日本も2020年代後半、戦後80年を経て再び空母を持つ時代が訪れつつある。
 海自最大の護衛艦である、「いずも」「かが」軽空母改装されるためだ。
 米海軍のニミッツ級フォード級のように巨大な空母ではないが、
 空母改装されるいずも型全長は248m、旧海軍の空母「赤城」「加賀」並みなのだ。

 因みに海外メディアの軍事力ランキング「グローバル・ファイヤーパワー」では、
 日本は実は「海軍力ベスト3」に位置付けられていることをご存知だろうか。
 これは同ランキングでは、日本(海上自衛隊)「空母4隻保有」とされるためだ。
 実際に軽空母改装を受けるいずも型の2隻に加えて、
 全通甲板を持つ揚陸艦仕様のひゅうが型(「ひゅうが」と「いせ」)を含むらしい。
 ひゅうが型はF-35のようなジェット機を運用する仕様ではないが、
 事実上の“ヘリ空母”としての機能を持つため、そこが評価されているらしい。
 

 
◆世界最強の火薬式艦砲
 
 日本「世界最強の火薬式艦砲」を作った国ととして知られる。
 旧帝国海軍の軍艦で、世界最大の戦艦としても有名な“大和”“武蔵”に積まれた、
 3連装46サンチ(センチ)主砲のことである。
 これは艦砲としては世界最大口径であり、今も破られていない世界記録なのだ。

 しかも大和と武蔵はそれを3連装3基、合計9門も搭載していたのである。
 同じく帝国海軍の戦艦だった長門型“2連装”の主砲を採用していたように、
 実は3連装式の主砲を搭載した戦艦自体が少数派である。
 大和型ライバルとされた米海軍アイオワ級戦艦も同じく3連装3基の9門だが、
 口径は40センチ(16インチ)であり、威力では大和型に劣るのである。
 (因みに連装砲の世界記録は英国海軍のキングジョージ級で、4連装だったという)

 大和の図面や模型を見たことがある人なら分かると思うが、大和型は結構船体が太い。
 (有名なアニメ兵器“宇宙戦艦ヤマト”は本物の大和よりかなりスマートなのだ)
 これは「46サンチ主砲を斉射した際のバランス」を考慮した設計なのである。
 船体が細いとあの巨砲を撃った際の、強烈な反動に耐えられないのだ。
 アイオワ級は大和型に比べてスマートであり、だから40センチ砲しか積めなかった。

 またこれだけ巨大な砲なので、砲塔も巨大で重く、3連装砲塔は2,000トンを超えた。
 そのため船体に開けられた穴「はめ込んでいるだけ」になっており、
 固定はされていなかったため、転覆した時「船体から抜け落ちた」と言われている。
 実際の大和や武蔵は、海軍が夢見た「戦艦同士の撃ち合い」ほとんど経験せず
 米軍の航空戦力に屈する結果になったことは有名であるが、
 「クロガネの城」と呼ばれた“移動要塞”に最強の巨砲を積んでいたのは事実なのだ。

 因みに「火薬式艦砲」限定した書き方になっているのは、
 将来的な話ではあるが、「火薬式ではない艦砲」更に強いものが出てくる可能性が、
 まだゼロではないと考えているためである……これは「レールガン」のことだ。
 レールガンは電磁コイルで砲弾を加速させる砲火兵器であり、日本も研究しているが、
 火砲より砲弾の速度が上がるため、運動エネルギーが非常に大きいのが特徴だ。
 そのため、将来的には「大和の主砲より強い艦砲」出てくる可能性があるのである。
 しかし火薬式で大和型の記録が抜かれることは、多分ないだろうと思われる。

 また「火砲の口径」自体は、大和の主砲も「世界最大」ではない。
 あくまでも「火薬式の艦砲」として最大、かつ最強であるということである。
 口径に関しては、旧ドイツ軍「ドーラ列車砲」が最大で、その口径は何と80センチ。
 大和の主砲の2倍近い巨砲を、装甲列車の上に載せた「陸上戦艦」であったが、
 大和がそうであったように、戦争の趨勢を変える切り札にはならなかったようである。
 またこの巨砲も反動が大きすぎて、まっすぐしか撃てなかったようだ。
 

 
◆通常動力では世界最強の潜水艦
 
 日本「通常動力では世界最強の潜水艦」を持つ国である。
 海上自衛隊が保有する潜水艦「そうりゅう型」「たいげい型」のことである。
 (これらは戦時中の空母や潜水母艦の名前を受け継いでいる)
 日本の自衛隊核動力の軍用艦艇を持っていない「むつ」は軍艦ではない)が、
 ディーゼルエンジンを使う“通常動力”では世界最強の性能だと言われているのだ。

 日本の潜水艦は「隠密性能」「潜水深度」世界一だと言われている。
 主動力はディーゼルエンジンだが、強力なダイナモ(発電機)を搭載しているため、
 潜水中はダイナモに接続したリチウムイオンバッテリーで航行することが可能であり、
 「ほとんど音を出さない」ことから「海の忍者」の異名を持つのだ。
 航続距離では原子力潜水艦後れを取るが、原潜は静音性能がそれほど高くはなく
 原子炉の構造上「エンジンを止めることも出来ない」ので探知が比較的容易だ。

 そのため海上自衛隊は「敵を早期に探知し、自らは探知されない」能力を持つのだ。
 潜水艦を探知する能力の高さでも海自は世界屈指で、米海軍以上という評価もある。
 中国海軍の原潜が宮古海峡などを通過してフィリピン海に出てきた時などに、
 その後をずっと追尾し続け、何時間も気付かれなかったと言われているほどである。
 有事ではないからこれで済んでいるが、もし有事ならとんでもない脅威だろう。
 イージス艦空母といった“花形”が注目を浴びやすい世界だが、
 日本は「誰にも見つからない潜水艦」を保有している世界でも希有な国なのである。

 潜水深度でも日本の潜水艦は優秀であり、世界の主要国の潜水艦が300〜400mの中、
 海自の潜水艦は400〜500mを誇ると言われており、これに並ぶ国はないのだ。
 更に潜水艦そのものではないが、海難事故などに対処する救難艦では、
 潜水深度1,000mを誇る船も保有しているというから凄い。
 (海底調査用では「しんかい6500」など、もっと深く潜れる船もあるのだが)

 因みに日本が原潜を保有していないのは、隠密性の問題だけではなく、
 「他国に軍事侵攻する戦略的な想定がない」ためでもある。
 日本近海防衛することが主目的のため、原潜を保有する必要性が少ないのである。
 逆に日本攻撃を意図する敵国から、日本本土を守るための艦艇なのだ。
 無論合同演習などでは、アメリカ海軍などと一緒に行動することもあるのだが、
 そもそも長距離を潜航する作戦の要請が、日本では少ないのである。

 ただこの「日本独自の事情」が、装備品の海外輸出の壁になっているところもある。
 オーストラリアなどが日本製の潜水艦を購入する計画が以前あっが、
 最終的にはアメリカから原潜を購入する方向になった理由はここにもあるだろう。
 「高性能だが航続距離が比較的短い」日本の潜水艦が軍の要求と合わなかったのだ。
 

 
◆単独機では史上最悪の航空事故
 
 日本「単独機では史上最悪の航空事故」を起こした国である。
 1985年8月12日に起きた、日航ジャンボ機墜落事故のことだ。
 旅客機が制御を失って墜落した群馬県の山麓から「御巣鷹山事故」とも呼ばれる。
 死者は500人を越えたが、わずか数人ながら生存者もいた。
 整備不良で尾翼がすっぽりと脱落する、今では考えられない大惨事であった。

 因みに犠牲者数で史上最悪の航空事故は、1977年カナリア諸島で起きた事故だ。
 こちらは空港の滑走路でジャンボ機同士が衝突したもので、
 死者は600人近かったという……御巣鷹山事故はこれに次ぐ不名誉な記録だった。
 もちろん上記したように、単独機による事故としては世界最悪なのだ。

 これはジャンボ機ことボーイング747型旅客機サイズも背景の1つだったろう。
 1980年代当時、1機で500人以上も乗れるのはこの機種だけであったし、
 (今でもこれに匹敵するのはエアバス社のA380型機くらいである)
 日本は全席エコノミークラスとしてカスタマイズしていたため特に乗客が多かった。
 こうした状況も“史上最悪”という不名誉な記録の1因となった。

 もっともこうした惨事を機に管理が見直されたことで、
 現在ではこうした大惨事はほとんど考えられないほどに安全性は向上している。
 2024年1月2日羽田空港で起きた海保機と日航機の衝突事故はその象徴の1つだ。
 滑走路上で航空機が衝突するという、カナリア諸島の惨事を思い起こす事故だが、
 海保側に犠牲者が出たとはいえ、日航機側の死者はゼロであった。
 

 
◆世界史上最悪の経済被害をもたらした自然災害
 
 日本「世界史上最悪の経済被害をもたらした自然災害」が起きた国である。
 2011年東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)のことだ。
 震度7の揺れよりも、大規模な津波で世界中に知れ渡った巨大災害だろう。
 更に原発事故を引き起こしたことでも有名になった。

 死傷者の数という意味では、実は東日本大震災は必ずしも「世界最悪」ではない。
 死不明約2万、負傷者数千人という数字は決して少なくないが、
 2001年インド西部地震2004年スマトラ・アンダマン地震ではもっと酷く、
 実に数十万人が死傷したと言われているし、1976年に起きた中国唐山地震は、
 死者だけで少なくとも20万人を越えたと言われ、これらよりは少ないのだ。

 ただし日本は相対的に物価の高い経済大国であるため、経済的な被害が甚大で、
 東日本大震災では30兆円を越える被害を出した……これが「最悪」なのだ。
 世界中のサプライチェーンに影響を及ぼし、世界経済を揺さぶったのも有名だ。
 実は「経済被害世界ワースト2位」も日本で、こちらは1995年阪神・淡路大震災
 神戸という世界屈指の貿易都市を直撃したため、これほどの被害になったのだ。
 因みにワースト3位2005年米国で、ハリケーン・カトリーナの風水害だそうだ。
 ニューオリンズを水没させた「アメリカ史上最悪の災害」の1つである。

 また1923年に起きた関東大震災(大正関東地震)甚大な被害で有名な災害だ。
 戦前の災害であるため、数字の上では東日本大震災の被害より小さいが、
 「当時の国家予算よりも大きな被害を出した」と言われている。
 

 
◆世界一古い津波記録
 
 日本「世界一古い津波記録」を持つ国である。
 現存する国では世界最古と言われる長い歴史を持つだけあって、災害記録も多く、
 とりわけ津波地震の記録が世界最古かつ、世界で最も充実しているそうだ。
 “ツナミ”と言えば海外でも通じる日本語だが、それにはこんな背景があるのだ。

 世界最古の津波記録とされているのは、684年に起きた白鳳南海地震である。
 日本書紀に記録されており、被災者に救援物資を送った記述がある。
 以来1,300年、日本は津波による災害の歴史を、現在までずっと記録し続けてきた。
 もちろん2011年東日本大震災もその1つにして“最大級”のケースである。

 また1700年北米西岸で起きた「カスケード地震」の研究にも役立っている。
 この地震は比較的最近まで詳細が不明だった「謎の地震」であり、
 アメリカ北西部からカナダにかけての太平洋岸沿いに「枯死した森林帯」があり、
 現地のネイティブアメリカンにも伝承が残っている災害であるが、
 決め手になったのは日本に押し寄せた、当時の津波記録だったのである。

 この記録でカスケード地震は東日本大震災に匹敵する“超巨大地震”と判明した。
 太平洋を挟んで日本の反対側で、マグニチュード9クラスの地震が起きたのだ。
 300年余り前の地震であるが、これほど巨大な地震がここで起きたということは、
 将来再び発生する可能性がある(巨大地震はほとんどの場合反復する)ため、
 その履歴を把握することは地震学上や防災上、とても重要なのである。

 実はこうしたケースは北米だけでなく、南米で起きた巨大地震でも活用された。
 ペルー沖チリ沖などで発生するM8級の巨大地震に際して、
 しばしば日本まで津波がやってきた記録が残っていることから、
 これらの地震履歴を研究する教材として、日本の津波記録が活用されているのだ。
 

 
◆世界一の豪雪記録
 
 日本「世界一の豪雪記録」を持つ国である。
 大雪が降る国と言えば緯度の高い国々をイメージしやすいが、正確ではない。
 雪の主成分は水であるため、「大量の水蒸気」がないと大雪は降らないからだ。
 高緯度地方は確かに厳しい寒さがあるが、空気も乾燥していることが多く、
 「バナナで釘が打てる」ほど冷え込むが、必ずしも大雪にはならないのである。

 1度の寒波による積雪の世界記録は何と、滋賀県伊吹山である。
 その積雪量驚くなかれ11m超……1度の寒波で4階まで埋もれるほど降ったのだ。
 立山黒部アルペンルートの風物詩「雪の大谷」も有名だろう。
 1冬に積もった15m以上の雪の壁は、まるで氷河の中を歩いているようである。

 大陸発祥の冷たい寒気は、日本に来る途中で日本海を通過するため、
 そこで大量の水蒸気を吸い上げ、そのまま日本の険しい山々に衝突するため、
 世界でも稀に見るほどの“ドカ雪”が、北陸から東北・北海道にかけて降るのだ。
 朝鮮半島白頭山で迂回した寒気が福井県の沖合辺りで集束する時は、
 特に記録的な豪雪になることも、よく知られている。
 その暴れっぷりは、高緯度地方出身の外国人が匙を投げるほどらしい。

 ただしこうした気候条件が、中緯度の国としては世界屈指と言える、
 ウィンタースポーツに適した環境を作り出していることも事実である。
 北陸や北海道のスキー場が、雪質の高さに定評があることは世界的に有名だ。
 

 
◆世界一の透明度を誇る湖
 
 日本「世界一の透明度を誇る湖」を持つ国である。
 北海道東部にあるカルデラ湖の1つ、摩周湖のことである。
 毎回「透明度世界一」の座をロシアバイカル湖と競うことでもよく知られるが、
 既往世界記録41m強を摩周湖が持っており、今も破られていない。
 (バイカル湖も40m超の記録を持つため、この2湖は昔からライバルなのだ)

 これは周囲から土砂などが流入しない、孤立した環境にあるためだとされている。
 摩周湖は外界と途絶されたカルデラ湖だし、バイカル湖も険しい山脈の中だ。
 それでも気候変動の時代を迎えて湖水には不純物が混じりやすくなっているため、
 近年の摩周湖やバイカル湖の透明度は20m前後なのだという。
 それでもなお、6階建てのビルに匹敵する水深まで見通せるというのは驚異的だ。

 ただし摩周湖やバイカル湖の水深自体はもっと深いため、湖底までは見えない。
 カルデラ湖である摩周湖の水深は210mと高層ビルを水没させるほど深いし、
 バイカル湖に至っては深海並みの1,500mを越える……これは世界最深でもある。
 両湖に限らず、透明度の高い湖は水深が深いことも多いようである。
 “日本最深”田沢湖(400m超)もやはりカルデラ湖だ。
 

 
◆世界一の深海体積
 
 日本「世界一の深海体積」を持つ国である。
 日本が海に囲まれた“海洋国家”であることは論を待たないが、
 日本周囲の海はプレート活動終着駅とも言うべき“海溝地形”が多く、
 他国と比較しても「深い海が多い」のが特徴の1つである。
 国内最深部は伊豆・小笠原海溝深部の海淵で、実に海面下9,700mを越える。

 また日本はEEZ(排他的経済水域)面積が世界6位と結構広い国でもある。
 この広い海域の多くが水深数千mという深海ということもあって、
 日本は「EEZに含まれる海の体積が世界一」になっているらしいのだ。

 魚介類などの海産物のほとんどは深海にないが、深海は未知の世界であり、
 メタンハイドレートなどに代表される資源の可能性も大きいなど、
 日本近海の広大な深海に眠っているポテンシャルはとても高いのである。
 それ故に、中国などがこの海域の“奪取”を狙っているという指摘もある。
 つまり、広大な「日本の海」を私たちがちゃんと守れるかも重要ということだ。
 

 
◆サンゴ礁の北半球北限
 
 日本「サンゴ礁の北半球北限」を持つ国である。
 サンゴ礁暖かい海にあるというイメージで、それは概ね間違ってはいないが、
 日本では長崎県壱岐島「北半球最北限」のサンゴ礁があるのだという。
 因みに壱岐島は筆者の両親や祖父母の出身地である(笑)

 この海域の水温は15度くらいなので、サンゴ礁にとって理想的とは言えないが、
 それでも対馬海流に代表される暖流の影響で、サンゴ礁が生き長らえている。
 余談だが壱岐島を内包する玄界灘は、意外と南国調の青い海が多い。
 写真だけ見ると、とても日本海側とは思えない風景があちこちにあるのだ。

 また壱岐島はなだらかな丘陵が浸食されて出来ていることもあって、
 遠浅の砂浜海岸が比較的多いことも「サンゴ礁に優しい環境」なのだろう。
 更に都市圏に近いウォーターフロントでは考えられないほど、透明度も高い。
 フェリーターミナルのすぐ近くに、海底が透けて見える場所があるほどなのだ。